<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年mariが観た舞台総括☆PART2

引き続きまして第2弾!!
いろいろMVPコーナー

【2008年再演モノBEST1
『エリザベート』
再演モノっていっても『ミス・サイゴン』と『エリザベート』しかないわけですが(笑)、大人の舞台・『エリザベート』に軍配が上がりました。『ミス・サイゴン』は好きな回も結構あったのですが、中盤で中だるみというか、あまり感動できない回があったりしたので…。エリザは安定感があって、好きな曲もいっぱいあるのでいいです!

【2008年ミュージカル作品BEST1
『ルルドの奇跡』!!
銀賞『レベッカ』&『愛と青春の宝塚』
これはすごく迷ったのですが、大規模ではないけれど、しっかりした作りで、主役やその他プリンシパル、アンサンブルにもぬかりのなかった『ルルドの奇跡』となりました。多恵ちゃんの堂々たる演技に感動しました。『レベッカ』は2010年の再演に期待をかけて銀賞ですが、好きな歌ばかりで、舞台を観に行く前、本気でウキウキしちゃってました笑 レポでは好きな歌RANKINGまで作った覚えがありますw 『愛と青春~』はWキャストなので全員観られていませんが、紫吹さんとカズさんが好演でした。話の骨組みもしっかりしてます!!が、その他の男性陣にあまり魅力を感じなかったので多少マイナス。

【2008年ストレートプレイ作品BEST1
『ガマ王子vsザリガニ魔人』
これまた『宝塚BOYS』と2つしか観ていないのですが、宝塚関連は『愛と青春~』の方が好きだったので…。やっぱり宝塚なんだからストプレじゃなくてミュージカルで見せてほしいんですよね。『ガマ王子~』は号泣で大変でしたww 吉田さんの大貫にやられた~!!

【2008年ミュージカルWORST1
『ウェディング・シンガー』
これはねぇ…千秋楽のカテコの印象が悪かったってのももちろんあるのですが、塩田さんの指揮が押し付けっぽかったことや、井上くんのホントにまじめにやってるの??とまで思わせる演技に歌い方の雑さが堪えられなくて…。でも共演者はよい人もいたんですよ。多香子ちゃんは確かに歌や演技が大丈夫かって感じはあったけど、一生懸命だったし、樹里さんはステキだったし。なので、全否定はしません。これはmariが思った相対的な評価であって、みんな舞台をがんばって作り上げた結果、こんな結果になってしまっただけだと思うので。

【2008年総合主演MVP
『ルルドの奇跡』の浦壁多恵さん『レベッカ』の大塚ちひろさん
銀賞『ミス・サイゴン』の照井裕隆さん
多恵ちゃんはホントこの役を丁寧に大切に演じており、演技も歌も申し分なかったです。ストーリーももちろん泣けるのですが、歌の美しい旋律と多恵ちゃんの歌声がマッチしてすばらしかったです♪ちっひーは3ヶ月間、よくあの役を演じきったなぁと感動しまくりでした。しかもあんなに歌って泣いてるのに、なぜか主役は山口マキシム(笑)その上微妙にインパクトのあるシルビアダンヴァースにもってかれてるところもありましたが(笑)、それでもでしゃばらず、「わたし」と静かに向き合っているところがよかったです。照井さんは、ホントは金賞でもいいのですが、主演じゃないかな、と思って。かといって助演ていうのも抵抗があり…w 一番安定感があって、演技も落ち着いているクリスでした。2幕の煩悶のシーンがすごく好みでした。

【2008年総合助演MVP
『ドラキュラ伝説』の園岡新太郎さん
銀賞『RENT』の米倉利紀さん
園岡さんはぶっちぎりです笑 2008年で最も驚いたすごい人、でしたw 昔ミスサイゴンのジョンやってた人でしょ?位の認識しかなかったのですが、誰よりも声がクリアーで動いてもぶれなくて…メフィストが出てくるシーンを心待ちにしたのを今でも思い出しますw 米倉さんは、周りのキャストたちが若くエネルギッシュなメンバーの中、落ち着いたぎすぎすしないコリンズを好演してました。歌もうまいし、演技も一番泣かせてくれた!!

【2008年この人をよく観たなMVP
紫吹淳さん石井一孝さん橋本さとしエンジニア
紫吹さんとカズさんは実は2008年の全作品観ました~~!!イェイ紫吹さんは『ドラキュラ伝説』と『愛と青春~』が、カズさんは『愛と青春~』がよかったかな。カズさんはガラコンでもお目にかかりました。さとしさんはエンジニアと書きましたが(笑)、エンジニア…最もよく観たなぁww

【2008年役そのものでしたMVP
『タンビエットの唄』の土居裕子ティエン『レベッカ』のシルビア・グラブダンヴァース『ミス・サイゴン』の知念里奈さん『ミス・サイゴン』のソニンさん『エリザベート』の武田真治トート
ティエンはできすぎた女性なので、人によってはいやみな感じの役作りになりそうなところを、土居さんはホント上手に演じていて、ティエンてこんな人だったのかなぁって思わせてくれました。シルビアダンヴァースはめちゃめちゃダンヴァースのイメージどおりというか…w 目の鋭さやひん剥き加減が迫力ありました!知念キムはあまりキムという役を特別視せず等身大で演じているのがよかったです。一番泣けました。ソニキムはめちゃめちゃパワフルで息切れしてる感じが懸命でよかったです、キムが乗り移ってました。武田トートは、前回より余裕を持って演じていて、ホントに子悪魔的死神っぽかった!動きも魅惑的だし、あれならシシィも揺れるよなぁって思いました。

【2008年涙!感動MVP
『宝塚BOYS』、『エリザベート』の初風諄さん
いっつも泣いてた時は初風さんの演技でした。かなり泣きツボに入るんです!静かな演技がいいんでしょうね。

【2008年萌えましたMVP
『ガマ王子vsザリガニ魔人』、『本気でオンリー・ユー』の岡田浩暉さん『エリザベート』の鈴木綜馬フランツ『エリザベート』の伊礼彼方ルドルフ
岡田さんはいつもいつもなんでこーかっこいいんですかー!!ww 演技もうまく、いい人な役回りが多いから、惹かれてしまうのです。。綜馬さんはレポで熱く語ったのはつい最近ですが(笑)、やっぱりよくキスするところですかね?w キューンです!伊礼くんは2回しか観てないのですが、2回目の公演が終わった時にかっこよかったって思ったので、公演中は意外と冷静に観てましたw

【2008年コメディ部門MVP
『ガマ王子vsザリガニ魔人』の山内圭哉さん
銀賞『ウェディング・シンガー』の樹里咲穂さん
山内さんにはかなり笑わさせてもらいましたよ笑 ‘じゅんぺーーーー!!’があまりに唐突で、見かけによらない言動でww すっごく客席で笑った覚えがwww 樹里さんは2幕の‘…よんよんよん…’てのに笑いましたw 個人的には去年の『モダン・ミリー』の樹里さんのが笑えたので今回は銀賞!

【2008年アンサンブルMVP
近藤大介さん(ミスサイゴン)中本吉成さん(ルルド)篠原功生さん(エリザ)
近藤さんはmariのお気に入りなので、ミスサイゴンのアンサンブルチェックはまず彼がいるかで始まりますw 赤組アンサンブルの時は心踊ってましたが、実は9月でMY楽を迎えて悲しかったのを今でも覚えています涙 中本さんは『ルルドの奇跡』でアントアンというベルナデットを想う男性の役をやっていましたが、こんなに素敵な人だっけ??って思うほどでした。声もきれいだし。これからはレミゼでも注目していきたいです篠原さんは「退屈しのぎ」で個人的に中山さんや谷口さんより注目してました。歌うまくない?みたいな感じで。エリザ4回通してこの3人の中では一番好きだったです!

いかがだったでしょうか??
今年は1年を通して35回というmariとしては決して多くはない観劇回数でしたが、様々な舞台に出会えたことに感謝してます。
今年は個人的に忙しくもあったため、いつも以上にレポが遅れたりしたこともありましたが、それでもお越しくださる皆様に感激です!!ありがとうございました!

来年もよろしくお願いいたします!!
来年は『スーザンを探して』から始まります。その後は大好きな『TITANIC~』へ!!!
今からホント楽しみです!

それでは皆様よいお年をお迎えくださいませ。

2008.12.31 mari

↓よろしかったらお願いいたします♪
d0034432_1233983.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-31 16:33 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(4)

2008年mariが観た舞台総括☆PART1

2008年ももうすぐおしまいですね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか??
さて、毎年恒例になりました舞台総括をしたいと思います!
因みに一昨年はコチラ!!去年はコチラ(PART1)コチラ(PART2)!!


舞台総括'08年

1/5 S ペテン師と詐欺師★★★★★★★☆☆☆
幕開けはけっこうよかった!内容を楽しめた♪ソニンちゃんがよかった!
2/6 S ウェディング・シンガー(初日)★★★★★☆☆☆☆☆
いいキャストぞろいなのに、もったいない…。主役がもう少しどーんと構えてくれるとよかったのにね。樹里さんと徳垣さんはサイコー!!
2/14 M タンビエットの唄★★★★★★★★☆☆
好みの舞台でした!土居ティエンの透き通るような歌声と演技に泣かされました。他の享年者も豪華!
2/14 S ファントム★★★★★★☆☆☆☆
2幕が長くて疲れた。。伊藤ヨタロウさんが光ってました~~!
2/28 M ウェディング・シンガー(千秋楽)★★☆☆☆☆☆☆☆☆
初日より暴走する井上くん…。歌はボロボロ、ギターは間違えるし…。塩田さんのやりすぎ指揮にもげんなり。千秋楽のカテコもホントイマイチだった。。
3/17 S ワイルド・ビューティー★★★★★★☆☆☆☆
浦井くんと宮川さんがすごくよかったのですが、ちょーっと退屈だったかな。。
3/27 S MIDSUMMER CAROL~ガマ王子vsザリガニ魔人~★★★★★★★★☆☆
岡田さんのお医者さんは反則ですって笑 萌えまくり!!感動STORYに泣きまくり!
4/12 M Broadway Gala Concert★★★★★★☆☆☆☆
ちょっと雑な構成だったけど、岸田さんがとてもよかったです♪
4/15 S レベッカ★★★★★★★★★☆
これはかなり好みの舞台!!!歌がよすぎる♪ちっひーサイコウ!!ダンヴァースこわっ!!w
5/21 S レベッカ★★★★★★★☆☆☆
ちょっと勢いDOWNでしたが、レベッカの舞台自体にはいまだ惚れ込み中!!
6/17 S ドラキュラ伝説★★★★★★★★★☆
キャストがみんな好みで、舞台自体も素敵なお話でした。剣持ミーナと紫吹ルーシーと綜馬ヴァンヘルシングなどなどですが、一番はとにかく園岡さん!!かれはものすごかった!!あと、マツケンに対する盛り上がりに笑ってしまったw
6/24 S レベッカ★★★★★★★★★☆
やっぱりレベッカいいわ~!!勢い取り戻してました!ちっひーがやっぱしいいです!!
7/20 S ミス・サイゴン★★★★★★★★☆☆
4年ぶりでしたが、いい幕開けの主役3人組キャストでした。さとしエンジに照井クリスにソニキム!
7/24 S デュエット★★★★★★★☆☆☆
2人舞台すごい!チズカズコンビ、ステキでした!でも、2幕が中だるみだったな。
7/29 M ミス・サイゴン★★★★★★★★★☆
この日はすごく好きな日でした。さとしエンジに知念キムに原田クリス!カップルがピッタリ!浅野エレンにも感動!
8/13 S サ・ビ・タ★★★★★★★☆☆☆
規模が小さいですが、ちゃんとSTORYのあるいいお話でした。3人ともよかったですよ♪
8/16 M ミス・サイゴン★★★★★★☆☆☆☆
聖子キムと原田クリス、相性悪い…。あまり感動できなかったミスサイゴンでした。石井トゥイはHIT!!
8/17 M SHOUT!★★★★★★★★☆☆
体調悪い中観た記憶がよみがえるw めちゃくちゃパワフルな舞台でした!みんな実力すごい!! 
8/17 S ミス・サイゴン★★★★★★☆☆☆☆
市村エンジ東京楽!!井上クリスがあまり好きではないです。ソニキムだったからまだよかったけどね。
8/19 S ミス・サイゴン★★★★★★★☆☆☆
さとしエンジいいです、やっぱり!聖子キムは藤岡クリスとのがいいですね。
8/30 M 宝塚BOYS★★★★★★☆☆☆☆
いい舞台なんだけど、なんか泣ききれない感じがする舞台でした。山内さんと初風さんがよかったです!
9/20 S ミス・サイゴン★★★★★★★☆☆☆
神田トゥイが静かでよかった。シルビアエレンは好みじゃなかった…。相変わらずさとしエンジw
9/24 S 本気でオンリー・ユー★★★★★★★☆☆☆
岡田さんにまたもノックアウト。あややがんばってました!はるな愛に見えたけどw ANZAもかわいかった!竹内まりやの曲でおなかいっぱいになりましたw
10/7 M BOY FROM OZ★★★★★★☆☆☆☆
実話を下にしてるだけに内容がちょっと重かった。淡々としてました。紫吹さんかわいい!坂本くんのアドリブすごい!
10/9 S ルルドの奇跡(初日)★★★★★★★★★★
すっごくよかったです!!キャストも豪華だし、何せお気に入りの多恵ちゃんが泣けるほどうまかった!
10/11 S ミス・サイゴン★★★★★★☆☆☆☆
照井クリスいいっす!別所エンジは思ったよりはよかったです。
10/22 M ミス・サイゴン★★★★★★★★★☆
ソニキムの成長に驚き!!照井クリスも好き!!そしてもちろんさとしエンジ!この回はすごくよかったです~~!!
10/23 M ミス・サイゴン★★★★★★★☆☆☆
知念キムはよかったけど、ほかは22日のがスキだったかな。
11/8 S エリザベート★★★★★★☆☆☆☆
せっかく感動のエリザの幕開けでしたが、涼風シシィが期待外れ…。武田トートはGOOD!
11/13 M RENT★★★★★★★☆☆☆
森山マークと米倉コリンズがよかった!若さとエネルギーに満ちてた舞台でした。
11/22 M エリザベート★★★★★★★★★☆
朝海シシィと綜馬フランツと初風ゾフィーという黄金のコラボ!朝海シシィよかった~~!綜馬さんも大好き!
12/11 S エリザベート★★★★★★★★☆☆
涼風シシィが前回よりよくなってた!綜馬フランツ&初風ゾフィーのおかげ(と勝手に解釈してみるw)?!
12/16 M 愛と青春の宝塚★★★★★★★★★★
観てよかった舞台!好きなメンバーの桜組で取ったのもグゥ~!感動でした。紫吹リュータンとカズさんの影山先生がすごくよかった!
12/20 M ラ・カージュ・オ・フォール★★★★★☆☆☆☆☆
ショーばかりでSTORYに骨がないのが気になりました…。鹿賀さんと育くんはよかったです。
12/25 M エリザベート★★★★★★★☆☆☆
黄金コラボではなかったけど、朝海シシィと武田トートの名コンビでなんとか無事に幕を閉じることができました!ありがとう!

↓to be continued!!いったんお願いしま~す!!
d0034432_1362718.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-29 01:36 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(6)

エリザベート 12/25 13:00~

とうとう千秋楽!!
d0034432_027955.jpg

d0034432_0272218.jpg

【総括】
とうとうエリザ千秋楽…。好きなナンバーずくしなので悲しいです。。
朝海シシィはやっぱり好みです♪武田トートともお似合いで…!
今回はMY初日の時と同様、禅フランツ&寿ゾフィーの親子で、ヴァートイシュルが厳格な感じがしましたw 綜馬フランツと初風ゾフィーだともう少しやわらかくなりますよね。
mariのお気に入りキャストの綜馬フランツや初風ゾフィーでなかったのはちょっと心残りでしたが、朝海シシィ&武田トートのコンビでよい千秋楽だったと思います
レポでは、キャストの多さに省略していたサブプリンシパルさんやアンサンブルさんたちですが、春風さんや伊東さん、阿部裕シュワルツェンベルク公爵やはるぱぱグリュンネ伯爵、砂川さんと森田さん、俵くん、武内さん、篠原さんが安定感があってよかったです!ホントは全員レポ書きたいくらいです~~!

【キャスト別感想】
朝海ひかるエリザベート
天真爛漫なシシィ。演技がわざとらしくなく、段取り演技ではなく、ある程度余裕を持ってシシィを演じてるのがいいです!歌は多少の不安定感はあってもあまり気にならないです。朝海シシィの最大の魅力は動きや姿勢のよさ。「最後のダンス」で武田トートが歌っててもつい朝海シシィに釘付けになってしまうのです!どんなドレスでも映えますね。1幕ラストととカテコで着るあの白いドレスはウエストの細さにビックリーー!!キレーイ!!それに、プログラムでも確認したのですが、涼風シシィより衣装がかわいくて手がこんでるんです。何故?!?!衣装さんの好みだったりして?!w 特に「私が踊る時」の衣装は朝海シシィの胸元のレースやネックレスがかわいいんですよね~!プログラムの舞台写真で是非CHECKしてみてください!

武田真治トート
全体的に声に疲れが出てるようではありましたが、演技や動きに深みがどんどん増して、トートを生きてる感じになりましたねー。「私を燃やす愛」の‘人の命をうば~~ぁってぇぇぇ♪’が特徴的で好きですw 鞭の音がいつもピッタリなのもすごい!
トートは固定キャストで4回観ましたが、観れば観るほどもっと観たくなるトートで、全然飽きませんでした。これからもずっとトートやってください!!

高嶋政宏ルキーニ
高嶋ルキーニは今回もよかったです!12月になってから調子よかったですね。
「キッチュ」で最後帽子をくるくるって腕で回すときに失敗しておっと、って言って客席から笑いが起こってました笑

石川禅フランツ
若くして皇帝になってしまったために毅然とすること、皇帝らしくあることが自然と身についてしまっているフランツですね。禅さんらしく演じています。「皇帝の義務」でのはんこの押し方や「私だけに」の前にシシィが‘あなたは私を見殺しにするのね’と言うのに対して、‘シシィ’と呼びかける時の呼びかけ方や、「悪夢」の乱れ方がちょっと大げさ過ぎかな~って気もしますが…。1幕ラストの‘皇后はどこにいる?’は綜馬フランツは侍女がいなくなってから言いますが、禅フランツはまだみんなが去る前に聞きます。待ちきれないのかな。反対に綜馬フランツの場合は皇帝としての威厳を保つために個人的なことは侍女に聞かれたくないと言うことかしら??

寿ひずるゾフィー
目力がすごいわ~!その分2幕では初風ゾフィーか見まがうぐらいの変貌ぶり。フランツに‘義務を忘れたものは滅びてしまうのよぉぉぅ’という言い方がツボですw 声のトーンが低めのゾフィーです。

浦井健治ルドルフ
前回よりよかったです!「闇が広がる」では最初ルドルフが歌っている間に武田トートがサーーーっと棒から伝って降りてくるのですが(個人的に萌えツボですw)、浦井ルドに注目してしまっていつも降りてくる武田トートを見忘れてしまいます~(「最後のダンス」の時といいわたしったら武田トートを見忘れること多いなぁww、)!‘よく見て下さい!!’の時にちょっとろれつが回りきってなくて面白い言い方になってましたw 「マイヤーリンク」では、ちょっと笑ってる感じが狂気です。伊礼ルドはどっちかっていうと恐怖におびえてる感じがしました。
あ、あと、「デブレツィン」で旗持ちしてるハンガリー青年を演じていたのを発見しましたー!!

太田力斗チビルドルフ
前よりよかったけど、やっぱり元気のないチビルドです~。「ひ弱な皇太子」はホントにだいじょぶかと思いましたw あれは演技の一環なのかな?

↓お読みいただきありがとうございます!!よろしかったらお願いいたします♪♪
d0034432_0275748.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-28 19:10 | エリザベート(05~'15) | Trackback | Comments(0)

完レポ!ラ・カージュ・オ・フォール 12/20 12:30~

d0034432_0215798.jpg

d0034432_0231699.jpg

d0034432_0232833.jpg

d0034432_0233986.jpg

【総括】
ショー形式で楽しめたことは楽しめたのですが、ちょっと狙いすぎな感じのする舞台でした。無駄にすっごい豪華キャストなんだもん。。キャストの皆さんも、客席もそれをわかって意気込んでみてるような…。ショーばっかりでストーリーの骨がそれほどしっかりしていないのもあまりスキじゃなかったです。1幕の進行の遅さといったら…。今井さんとモリクミさん出てこないんだもんなぁ。。
その中で、鹿賀さんの、劇場が盛り上がっててもあまり張り切りすぎない演技と、育くんの冷たいけど優しい息子(サビタとかぶったかもw)が光っていました。新納くんもよかった!

【キャスト別感想】
鹿賀丈史ジョルジュ
ザザの気持ちも分かるし、でもジャン・ミッシェルの気持ちもわかるということで板ばさみになって辛い役でしたね。どちらも愛しているからこそ、どの選択が最良なのか…。鹿賀さんはこの舞台でしけっこう出ずっぱりなので、鹿賀さんラブなmariにとってはうれしい限り!今回のハイドっぽさはかなり高かったです(笑い方とか…)笑

市村正親ザザ・アルバン
あまり出番が多いわけではないのですが、出ると強烈な印象w 目の前で化粧をするところは一見の価値あり!意外とドレスアップしてない時(ピンクのアンサンブルの洋服とか…)のほうが似合ってましたね笑 でも、2幕はモリクミさんとの絡みにちょっとつかれてしまいました…。おもしろいんだけど、ちょっと上品っぽさに欠けるんだよなぁ。エンジニアのように、ある程度客席と距離をとりつつ笑いをとる方が好みです。

島谷ひとみアンヌ
かわいらしいですね!演技は特別うまいというわけではないんですが、ダンスがキレイ~!ちょっと剣持さんに似てました!

山崎育三郎ジャン・ミッシェル
ESCOLTAをやめることになったことにめちゃくちゃ驚きました…。両立させてほしかったけれど、育くんが決めたことならそれを信じて応援し続けたいと思います。
ジャン・ミッシェルはちょっとサビタにちょっと似ているキャラの男の子。でも、サビタよりいい子ですね。2幕の‘僕の家族だよ’みたいな、ザザを家族と宣言するところにウルッときました。歌も演技も安定していて、歌手っぽさがだいぶ消えてかなりミュージカルになじんできています。来年のマリウスも楽しみ♪

香寿たつきジャックリーヌ
こういう女主人て香寿さん、ピッタリですよね!仕切り上手みたいな感じ。それにしても出番少ないなー。

新納慎也シャンタル(カジェル)
ショーで歌う時に高音と低音を使い分けるのがツボでしたww かわいいけど、目の化粧分厚い……ってしょうがないかw

真島茂樹ハンナ(カジェル)
怖いキャラでしたw お偉いさんって感じ。むちの音がマジでこわいんですけどぉ!!

今井清隆ダンドン議員
1幕出ないの~~?!?!とビックリ。優しくてキュートな役の多いキーヨさんですが、珍しく今回は厳格な父。鹿賀さんと父親同士のご対面ですが、バルジャベもしくはジャベバルコンビだなぁとか感じつつ(笑)、この2人が舞台上で虚勢を張るのってものめずらしいと思ってました。

森公美子ダンドン夫人
同じく2幕のみの出演。ダンドン夫人がとても厳格な夫を持ってるようには見えないのですが、これでいいんですよね。キーヨさんがあまりはしゃぎすぎないので(役柄上当たり前ですけどねw)、モリクミさんもおとなしめでした。でも、市村ザザが出てきてからは母親同士で大はしゃぎで、ちょっとひきつり気味でした。。

↓よろしかったらお願いいたします
d0034432_0172192.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-26 11:29 | ラ・カージュ・オ・フォール | Trackback | Comments(0)

愛と青春の宝塚(桜組) 12/16 13:00~

MY FAVORITE CASTSで新宿コマ劇場まで足を運びましたー!!
d0034432_20191436.jpg

【総括】
ずっと観たかったのですが、コマ劇は大きいから当日近くなってからチケットを取ればいいか~などと思ってるうちに席がどんどん売り切れてしまい…汗 16日に観ることも危うくなってました笑 何とか見ることができて何より…!
内容はとてもよいお話でした!戦前の実話に基づいた話ということなので『宝塚BOYS』みたいな感じなのかなーと思ってました。『宝塚BOYS』と違って、基本ミュージカルで、もちろん役者は女性たちww でも、『宝塚BOYS』で宝塚SONGはけっこう予習できてたので、耳なじみのある曲ばかりでストーリーに入り込みやすかったです♪ストーリーは実話ということもあると思いますけど、骨がしっかりしていて、笑いと泣きがバランスよくミックスされていましたよ!2幕はボロボロ泣いちゃいました涙
カズさんの影山先生いいねーっ!!mariの萌えツボでした!紫吹さんもお似合いの役!このお二人のコンビは初めてでしたが、どちらも大好きなので、観ておいてよかったなって思います。2008年舞台でお二人それぞれの出演作は一つも観ていないものがないんです!これ観なかったら危なかったわ~!

【キャスト別感想】
紫吹淳 嶺野白雪 (リュータン)
トップスターの風格があって、かっこいいし、さまになってる!!
歌は喉がちょっと辛そうでしたが、すき焼き~♪の歌がお茶目でかわいかったデス(^3^)
ただトップスターの座にのっかってるだけじゃなくて、後輩の指導も後輩への気配りもできる、いろんな意味で本当のトップって感じがすごくハマってました。
男役の発声はマジで男性かと思うくらいカッコイイ~!!
恋しちゃってるチャーミングなところも、紫吹さんらしい演じ方で‘ねぇクマちゃんどぉしよ~っ’っていうのがおもしろかったですw 目をパチっとあけて口をすぼめてる表情がたまらなくかわいい!!
ちなみに2幕は紫吹さんの演技に号泣ですー!!

貴城けい 橘伊吹 (タッチー)
MAのマルグリットみたいな感じでした。どこも行くあてがなくて過去の影を背負ってるけど、才能はある。
歌わないわりに影山からも速水からも好かれていておいしい役どころですよねw 貴城さんはスラとしていて目鼻立ちがはっきりしたキレイな方ですが、ちょっと宝塚っぽい演技(言い方に語弊がありますが…)というか、発声方法が大げさな感じがしました。

大鳥れい 星風鈴子 (トモ)
仲間よりも自分・自分、て感じでのし上がっていくタイプで、最初はイマイチ感情移入できませんでしたが、2幕は泣いて大変でした笑 ちょっと新妻聖子ちゃんに似ていて、陰影のある表情のできる魅力的な女優さんでした。

紫城るい 紅花ほのか (ベニ)
今回かなり注目人物でした!あまりに舞台写真と実際が違うので、最初分かりませんでした。
ちょっとうるさいキャラですが(笑)、透き通るような高音と、あまり大げさすぎない演技と、やりすぎないダンスと、明るい表情が素敵でした

佐藤アツヒロ オサム
う~ん…。歌が…汗 単語の切り方がおかしいというか、あんまり上手じゃなかったです。。土手のシーンが出るとまたきたかーっとか思っちゃったww でも、なごみのシーンではありますよね。フっと楽な気持ちになれます。

本間憲一 速水悠介
あの~~、ダンスはうまいし軽やかだし、いいのですが、あんまり恋愛沙汰になるような雰囲気ではないんですよねー(爆)しかも影山が嫉妬するなんてそんなバカなっ!!(笑)わたしは絶対影山を選ぶわ(←誰も聞いてない)!えなりかずきくんにしか見えませんでした。。

石井一孝 影山航
影山はけっこうmariの萌えツボにハマりましたww ヒギンズっぽい感じ!特に2幕の酒飲んでるシーンとか…。なんでリュータンじゃなくてタッチーに惹かれるのか謎ですが(まぁ、同じような境遇だから惹かれるとかいってましたけど…)、フフッてちょっとバカにしたように笑う感じがいいです(←これじゃ影山が性格悪い人みたいですが…笑)。ただ才能のある先生、というのではなくて、人間くさい感じがいいですね!歌も2曲とも聞き惚れてました~(>ω<)

↓遅くなりました~!よろしかったらお願いします♪
d0034432_01327100.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-21 00:14 | 愛と青春の宝塚 | Trackback | Comments(0)

エリザベート 12/11 18:30~

エリザ3回目!!
d0034432_23581963.jpg

【総括】
前回のエリザが自分の中のベストかなーって思ってたので、今回は期待しないで、という言い方はおかしいですけど、そんな感じでエリザを観ました。
そしたら、意外にも(失言連発w)よかったです綜馬さん&初風さん効果?!?!初演メンバーだからとかじゃなく、この二人が好きです!!それに、伊礼ルドも最近かっこいいなぁ~とww あぁでも3人ともMY楽ですぅぅ涙 かなしぃぃ~~!!あ、でも武田トートも萌えポイントてんこ盛りだからいっかww
最初の「我ら生き絶えし者ども」のダンスってけっこうハードですよねー!細かいダンスだし。いつもいいなぁって思うのは、皆さんが毎回そろってるってことなんでしょうね~!!
あと、エリザベートに直接関係ないんですが、エリザベートってジャベールだらけ!!とか思いません??過去もあわせると、内野聖陽さん(過去トート、過去ジャベ)、高嶋政宏さん(過去ジャベ)、村井国夫さん(過去ジャベ)、鈴木綜馬さん(過去ジャベ)、石川禅さん、阿部裕さん、今拓哉さん(過去エルマー)!!もう今はいないキャストもいますが、なんかこう考えるとすごいですね、エリザベート!!笑

【キャスト別感想】
涼風真世エリザベート
今回はMY初日の時よりよくなっていて、後半になるにしたがって皇后らしさがどんどん出てきてよかったです。
「あなたが側にいれば」でラスト‘あなたがひつよ~ぉ~ぉ~ぉ~うよ~~♪’とスピンするところがあんまりスキじゃないです。「不幸の始まり」では髪をたらしていて素敵なのに、「結婚式のワルツ」ではなぜか髪を上げてしまってるのがもったいないと思っちゃう。。たらしてた方がいいです!これは涼風さんのせいじゃないですけど…。「最後のダンス」の動きとかで思うんですけど、涼風シシィは動きが鈍いような気がします。スタイルあまりよくないのかなぁ?朝海シシィがよすぎるだけなのかしら?「私だけに」はちょっと演技ストップみたいな感じの歌い方で(笑)、ほぼ立ったままで歌ってました。ラストの高音上げで‘私に~~~↑♪’ではなく‘私にぃぃぃぃ~↑’っていう徐々に上げてくのがちょっと興ざめなんですよね…。ゾフィーに孫のゾフィーをとられてしまうところ(←ややこしいw)では、‘子供を返して…’の言い方が急に幼稚っぽいというかアニメチックになってましたw
2幕の「いつになったら」で2回目に奥のほうから人を引き連れて出てくる時(この時人口密度が高いなぁといつも思うのですがw)に、涼風シシィはすっごく急いで舞台上手に入っていきますが、すぐに次のシーンにいなきゃいけないからなんですよねw 朝海シシィも急いでるのかな。
「私が踊る時」はしっかりと皇后として足を踏みしめて生きてる感じがしてよかったです。「パパみたいに(リプライズ)」や「夜のボート」の風格のある歌声でこの世に自分しか信じられるものがいない感情が伝わってくるようでした。
細かいことをいうと、あんまりいいレポがかけてない気もしますが…涼風シシィ、悪くはなかったんですよ!!

武田真治トート
武田トートが「エリザベート(愛のテーマ)」でやってくる時にろうそくの色がオレンジから黄色っぽく変わるんですよね~!妖しげ~!「不幸の始まり」で‘もう一人の帝王も来ている’でレースの奥で手を動かしているのが妖艶~!「悪夢」での‘マエストロはトート閣下’の時も白ブラウスのみの着用で萌えますww 「エーヤン」や「独立戦争」では、車のむち打ちがいつもピッタリなのがいいですね!

高嶋政宏ルキーニ
高嶋さん、今日はすごくよかったです!馬肉でも食べたのかなってくらい声がクリアーで演技も適度で、キラリと光るルキーニでした!

鈴木綜馬フランツ
はぅ~~やはり綜馬フランツが大好きですぅ(←しつこいww)!!
シシィのあどけない姿に純粋に笑ってしまうちょっと人間的なところ、笑顔の上品さ、‘破綻’の言い方(ちょー細かい笑)、安定感のある歌声、全てが綜馬さんらしいフランツで、mariのツボに入っちゃってるのであります!!
にしてもす~ぐキスしちゃうんだなぁ、綜馬さん笑 特に「あなたが側にいれば」の最初とか…。シシィもかなりとまどってたw やっぱりイギリス紳士的な感じが漂うわ~♪
MY楽は悲しすぎるっ!!もし次回のエリザでフランツやらなかったらどうしよ~~っ(:_;)

初風諄ゾフィー
うぅん、やっぱり完全に泣きツボに入る初風さん!蜘蛛女、宝塚BOYSときて、これで3回目の泣きツボですぅ~!コンタクトが渇いていたのに、「ゾフィーの死」ですぐにその悩みは解決しました笑 ゾフィーという役は年老いていくにつれて腰を曲げたり、杖をついたり、歌声を辛そうにしたりとある程度、お年寄りの演技をしなければなりませんが、初風さんはなんていえばいいのでしょうか…もともと年齢も多少はあると思うのですが、自然と声をやわらかくするというか小さくなってるというか、演じてるというよりゾフィーそのものに見えるんです。実の息子であるフランツに裏切られても薄く笑いを浮かべて見つめるゾフィー。もうここで泣けてしまいます。。。
あと、「計画通り」でヘレネを‘安産型だわ’っていうところ、CD聞いてると話しながらよく判断できたなぁと思ってましたが、よく見ると蝶が自分の頭に止まって、シシィが捕まえようとしてくるっと後ろを振り返る時に確認するんですよね。2008年にして初めて知りましたw

伊礼彼方ルドルフ
声が低くていつも最初がツボですww ‘おはようございます皇帝陛下’と‘それは…’がテノールではなくバス、みたいなww 「闇が広がる」で民衆たちがいなくなる時に声を出すのがいいです。懇願してるみたいで。憂う感じがピッタリ!!声はちょっと辛そうでしたが、ルドルフを楽しんで演じてる感じがしました。今回かなりスキ度がアップしました~~!!

村井国夫マックス
「私だけに(リプライズ)」でシシィの‘みんながみつめているわ~♪’というセリフでうんうんそうだよな、っていう甘い父親の顔をしていて、フランツの‘自分の幸せ諦めなくては’で何言ってんだ、先が追いやられるな…みたいな哀れみの顔になるところがすごく個人的には好きです。
2幕の「パパみたいに」では、‘もう遅すぎる 今からでは~’というシシィにキスしようとして止めますが、あのパフォーマンスは手が付けられないくらいまで落ち込んでるな…っていう意味なのか、それとも自分が死んでるからキスしてはいけないというトート的発想か…w ちょっとわかりかねます。。

太田力斗チビルドルフ
お疲れでしょうか?!だいじょうぶかな。かわいいけど、ちょっと元気のないチビルドでした。

↓お待たせいたしました!!よろしかったらお願いいたしま~す(^3^)/♪♪
d0034432_23572895.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-16 00:09 | エリザベート(05~'15) | Trackback | Comments(0)

エリザベート 11/22 12:00~

朝海シシィで観に行ってきました!!エリザ2回目!!
d0034432_2224271.jpg

【総括】
ひゃぁぁぁ~~~(>_<)ごめんなさい。。すっごくレポが遅くなってしまいました…。
ちょうど忙しい時期とかぶってしまってブログにもろくにチェックできない日が続いておりました…。
でもなんとしてでもこのレポは書きたかったんですよね~!
だって、すっごくいいエリザだったからーー!!
朝海シシィ、わたしけっこうスキでした!涼風シシィと違って幼少時代がしっくりくるし、もともとあまり期待してなかった歌のほうもけっこう歌えているのでうれしいビックリでした!!
動きが妖精のように軽やかで、小柄な武田トートともピッタリカップル!!
そしてそしてぇぇぇ……これは触れなければなるまい!!
綜馬さん!!!!!←エッ?!大体言いたいこと分かるって??ww
やっぱりわたしはどうしようもなく綜馬フランツ一筋なのでした!!シシィに優しいところも、歌声も…。あとすぐキスするところ!ww あの紳士的なフランツが完全にツボなのですよぅ~~!!
はぁ、暴走しそう。。

【キャスト別感想】
朝海ひかるエリザベート
動き一つ一つが軽やかでキレイ!姿勢がいい!「最後のダンス」の踊らされてるところとかが手の先までピンと伸びていてきれい。幼少は一路シシィにけっこう似ているところがあるかも!表情がくるくる変わって魅力的!演技も段取りっぽさがあまりなくて、エリザベートを生きてる感じがよかったです。セリフ回し一つとっても新鮮なんですよねー。‘うそよ!!(by「最後のダンス」)’とか、‘まだあなたとは踊らない!’(by「最後のチャンス」)とか…。涼風シシィは皇后のわがままな部分が前面に出ている感じがしたけど(MAっぽさがぬぐいきれない感じ?!)、朝海シシィは破天荒なイメージ。素で好き勝手なこといってる感じがしました。歌も思ったよりずっとよくてこれまたビックリでした。たまに危ない…と思うところはもちろんありましたが、演技の一環としてみるとあまり気にならないというか…。武田トートとのコンビも妖精&子悪魔って感じでよかったです。

武田真治トート
今回の武田トートは前回よりよくなってました。歌い方が丁寧で、朝海シシィにぐいぐい食い込んでくる感じ!山祐トートみたいな威厳とか声量も黄泉の帝王には必要かもしれないけど、わたしは小悪魔的存在でシシィをも魅了できる雰囲気をかもし出せる武田トートとか内野トート(←なつかしっw)とかのがしっくりくるかな。

高嶋政宏ルキーニ
お兄ちゃん、「ミルク」の歌い方がワントーン低めに変わってました。やっぱりあそこは厳しいのかも。

鈴木綜馬フランツ
禅フランツよりもシシィには甘いフランツ、綜馬フランツ!w シシィにホントに恋しちゃってますね~。「計画通り」ではシシィを見てはっはっはってけっこう大きい声で笑ってるし。「あなたが側に~」ではシシィが‘自由に生きていくのよ♪’というのに対して‘シシィ いやエリザベート(←この言い方がまた萌えツボ笑)…’といって皇帝であるがゆえの現実を歌いますが、そのとき禅フランツは顔をしかめます。でも、綜馬フランツはあどけないシシィにつられて笑い顔。そこがまた素敵その後のアクセサリーのつけ方が禅フランツよりてこずってるような気がするのは笑いツボです!w 1幕ラストでは皇后のドレス姿に見とれてる感じ!何でシシィは正装して出てくるのかいっつも謎なんですけどねww
「ゾフィーの死」のときと「父と息子」のときは打って変わって怖いフランツですが、ゾフィーの手の甲に最後にキスをするのがたまらなく悲しいです。息子としての最後の愛、みたいな。シシィにもゾフィーにもすぐキスするのが紳士なのが特徴の綜馬フランツです笑 「父と息子」は容赦なくキレてますね。浦井ルドのとき限定なのか伊礼ルドのときもそうなのか分かりませんが、新聞の受け渡しがちょっと怖かった気がします。あと、皇后が旅に出てから、‘母上はもういない帰っておいで~♪’って…かなり失礼なフランツですよねww 「悪夢」の乱れ方も適度でよかったです!!
綜馬フランツ大好き~~!!

寿ひずるゾフィー
寿ゾフィーは表情からして怖いですよね!目元がきつい感じ。
1幕の「皇后の義務」の高笑いはないです~。2幕の「皇后の勝利」あたりの老けっぷりは初風ゾフィーのが自然な気がします。初風ゾフィーのが年齢を重ねているせいもあると思いますけどね。杖の使い方も、最期に杖を落とすときも初風ゾフィーのがタイミングがいいんですよねー。ゾフィーが染み付いてる感じ。

浦井健治ルドルフ
浦井ルドは大人で冷静で頭がよさそうな感じ。ダンスはちょっと大げさな感じもしましたが、表情が豊かでいつまでも新鮮さを失わないルドルフです。

石川新太チビルドルフ
かわいいですけど、ソロではちょっと音を外してしまいました。でも、その幼さが返っていいのかもですね!

↓大変長らくお待たせいたしました!!お読みいただきありがとうございます!!よろしかったらお願いいたします♪♪
d0034432_1435075.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-12-06 01:58 | エリザベート(05~'15) | Trackback | Comments(2)