レミラッキー?!

昨日のレミゼ祭により、石井バル・綜馬ジャベ・ANZAエポ・岡田マリ・剣持コゼ・河野コゼ・井料ファンテ・マルシアファンテ・佐藤テナ・コングテナが帝劇公演においてはいったん卒業という形を迎えることになってしまいました…(T_T)さみしいしまだ立ち直れてないのは確かですが、フレッシュなメンバー達にエールを送りたいと思っています!!
で、私は悲しみに暮れながらも考えました…。実はワタクシ、幸運なことにこの10人中ANZAエポ・河野コゼ・コングテナを除く7人の楽を観ているのです!!今となると、大学の授業サボってでも(爆)観に行ってよかったなぁーと…。私が観た7人に共通することは最後だからって最後っぽくなかったトコロ!!これだけじゃちょっと意味分かりませんが、どの方も、最後だからっていつもよりいいものをみせようって力んでる感じがあまりなく、いつものバルジャンであり、ジャベールであり、マリウスであり、コゼットであり、ファンティーヌであり、テナルディエでした。みんなまた来年も何もなかったかのように演じてくれそうな気がしてしまいますね…!!!
私はいつも思うんです。特別なカーテンコールなどが最後になると催され、それを分かっていて私を含めたくさんの人がその公演のチケットを取ります。そしてそれを分かっていてキャストさんたちの方もこの日はいっぱいの人が観に来るから…と最後の力を振り絞ると思います。それはもちろんうれしいのですが、そういう時こそ一番いいものをみせるんじゃなくて、一番いつも通りのものを見せて欲しい。それが一番感動を誘うんです。でも、それって難しいことですよね(><)
だからこの7人の方(本当は10人と言いたいところですが、楽を観ていないので。。。もちろん残りの3人もそうに決まっています!!)のいつも通りぶりに私は改めて感動したことに気付きました。

2003年から、もしくは2005年から、本当にお疲れ様でした!!!これからのご活躍を心からお祈りしています!!

↓よろしかったらポチッとお願いしますね(*^▽^*)♪♪
d0034432_0431371.gif
[PR]

by mari-tak | 2006-07-09 00:44 | 思いつくままに☆