レ・ミゼラブル 4/19マチネ その3(その他のキャスト編)(2006年)

ANZAエポ
MY楽エポです!!ANZAエポには泣かされっぱなしだったなぁ~(:_;)観ていて一番感動するエポです。「心は愛に溢れて」で自分のスカートを見るところ、かなわぬ恋や自分の今の落ちぶれかたに絶望して‘みじめなあたし’とつぶやくところ、「エピローグ」でとてもきれいな顔をして笑っているところ…。いくら言ってもキリがありません…!!中でも「恵みの雨」が特にウルウル…!!!この前より調子も良くなっていたし、ANZAエポのいいところは、「オン・マイ・オウン」を特別の歌!ここだけは決めるぞ!って感じで歌わないところが別所バルの「彼を帰して」同様好きです…!!

シルビア・グラブファンテ
相変わらずはかなさはないけれど、手を抜かず、自分なりのファンテ像を作っていて感心。息継ぎのタイミングからして、歌はちょっと辛そうかな。「一日の終わりに」で、工場長に‘出てけ!’と言われた時の泣きそうな顔がかわいそうになってきちゃいます。死の時マジの咳をしているんじゃないかと思いました(笑)声を実は調節してたりして…!!笑 「夢やぶれて」では他の二人のファンテと違い、‘待ち続けてるわ~あの人の帰りを~♪’でネックレスを出してました。この方が私は好き。歌詞の‘あの人’とかけてるのがしっくりくるんです。

剱持たまきコゼ
やっぱりこの方のコゼが好き!!気品があるし、印象的だったのが「マリウスとコゼット」で、‘そのことはマリウス考えないで~’と歌っている時にマリウスに毛布をかけにきた修道女さんに軽く目でありがとうと言っていたところ。あーゆーちょっとした気遣いが好き!調子が悪いといろいろなブログで書かれてありましたが、今回は全く問題なしでしたよ!「プリュメ街の襲撃」で、エポと見つめあうシーンですが、河野コゼはちっちゃく挨拶、去年の知念コゼはまぁまぁ深く挨拶をするんですが、剣持コゼはジーッと見つめあう割に、マリの動向にとらわれて目をそらしてしまいます。コゼはエポを認識しているんでしょうかね。エポはコゼを確実に認識してますが。アンサンブルの娼婦の時も自然だったし、労働者の時は香山ファクトリーガールとつるんで陰険なこと話してるようです(笑)

藤岡正明マリ
この方もどんどんよくなられてますね~。「恵みの雨」でエポが死んでしまったあとにべじょべじょの顔になってるんですが、泉見マリのように悔しすぎて地団駄を踏むというのではなく、悲しみが先行している感じがよかったです。一つ気になることといえば、これは去年からですが、サ行がうまく言えないですよね。‘見つけ出して’とか‘空のいすとテーブル’とかが言いにくそう。でも、観れば観るほどはまってしまうマリです…☆2幕の「下水道」で別所バルにお姫様抱っこされているマリですが、下ろしたときの顔が少々にやけていたような…(笑)見間違いでしょうかね??

コング桑田テナ
この前よりだみ声度が増していた?!「プリュメ街の襲撃」でバル宅前を通る時、佐藤テナは上着を持ち上げてカニ歩きをするのですが(笑)、コングテナは帽子を深めにかぶり、紳士的に歩きます。そんなことしてもモンパ・バベ・クラクスー・ブリジョンと変な男たちを従えちゃってるんだから充分怪しいんですけどね(笑)今回はモリクミマダムと「裏切りのワルツ」できちんとハモれてました!
あと、いつも思うのですが、1幕の「ジャベールの介入」で、テナはなぜバルジャンの胸に焼印があることを知ったのでしょうか??私の中の考えでは、10年前である「裏切りのワルツ」で、バルジャンがいすをバーン!って倒した時に、テナ夫婦はビックリしますよね。その時に囚人ぽい荒さが出てしまったからなのかなぁって。でも、おかしいんですよね。コート着ているからバルの胸の焼印までは見えないはずなのに。前からとっても気になっています。

森公美子テナマダム
やけに今回はウケがよかったマダム。いつも通り張り切ってるし、問題はないのですが、いかにおもしろくするかにこだわりすぎてる気がするな。ある程度のインパクトは必要だと思うのですが、私は瀬戸内マダムや田中マダムのが最近は好みになってきました。

東山義久アンジョ
彼はアンジョそのものですね!歌も去年よりずっとうまくなってるし、演技が柔軟になってきたし。体は相変わらず!柔軟ですが(笑)死んでいる時でも「結婚式」でも。私のイチオシは2幕の「最後の戦い」で、マリ撃たれる→アンジョ駆け寄る→マリの死を察知する→バリケードを駆け上がる→後ろを振り向く→グランに微笑む→旗を華麗に振り上げる→アンジョ撃たれるという流れが泣ける!!特に下線のシーンが(笑)!!岸アンジョはグランに微笑んでから駆け上がるんですが(サカケンアンジョはグランを完全無視です…笑)、勢い込んで駆け上がった東山アンジョは思い出したようにハッと振り返るんですよね。しびれました…★

伊藤俊彦グラン
アンジョとのやりとりとガブとのやりとりに釘付けです♪毎回感動しています!!

齊藤裕加クール
実はこんなにレミゼを観ていて今年は初見なんです。歌がだいぶうまくなられましたね!!クールフェラック独特の「すぐきれちゃう男」って雰囲気は横田クールのがよく出てると思うのですが、とにかく目立つので、彼らしいクール像もありだと思いますよ。「一日の終わりに」でも、最初の暗い中で全員が歌うシーンでも唯一発見できてしまったし(笑)

宮腰裕明レーグル
去年以来ー!!!なつかしかったぁ!!私の司教様なんです…!大須賀司教様よりちょっとこもり気味の声がよいのです。変わらずうまかったのに、拍手はゼロ…。拍手すればよかった…。マジ後悔ですぅ~。

大久保祥太郎ガブ
去年以来で、今年は初見です☆声がちょっと野太くなった??声変わりとは違うと思うのですが。でも、太くなった分声に安定感が出てますますうまくなりました!!

+ビックリシーン付け足しですが、「馬車の暴走」で、みんながスローモーション的な動きをしてるときに、でんぐり返ししてる人がいて、あれは毎回なのは分かっていたんですが、初めて自覚したというか、躍動感あるな~と思いました(笑)

全体的に、熱気あふれるとてもいい舞台でした!!!今までちょっと苦手意識のあった上條コンブや斎藤クールも素直に観られたし。いい舞台ってこういう舞台のことをいうんですね!!

↓長い間お付き合いありがとうございました!!!読んでくださるだけでも光栄です…!もしよろしかったらお願いしますね♪
d0034432_1151539.gif
[PR]

by mari-tak | 2006-04-21 01:39 | レ・ミゼラブル('05~'17)