<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリエ・ミュージカルコレクション '14 1/6 13:30~

【総括】

2014年一発目の舞台!!!!!!祐一郎さんの復帰作、アッキーと岡田さんが出演するということで、遠足前の小学生みたいにソワソワこの日を心待ちにしていましたww 来年もやるようなので、これは絶対観に行きたい!!!!!!
だいぶ前なので、曲名もわからず、おおざっぱなレポになりますが、簡単にレポさせていただきます♪
個別レポの前に…やっぱりアッキーはすごい!!!に尽きます……!!!!!!

【出演者】

山口祐一郎、石井一孝、岡田浩暉、田代万里生、中川晃教、涼風真世、瀬奈じゅん、知念里奈(敬称略)

【キャスト別感想】

※下記にあげた曲のほか、祐さん以外はRENTから♪シーズンズオブラブ、TDVから♪2幕フィナーレを歌っています。


山口祐一郎さん

披露曲:ローマの休日から♪虹、エリザベートから♪私が踊る時、ダンスオブヴァンパイアから♪愛のデュエット、♪抑えがたい欲望
最初ノリノリで登場した時、祐一郎さん、ここまで元気な姿を見せてくれてありがとう~~という感じでした!いつまでたっても若いし!!私が好きになった時からそんなに変わってないのが不思議!今回はTDVに偏った選曲ではありましたが、ローマの休日のしっとりな歌も個人的には好みでした!


石井一孝さん

披露曲:三銃士から♪、トゥモロー・モーニングから♪
石井さん、大好きな役者さんなんですが!歌声も美声なんですが!全く知らない曲ばかりで全然なじめずに終わってしまいました…。ジキハイとか(石井さんには生きている♪か罪な遊戯♪を歌ってもらいたいですw ハイドの時の曲がいいです!)レミゼとか蜘蛛女のキスとか歌ってもらいたかったな。



岡田浩暉さん

披露曲:エリザベートから♪夜のボート、三銃士から♪、ブラッド・ブラザーズから♪言わない気持ち、レ・ミゼラブルから♪カフェ・ソング
コンサートが始まる前の案内人役みたいな感じでソファーに座って登場した時からキュンキュン(笑)岡田さんて曲の選曲がまたいいんです!これ歌って欲しかったなっていう歌ばかりで…。マイナーかもしれませんが、個人的には言わない気持ちがハマりでした☆もともとこの作品を舞台で観ているというのもあるとは思いますが、この歌を歌うエディという役柄の頼りなさげで純粋なところとか、その人の背景が歌を通して見えてくるというか、そこまで浮き彫りにして見せながら歌う岡田さんが本当に素敵で魅力的だと思います!


田代万里生さん

披露曲:三銃士から♪、トゥモロー・モーニングから♪、エニシング・ゴーズから♪
石井さん同様、なじみの薄い曲ばかりでした…。トゥモロー・モーニングを観てないと石井さん&万里生くんに関してはなじめないかもしれませんね。


中川晃教さん

披露曲:SHIROHより♪まるちり、ジキル&ハイドより♪時が来た、モーツァルト!より♪僕こそ音楽
アッキーの生のまるちりを聞いて、涙をこらえるのに必死でした。あぁ、アッキーは本物の神の歌声の持ち主だ、心を本当に元気にしてくれるパワーをくれる声なんだ、と。ゲキシネでSHIROHを観ていたく感動し、DVD観るやらCDを購入するやらで相当ハマったミュージカルだったため、この曲を生で聞けた感動は言葉で言い表せない…!歌も必死な表情も全部好き!映像やCD以上!!
そして、♪Searons of Loveのモーリーンパート、あれは反則だ~ってくらい場をさらっていく楽器のような歌声!!女性でも難しい転調をいとも簡単に…。そりゃー井上くんのヴォルフガングと差ついちゃうわねー汗 あれ以来あんまりWキャスト作品てアッキーないですもんね。最近だと山本耕治さんと組んだロックオペラモーツァルト!くらいかな?!ハッキリ言って私だったらアッキーとWキャストやりたくないです(笑)♪僕こそ音楽も懐かしくて嬉しかったなぁ☆♪時が来たは歌詞も少し変更してアッキーアレンジに!あんな時が来たも悪くないなぁという印象!


涼風真世さん

披露曲:イーストウィックの魔女より♪少女の頃、エリザベートより♪私が踊る時、モーツァルト!より♪星から降る金、ジキル&ハイドより♪その目に、42nd STREETより♪
1曲は忘れてしまったのですが、他は好きな曲ばかりで、しかもほぼすべて涼風さんで観ている作品だったので、懐かしかったです!ジキハイのルーシーは新鮮ですが似合っていましたよ!♪少女の頃はすごくかわいらしいきれいなメロディーの歌で好きでした!


瀬奈じゅんさん

披露曲:エリザベートより♪キッチュ、エニシング・ゴーズより♪、三銃士より♪、イーストウィックの魔女より♪少女の頃
瀬奈さんの♪キッチュがかっこよかったです!エリザは涼風さんが歌っていたけれど、まさかルキーニで登場するとは!♪少女の頃もよかったです!他の曲はあまり知らない曲でしたが、エニシング・ゴーズはノリノリで耳馴染みが良かったです!


知念里奈さん

披露曲:TDVより♪愛のデュエット、ルドルフより♪私を信じて、ジキル&ハイドより♪その目に、イーストウィックの魔女より♪少女の頃、DRAMATICA ROMANTICAより♪
好きな曲が多かったです!ルドルフの曲が個人的には好みでした!しっとりしているんですが迫力があって。愛のデュエットも懐かしいし、ジキハイはCDだけでしか聞いたことなかったので。DRAMATICA~は激しいナンバーでしたね!知念さんってダンスもお上手ですよね!

ちょこちょこ記憶が飛んでる部分がありすみません…。
とってもよいコンサートを観ることができました!!!

↓来年のクリエミュージカルコレクションもぜひ!!!観たいですーーー!!!よろしかったらお願いしま~す!!
d0034432_159771.gif
[PR]

by mari-tak | 2014-10-26 22:21 | Trackback | Comments(0)

ラブ・ネバー・ダイ ’14 3/28 13:30~

【総括】
だいぶ前に観たので、あまり鮮明に覚えていないのですが…。豪華キャストでオペラ座の怪人のその後が描かれるということでそこそこ楽しみにはしていたのですが、私的にはちょっと好みではなかったな~。こういう王道作品には私向いてないのかも。狙ってる感がどうしても見えてしまうし。サーカスの場面みたいなのがやたら多くて退屈だし、すごいということはわかるけど、サーカス観に来たわけではないしw それに、あのサーカスの司会みたいな役回りの人たちが本当に申し訳ないんですがなんだか少し気持ち悪くて嫌でした…。メイクとかの問題なんですがね…。
鹿賀さんのファントムは絶好調で全く不調を感じませんでした。私が観た回の前後は何日か休演されていたようなので、貴重な公演だったかも♪ラッキー!!鹿賀さん観たさにチケットを取ったようなものだったので、それだけでもよかった。この作品を観劇される方は、オペラ座の怪人を知っている方、興味のある方がほとんどだと思うのですが、結末は少々どよーんとします。私はちょっと笑いすら出てしまった…。ラウルもかなり落ちぶれてやさぐれてるし、「オールアイアスクオブユー」の時を思い出してくれーー!!と感じましたww

【キャスト別感想】
鹿賀丈史ファントム
祐一郎さんにも共通して思うことなんですが、鹿賀さんてどこか浮世離れしたような雰囲気があり、このファントムという役がとてもしっくりくる。観たことはないですが、市村ファントムはもっと人間的なファントムなのではないかなと推測されます。ジキハイの時のハイドのようにぬっと現れるところも板についているw 最初クリスティーヌの部屋に窓から侵入して登場した時は、ルーシーの部屋に入り込むハイドにしか見えなかったですものw 独特の雰囲気をお持ちの鹿賀さん、グスタフが惹かれるようにファントムについていくのが理解できるような気がします。クリスティーヌのように男女ではないので恋愛に発展することはないですが、子どもなので慕うような感覚が近いのかな。

濱田めぐみクリスティーヌ・ダーエ
実は初見の濱田さんです。歌声がダイナミックなのに繊細なメロディーを紡ぐことのできる方。艶っぽく、年齢的にも(本当の年齢が、というのではなく、大人の雰囲気を醸し出しているという意味で)鹿賀さんとピッタリでした。でも濱田さんのイメージだと、もう少し迫力のある、悪くいってしまえば卑しい役柄のが魅力が引き出せそう。

田代万里生ラウル・シャニュイ子爵
今年2回目の田代さん。田代さんには少々無理のある役柄かな~。それなりに役作りはできているのですが、ラウルの10年後を演じるのはもう少し後でもいいかも。今の時点では濱田さんをコントロールできなさそう…。

彩吹真央メグ・ジリー
かわいらしいんですが、どうしても歯が気になってしまうんですよねw 関係ないことですみません…。歌もダンスもお上手です。笑顔もチャーミング。
メグはどんなに認められようと努力してもしてもクリスティーヌには及ばない…。自身ではわかっているのですが認めたくない。自分は第二のクリスティーヌになれるとさえ信じていて…。その嫉妬心をバネにここまで頑張ってきたんですね…。悲しい役回りです。舞台から遠ざかって子育てをしていた女性なのに、舞台にひとたび立てば誰も敵うものはない。たとえものすごいエネルギーを糧に舞台に立ち続けたメグでさえも。気持ちはわかるような気がしますねー。

鳳蘭マダム・ジリー
風格はあるし取り乱す感じとかすごく引き込まれたのですが~歌がちょっとあれ~?でした(^_^;)

山田瑛瑠グスタフ
かわいい男の子でした!ファントムについていくときに音響が大きすぎるのか悪いのか、全然台詞や歌が聞こえなくて、グスタフのyes!って言葉ばかり聴こえて忘れられなくなりましたww

↓よろしかったらお願いしま~す!!
d0034432_159771.gif
[PR]

by mari-tak | 2014-10-05 16:05 | Trackback | Comments(0)

ミス・サイゴン '14 7/26 13:00~

7月に行ったミスサイゴンレポ~~!!!

キャストスケジュール!
d0034432_2350215.jpg

サイゴン仕様になっていました!
d0034432_23511184.jpg

終演後外観をパチリ!
d0034432_23514055.jpg




【総括】

実に5年ぶりのミス・サイゴン!2012年は出産があり行けなかったので、久しぶりな上、新演出になっていました!
まず最初に、市村さんが降板することになってしまったこと、とても残念でした。初演からずっと出演されていただけに、降板することは苦渋の決断だったのではないかな、と思います。幸い、モーツァルト!で復帰されるようなので、無理はしないでいただきたいですが、順調に回復されてるようで一安心です!筧さん、まさかのエンジニア登板でしたが、どんな感じだったんでしょう?!
以前より説明的というか、なにもストーリーを知らずに行っても分かりづらいところがない分かりやすい作品になっていました。2幕の「クリスとエレン」はジョンは最初から話を聞いておらず、後から部屋に入ってくるのに変えたことでクリスとエレンが際立ったように思います。あと、舞台の真ん中=主役がいるとは限らず、神よ何故?からサンアンドムーンライト辺りなんてほとんど舞台の上手で演じていました。装飾品は全体的にきらびやかで、現実が暗い闇であることを強調するかのよう。ヘリコプターの迫力には驚きました!3Dをうまく使って、クリスとジョンが乗っていることもしっかり確認できました!エリザの時も3D使ってましたが、個人的には嫌いではないです。舞台は限られた空間なのでその中で迫力をめいっぱい出すには良い方法ではありますよね!あと、斬新だったのが、今まではキムはクリスと一夜を過ごした後に「神よ何故」が終わるまで寝ている演出でしたが、今回は曲の途中から起き出し、自分でピンを止めながらおだんごを作っていくんですね。暗いのに器用だなぁ。たとえ失敗しても、「取引」の前まではその髪型でいかなきゃいけないし、サバイバルですね(大げさ(笑))あと、歌詞は結構変更が加えられていました。エレンの「今キムに会った」がなくなったのも衝撃!エレン、何だか気の弱い歌詞になったなぁw あと、忘れてしまいましたが、「ユニコーン」じゃなくなってましたね。違うもの飾るってキムが言ってて、さすがに前回の歌詞を知っている身としては吹き出しそうになってしまった覚えがあります(でも忘れちゃったw)w
ラストは分かっているのに涙…。あ、でも、久々に観たら、もちろんラストが泣けるのは当然なんですが、むしろ幸せな場面のが泣けました。世界が終わる夜のように、とか。あと気持ちの変化としては、今まではクリスがエレンにいとも簡単に乗り換えてしまうなんてキムがかわいそう!という思いの方が強かったのですが、今回は、戦争がそれだけクリスという弱い人間に重くのしかかり、それから逃れるためにエレンという女性を選んで一からやり直したかったのかもしれない、と同情的にみる気持ちの方が強かったです。キムはその時の感情に流されただけの恋愛、戦争の合間にみる夢のような存在ではあったかもしれないけれど、決してエレンの方が好き、とかではなく、キムとの愛を貫く、というのは常に戦争を近くに感じ、悲惨なその当時を思い出すことでもあるから、弱いクリスにとってはそれができなかったのかも。こうやって考えると、この作品の中では、クリスはヒーローでもなんでもない存在ですねーww





【キャスト別感想】

駒田一エンジニア

体格のせいもあるかと思いますが、こざかしそうで何だかんだで要領よく生き残れそうなエンジニア。 どこにでもいそうな雰囲気で、スマートな印象はないけれど、ざっくり言ってしまえばテナルディエで見慣れたようなずる賢さが垣間見えてスッとなじめました。歌もお上手ですし、ちょっとした駒田さん流のアドリブを入れてくださるので嬉しい!はい、ホーチミン、ハイホーハイホー…チミン!とかね(笑) 今まであまり座長の器ではなく、座長を盛り上げる司会者のような役割を担ってきた駒田さんを沢山観てきたので、エンジニアを堂々と演じられている姿にとても感動しました!Wキャストやトリプルキャストだと、絶対に選んでしまう役者さんです!

昆夏美キム
知念キムとどちらを観るかとても迷ったのですが、ニューフェイス(笑)の昆キムをチョイスしました。昆さんはいつ観ても、素朴な印象があり、決して主役だからといって目立ちすぎるわけではないので、小さな身体でもあるので消えてしまいそう…。なのにしっかりとキムの心を宿していて好印象でした。

上野哲也クリス
素朴な可もなく不可もないクリスかな?インターネットを観ていると評判はいまひとつの上野クリスですが、そこまで悪いとは感じなかったかなぁ。でも、かといってぐっと迫ってくるものもなかったようなw これから成長する可能性大ですね!歌はお上手でした!

上原理生ジョン
初めて観る気がしないのはHPの動画を観ていたから?それとも1年以内にレミゼのアンジョで観ているから?それとも錯覚ww?!なんだか上原さんを観劇する率がめちゃくちゃ高いんですよーー!何かそれだけで笑えてしまう(笑)ジョンはホントピッタリの役なので、全体を通して安心して観ていられましたが、「ブイドイ」は動画で見ていたより迫力が足りなかったかな?!上原さんってまだまだジョン演じられる年齢なんですよね!もう少し年齢いってるのかと思いましたw 年齢を重ねてジョンをまた演じてもらえたら新しい発見がありそう!

木村花代エレン
初見でしたが、クリスの妻として思い悩み葛藤する様がとてもハマっていました。総括にも書いたのですが、新バージョンのエレンのソロは前回までよりだいぶ弱気な歌詞になりましたよね(笑)?前回までは夫のクリスを奪われないよう戦うわ~♪みたいな歌詞でしたが、今回はキムにクリスを渡してしまうかもみたいなことを言っていませんでした?具体的にうまく言えないのですが、聞いてて結構変わったなぁと感じました。

神田恭兵トゥイ
5年前に博多座で観て以来、めぐりめぐってまた神田トゥイを観ることができました!人間的で好みのクリスです。昆キムと同じで、決して目立ちすぎないんだけど、心に残るトゥイです。前回出演の時は「キムの悪夢」で高音で歌って登場でしたが、今回それはなくなっていました。セットが変わったため、正面に仏壇もないし、どうやって登場するんだろうと思ったら登場位置は上手側の窓からでした!

吉田玲菜ジジ
ジジは髪下ろすようになったんですね!若々しくてかわいらしいジジでした!黒髪下ろしてる姿みてると何だかクレオパトラに見える(笑)

↓よろしかったらお願いしま~す!!
d0034432_159771.gif
[PR]

by mari-tak | 2014-10-04 00:02 | ミス・サイゴン(04&08&09) | Trackback | Comments(0)