タグ:浦井健治 ( 6 ) タグの人気記事

CHESS in concert '12 1/26 18:30~

2012年になって初めての観劇!!

d0034432_2011076.jpg


【総括】
mari的にこのキャストは豪華すぎるっ!!!!完璧な俳優陣にドキドキワクワクでした☆☆
やっぱし主役がアッキーだと一日中落ち着かない…w これって恋?!?!なんてねww
神の声を持つ彼ですものね!!
舞台の内容は結構重い内容でした。私はチェスを題材に扱っているものだから、アッキーが以前主演した『TOMMY』の天才ピンボーラーのようなお話かと勝手に思い込んでいましたが、ロシアの政治情勢をはらんだ背景が絡んでいて、しかも、チェス一辺倒の話でもなく、少しわかりにくさはありました。でも歌は素晴らしかった!!みんな普通以上にお上手な方ばかりなので聞いてて気持ちよかったです♪早くミュージカルになってほしい!!コンサートで予習できたし、もっと作品としてのほうが入り込める気がする!

以下、ネタバレありです!!!

【キャスト別感想】
中川晃教フレデリック・トランパー(Frederick Trumper)
こういうどん底から這い上がる役似合ってますよね~!生ぬるく人生を生きようとしないというか。
どん底だからこそ生きがいを見つける感じがかっこいい!
でもまさかチェスのチャンピョンをやめてジャーナリストになるとは思わなかったよw
あまりの展開に最初頭がついていけなかったw
歌が楽器のように自在に操るのはやはりアッキーならではですよね。何度でも聴きに行きたいです。
男声では出ないよ~!みたいな音が出てて超人です!!もっとミュージカルに出てほしいなぁ~。

安蘭けいフローレンス・ヴァッシー(Florence Vassy )
歌も感情が台詞にのっていて哀しみや葛藤が伝わってきました。
プリンシパルでは紅一点で存在感があるのですが、あまり前に出すぎず、かといって消えてしまうわけでもなく、ちょうどいいバランスでした。
一幕はかっこよく、二幕では素敵なドレスを身に着けており、衣装がすごく魅力的でした!
どちらも着こなせてうらやましい…!!

石井一孝アナトリー・セルゲイフスキー(Anatoly Sergievsky)
カズさん出てると落ち着く~!抑えの役というか、キャスト表で一番最後に名前のくる役っていうのかな、そういう役がすごくピッタリなんですよね。フローレンスと結ばれるのはびっくりでしたけどw 歌は甘く切ないです♪

浦井健治アービター(The Arbiter)
ビジュアルが奇抜だけどすごく似合ってる!!これならいずれエリザベートのトートもいけるんじゃないのかな?!?!舞台上にいる時間はアッキーより長いんじゃないかなと思うくらい。歌も多いし。進行役だからというのもあると思うけど、重要な役ですよね。メイクが派手だから常ににらんでるように見えるw 周りの様子を注視しているという言い方が正しいかw 一か月前までヘタレなアルフを観ていたから、変わり身の早さに感動w アービターという役は低音中心だから割合と高音もよく出る浦井さんの大人っぽさも見えてよかったです。

Akane Livスヴェトラーナ(Svetlana)
一幕ではアンサンブルの中でも目立つなぁとは思っていたけど、まさか二幕にきてプリンシパルになるとは!!外国人の方なので妙にリアリティーがありました。ANZAさんみたい!歌も迫力があってプリンシパルの皆さんに全然見劣りしてなかったです。

↓次回はちょっと先の観劇…。エリザです!!よろしかったらお願いします♪♪
d0034432_14441378.gif
[PR]

by mari-tak | 2012-03-18 22:46 | Trackback | Comments(0)

ダンス・オブ・ヴァンパイア '11 12/21 18:30~

遅くなりましたが3回目のMY楽TDV!!クリスマス近くということもあって、等身大パネルのプレゼントやハンカチのプレゼントがあって盛り上がった!!カテコでは、光るブレスレットをもらってラストのダンスがすごくきれいでした~~!!

↓すっごく精巧なパネルたち。
d0034432_22301971.jpg

d0034432_22303697.jpg

d0034432_22304995.jpg

↓この時の知念サラは初演のドレスですよね…。懐かしい!!こっちのが好きだった!!
d0034432_2231413.jpg

d0034432_2231133.jpg


【総括】
記憶がどんどん薄れてますが…ww 覚えてる範囲内で書きますね!!
毎回フルパワーで演じていらっしゃるのでエネルギーもらって帰る感じですね!やっぱりこの舞台好きでした!!また再演あったらぜひ観に行きたいです!!

【キャスト別感想】
山口祐一郎クロロック伯爵
前回観た伯爵様のほうが丁寧に演じていると思いましたが、今回は迫力があってよかったです!
伯爵のソロは何度も聞いてるし、CDも持ってるのでストーリーの流れとかもわかっていますが、聞くたび初めて聞くような気持ちで歌詞を追ってしまいます。尽きることのない欲望に打ち勝つことができずに永遠の生命を生き続ける苦しみ…。教授はその後にくだらん!と言い放ちますが、ちょっと伯爵様の気持ちもわかるような気がしますね。

浦井健治アルフレート
前回は1F席で観劇したので浦井アルフのヘタレ声や姿を堪能(?)しましたが、今回は2Fのためよく見えない点というか想像するしかなかったw 下の歯を出してイーってなるところがホント弱虫!!って一喝したくなるww

知念里奈サラ
実は今回TDVでは所見、久しぶりのサラでした。歌は安定してるけど、元気がないサラ…。のどの調子が悪そうとかではなく、単に暗い気がしたのですが…。なぜなぜ?!?!体調悪いのかな?!?!ラストのカテコも出てこなかったし。どうしたんでしょ?

馬場徹ヘルベルト
バスタブに立て掛けてあったテニスラケットが気になる…w あれ、使用したのを観たことある方っていらっしゃるでしょうか?!?!w
今回が一番のびのびしてたな~!客席の反応がじかに伝わるこの舞台。客席を笑わすぞ!という力みすぎないシンプルな努力がありましたね。ラストの尻だしは大胆ww

駒田一クコール
「今日は完璧」は召し上がって~~!!だったww 前回の召し上がれ~シリーズの変化ヴァージョンですねw お気に入りなのかなw

コング桑田シャガール
結構好きなシャガールだったな~。歌もお上手ですし、回数を重ねるごとにシャガールという役に柔軟性を持って演じていたので好感が持てました!

阿知波悟美レベッカ
初演からいつ観てもぶれずに演じていらっしゃる阿知波さん。どのシャガールやマグダに対しても合わせて演じているのに阿知波さん自身はレベッカ像をきちんと持っていらっしゃってただただ感心です!

Jenniferマグダ
好みのマグダだったな~!!本気でシャガールを嫌がっているような表情が、どこまでがシャイなのかの割合はわからないけど「死んじゃうなんて」のソロまできて引き立つというか…強がってたんだな…みたいな感じがして泣けますよね。
歌もシャウトがいい具合に入ってきて聞き心地よかったです♪

石川禅アブロンシウス教授
「すべて順調」ではだみ声!!と自ら言っちゃってましたね…!
軽快に動いている教授を観ていると、禅さんってホントいろんな役に変化(へんげ)することができるんだなぁと感動です!!教授が禅さんって言われないとわからないですものね。

↓めちゃくちゃ遅くてごめんなさい…!!今更って感じですが…よろしかったらお願いします♪♪
d0034432_14441378.gif
[PR]

by mari-tak | 2012-03-11 21:20 | ダンスオブヴァンパイア | Trackback | Comments(0)

ダンス・オブ・ヴァンパイア '11 12/8 18:30~

遅くなりましたが2回目のTDV!!偶然にもハンカチをもらう日にはまりました!!

↓やってみたかったけど、絶対勇気出ない!!ww
d0034432_0431779.jpg
d0034432_0432547.jpg


【総括】
すっごいいいTDVだった!!皆さん調子も良かったし、何より…
森山開次サマに釘付けの舞台でした!!!
舞台上ではもちろん声を一言も発しない化身ですが、いやはやホント身体で表す欲望むき出しの姿に圧倒されっぱなし!!サラとアルフレートのキャストスケジュールが発表された時、化身役も出してよ~~って思いましたもんw 化身だけスケジュール発表が遅かったので、今回のみの開次サマ観劇となってしまいました。
「外は自由」や「夜を感じろ」では、一目で確認できる彼にばかり集中して観てました。というか、いつの間にか見とれてしまうの!!ダンス力で世に知れるってこういうことなのかぁと思いました。TDVに出演されなければ見ることもなかったのだと思うとホントこの出会いに感謝!!
めっちゃ最初からヒートアップしてほめちゃってますが(笑)、ほかのキャストの皆さんもすごくよかったですよ♪
私、結構愛ちゃんのサラも好きです!それに浦井アルフ!やっぱり大好きだ~~!!
ハンカチで踊るカテコもノリノリでしたが、残念だったのは私が風邪をひいていたこと←完全に自分の問題w
舞台中にむせたらどうしようかと思いましたが、適度な緊張感で乗り切れましたよん。
今回の観劇のみ1F席だったので、せっかく1F席を活用するこの舞台をちゃんと観てきました。
クロロックさまは「神は死んだ」の後に少し仰ぐようなポーズをして登場とは反対側の通路を後ろまで行って退場。横にはけるのかと思ったから意外でした!!クロロックさまの退場よりの通路にいたのですぐ近くで祐さまが!!1幕フィナーレの城に向かう時の浦井アルフのうろたえようw 教授にうるさい!!と一喝されてました!w 目の前で会話してくれて贅沢なひと時!A席がいちばんBESTかもですね!サラも全力疾走で走りながらよく通るし、シャガールも通りました。あとはこれは2階席でも見えるけど、2幕フィナーレでドラキュラになったアルフが教授に対して控えめにしているけれど教授がいなくなると歯をむきゃーーってむき出して通路を走っていくところも好き!

【キャスト別感想】
山口祐一郎クロロック伯爵
今回はとてもよかったです!!声もよく出ていたし!1幕フィナーレの‘愚か者’の歌詞がちょっと発音おかしかったか抜けたような気もするけれどそれでも自然なのが祐様らしいw プチ気になるのが、「舞踏の間」でサラを噛むときにどうしてもサラに片手を挙げさせたいみたいで、噛んでる最中にグキって(実際そんな力は出してないと思うけどw)サラの手を挙げさせるところw サラ自らでなく、クロロックが挙げさせるのがちょっと不自然で笑えてしまいますww

浦井健治アルフレート
浦井アルフ好きだーー!!と再確認した!!完全なるへたれっぷり!浦井くんホントはまってる~~!育アルフは反抗期真っ盛りのアルフですが、浦井アルフはもう成人しているくせに根っからの怖がりって感じw
最初の登場からヒーヒー言いながら登場してたし、教授を引っ張っていくときもヒーヒーw サラにはベタぼれで、終始にやにやしてますね!2幕の「今日は完璧」では教授に隠れてちょっとスープを食べてた育アルフに対して、浦井アルフは隠れて何度か食べようと試みるも教授に呼ばれて一口も口にできず…w ヘルちゃんとのデュエット(?)では、暴れすぎたのか途中でマイクが外れ、浦井アルフのみこもった声にw アルフって大変だ…ww

高橋愛サラ
かわいいサラです!ただかわいいだけじゃなくて誘い方もエロかわいいですね!
ただ、今回キャスティングされた愛ちゃんと馬場くんにも思ったのですが、ちょっと歯つける時がバレバレな気がしてしまいますね。もう少し自然につけてほしいかな~。

馬場徹ヘルベルト
前回より客席も笑っていたし、馬場さんらしく頑張っていますね!2幕見せ場の後の拍手もありましたし!!「Act1フィナーレ」でアルフレートを引き止めるクロロックですが、ここでいったんヘルちゃんのアルフ攻めは終了しますw 吉野ヘルはここで自己陶酔しているかのように、両手を広げ、意味ありげに退場していましたが(笑)、馬場ヘルは父の前ではでしゃばりすぎない、とでもいうような態度で淡白に退場しますね!2幕の登場シーンではもっと拍手してあげたいな~~!!

駒田一クコール
クコール、ホントかわいい1幕でも1幕でも結構客席通るのでガン見でした!!舞踏の間でかつらかぶってるのもかわいいと思えるプチツボw あれって、M!の時のヴォルフがかぶってるやつじゃ?!?!
本日の「今日は完璧」は召し上がれ~~!!でしたww 今までは結構アルフに言い捨てる感じのセリフが多かったけど、今回は丁寧だw

コング桑田シャガール
「霊廟」でのマグダとの踊りがロボットダンスみたいになっていておもしろかったw
1幕でヴァンパイアになったシャガールがマグダを襲う前にいう発言、「十字架は効かないんだよ。俺ユダヤ人のヴァンパイアだからさ~!」って、いつも思ってたのですが、天下の伯爵様も十字架見ただけでギャーーってなっちゃうのに(2幕の舞踏の間の時そうですよね)、新米ヴァンパイアのほうが強くないですか?!w この際クロロック様から代替わりでシャガールが伯爵様ってのはどうでしょう??w なんじゃこりゃ~~!はコングさん特有ですね!地吸ったことすら本能でやってしまって覚えていないという……ww

阿知波悟美レベッカ
いい味出してる阿知波さんのレベッカ、一幕で出番が終わってしまうのはもったいない!!

Jenniferマグダ
宮本さんのマグダも好きだったけど、Jenniferさんのマグダ、ホント好みです!!今までで一番奥手のマグダな気がします。シャガールからのしつこい要求にも結構マジで嫌がってるしw というか、ホントに嫌なのかもしれない。でも、いざ死んでこの世からいなくなってしまったらぽっかり心に穴が開いてしまったような…って感じ。なのであの「死んじゃうなんて」というタイトルはすごくぴったり。タイトルに合わせ感情をうまく表現しているJenniferさんのマグダは深くて好きです。

石川禅アブロンシウス教授
浦井アルフには城に向かうときめっちゃ注意してましたねww ホント浦井アルフうるさいもんw 禅さんは教授やってるとまるで別人でメイクと役作りの力ってすごいなぁって思っちゃいます!

↓よろしかったらお願いします♪♪
d0034432_14441378.gif
[PR]

by mari-tak | 2012-01-14 22:35 | ダンスオブヴァンパイア | Trackback | Comments(0)

完レポ★ワイルド・ビューティー 3/17 19:00~

d0034432_118286.jpg
【総括】
テイストは落ち着いた美しい仕上がり。
歌もどれもすぐ耳になじんでくるし、結構好き。CDとか欲しいです!!

なのに、なぜかしっくりこない。。
これだけのキャストを集めてオスカー・ワイルド自身の一生を取り上げるという斬新な題材まではよかったのが、実際舞台化するととても難解で、哲学的で、専門文学的で、淡々としすぎていたこと。1幕は退屈すぎて、どうしよ~ぅって不安になっちゃいました。。でも、2幕はも多少盛り返したかな!
キャストじゃなくて、構成の問題ですね。すごくいい舞台になりうる要素を秘めてるからもったいない!!もし再演したら、親しみやすさをモットーに練り直して欲しいな!!
それと、なぜか今回皆さんセリフかみまくりで(浦井くんも宮川さんも池田さんも戸井さんも小野さんも)、負のオーラ出ちゃってるかも?!なんて思いました。
浦井くん、どこまでいっちゃうのかしら~~??(←確か蜘蛛女でもおんなじこといったww 浦井っちに甘いmari笑 でも、主観抜きの話ですよん♪)浦井くんは、ミュージカル俳優さんの中でも真摯に突き進んでいて、やっぱりどの舞台も彼のは観たいなぁっておもいました!主役ーー!って感じで祭り上げられているだけのお飾り俳優さんじゃないのがいいですね!今度はエリザです!あとは宮川さん!!歌うまいっす!!彼から湧き出るワイルドのうさんくささがスキ!!池田さんは元気ガールのが好きだけど、歌がうまくて泣きの演技の感情の上げ方が自然でよかったです。

【キャスト別感想】
浦井健治さん
浦井くんのストプレは『暗くなるまで待って』以来2回目。いつも思うんですけど、彼はミュージカルがデビュー作品なのにあそこまで演技派なのはすごいですよね。あのべらぼうに長いセリフをほぼ噛まずにやりきるっていうのは相当な精神力を持ち合わせ、訓練を要さないと難しいと思います。目の奥に燃えるようなワイルドの輝きが見えました。若きワイルドが恐れを知らずに本能と感覚に任せて生きたいように生きる。その点はちょっとだけ『モーツァルト!』のアマデに似てるかもって思います。そういう視点から観ると、宮川さんはヴォルフ?!今回は途中からお二人が代わる代わるしゃべったりするのでアマデとヴォルフとはまた一味違いますけどね。
浦井くんはいつもストイックに役作りをされているなーとは思っていましたが、今回は『暗くなるまで~』以上かもしれない。主役だからっていうのもあるけど、『暗くなるまで~』はラストは決闘シーンみたいになるので叫んでりゃいいみたいなとこもありましたしね笑 今回はごまかしがきかないんですよね。浦井くんは顔もステキだし、いくらでもお飾りになることはできる。でも甘んじない。お飾りの役者じゃない。役者ってこうあるべきなんだなって思いますねー。

宮川浩さん
そこにいるだけで存在感があります。宮川さん独特の声(歌声も歌ってないときも♪)が観ていて落ち着きます。ワイルドの苦悩、悲痛さ、を全て背負っている重い役です。なので、宮川さんは終始苦渋に満ちた、空虚な表情をされています。まぁ晩年ですしね。それでもかっこいいんですが(笑)、すごくくたびれてる感があふれていました。宮川さん自身、ブログで「セリフの量が多すぎて無理!」と心の中で叫ばれていたようなので(笑)、相当ですよねぇ。っというか、実は宮川さんてタンビエットからあまり間を空けずにこの役を演じていることがすごいですよねww

池田有希子さん
アワハウス以来でしたが、衣装や役作りによって女の子にもマダム(言い方古い?!w)にも、そしてかわいくもキレイにも見えてしまう不思議な方!!今回は艶っぽいマダムでキレイでしたね!声がスキ!そして歌も迫力満点で、池田さんから飛び出す歌声はどの歌もよく聞こえてしまいます!若きワイルドに老いたワイルド、そして弟にもまれながらもみくちゃにされそうなツライ役どころだったので、次回は明るい元気ガールな池田さんを拝見したいです~!

戸井勝海さん
普通に歌も演技もこなしているのですが、浦井くんや宮川さんと比べてしまうとあまり印象に残らなかったかなぁ。キャラクター一人ひとりが濃~い舞台でしたからね。

朝澄けいさん
『蜘蛛女~』以来でしたが、今回はヅカメイクじゃなかったですw この方がずっとキレイだし、魅力満載ですよ♪かっこいいキャリアウーマンぽい感じでした!

小野妃里加さん
彼女ってホント背が高くて舞台栄えしますよね!mariも小野さんほどじゃないのですが、背が高いほうで、小さいほうがかわいくていいなぁと思うことしばしばなのですが、彼女を見てるともっと背高くなりたいと思っちゃいますw

女性陣でいいなって思う方が多かったですね!

↓ずっしりくる舞台でした!!
d0034432_0323148.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-03-18 01:36 | ワイルド・ビューティー | Trackback | Comments(2)

ワイルド・ビューティ上演!!

皆さん、明けましておめでとうございます!!
今年も張り切ってブログレポかいていこうと思いますので、よろしくお願いいたしますΣ(゚□)!!

さて、早速ですが、舞台情報です!!
2008年3月にオリジナルミュージカル072.gif『ワイルド・ビューティ』072.gifの上演が決定いたしました!!

それが~舞台総括レポPART2でもちょろっと言ったのですが、浦井くんはこの時期アルジャーノンやると思っていたのに、ほぼ同じキャストでオリジナルミュージカルをやることが決定していたのですね!!
にしても、劇場から演出家からキャストまでめちゃくちゃ被ってるけど…!!アルジャーノンのアレンジ版とかではないのかしら??とにかくこれは見逃せないので絶対観に行きます!!

【脚本・作詞・演出】
荻田浩一(宝塚歌劇団)

【時期】
2008年3月12日~3月23日

【劇場】
銀座博品館劇場

【出演者】
浦井健治さん、池田有希子さん、森新吾さん、小野妃香里さん、良知真次さん、朝澄けいさん、小田島クリスティンさん、戸井勝海さん、宮川浩さん

贔屓目のキャストさんたちが結構出ているので楽しみです~♪♪

↓2008年もよろしくです!!よろしかったらお願いいたしま~す!!
d0034432_21554016.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-01-01 21:56 | stage information | Trackback | Comments(6)

暗くなるまで待って 9/15 17:00~

第3弾ストレートプレイ!!行って来ましたー
d0034432_3152650.jpg

ネタバレ大いにあります!映画&舞台観ていない方は要注意!!
【総括】
今回のストプレはちょい不発…。すごく舞台向きの演目だとは思うのですが…。映画版にかなり忠実なので、観た人はスリルも何もあったもんじゃないですw 映画を知らないとそれなりのスリルは味わえます。が、説明要素が薄く、最初の掴みが悪いのでえ?え?と思ううちにストーリーはどんどん進みます。そういった点では先に映画を観たほうのが分かりやすいと思います。舞台自体何がダメかって、舞台全体の勢いのなさ。別段演技の下手な人が出てたというわけでもないのですが、まぁ強いていうなら彩輝さん?!まったく感情移入できず。あと、場面を切り替えるたびにTOMMYのような割れるような音が流れ、興ざめ。オケじゃないしねぇ。ラストの暗い中での決戦は、暗すぎて舞台が見えませんでした笑

【キャスト別感想】
彩輝なおスーザン
あまり元気のない方ですねー。演技もあんまりうまくないし。盛り上がるにつれとちりまくりで、全然主役の風格なし。背は高くておきれいな方だとは思いますが。盲目の女性の割には移動がめちゃくちゃ早くて、段差とかも難なく走ってて(笑)、アレ?っとおもいました。アレだけのセリフを言えたことだけがすごいですけどね~。

浦井健治ロート
めっちゃ悪役!!最初声色変えて出てきたとき、本気で誰だかわかりませんでしたw 年齢を知っていることもあってか、男2人を統率する男には見えなかったな。ときどきする高笑いがアルフレートに見えましたが、ちょい無理ありw ラストに向けてはホントに浦井くん?みたいな怖いキャラでした。でも浦井くんにはやっぱりほんわか癒し系の馬鹿キャラを演じてもらいたいなー。

須賀貴匡マイク
声もよく通るし、いい役です、マイク。演技のカンもいいですよね。ふとした表情がいいです。セリフの入り方もいい。

徳山秀典クローカー
笑顔がさわやかな方ですね。でも、演技はまぁまぁかな。セリフの入るタイミングがちょっと早いんですよね~。石垣佑磨くんに見えましたw

岡本竜汰サム
カッコイイーー!!!ヤバイ、やられました!!w でも、夫役だから登場時間短い~涙 典型的ワイルドマンドですww 演技もうまいですが、うまいって公言するほど判断できませんでした涙

黒岩怜奈グローリア
いい演技をする子です1幕より2幕の頼れる子どもっぷりが良かったです。これからに注目

次回は『イーストウィックの魔女たち』!!
だいぶ空きますね~泣 でも、それまでの間に何か四季作品でも観られたらな~と思ってます♪

↓よろしかったら是非お願いします♪
d0034432_2424976.gif
[PR]

by mari-tak | 2007-09-16 03:08 | 暗くなるまで待って | Trackback | Comments(2)