<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ミス・サイゴンお気に入りキャスト☆☆

遅くなりましたー!!


ミス・サイゴン長い帝劇公演が幕を閉じましたねー!!
2004年はレミゼのキャストをそのままはめ込んだような適当なキャスティングに嫌気がさしていましたが、今回はそこそこ考えられたキャスティングだったんじゃないかなぁと思います。
2004年次は私のほうもあまりよく分からないままチケ取りをしたので偏りのありすぎる見方をしていたのですけど今回は満遍なく観るように心がけました!!

ということで、2004年からのキャストも交えて1位をで、2位をオレンジで書いていこうと思います!!もし、同順位の場合は赤二つでいきます!!()の数字は2004年から数えて今までで観た回数です!!

【エンジニア】
市村正親(5)
元祖エンジニア!!ブレのないエンジニア像に感激してました~!

筧利夫(2)
エンジニア像としてはちゃんと考えられていて好きでした。歌がちょっと弱いですが、演技でカバーできてる範囲内です。

橋本さとし(5)
大好きエンジニア!!結局一番選んじゃうエンジニアです!感覚で演じる演技がGOODデス(^3^)/♪

別所哲也(1)
嫌いじゃないんですが、いろんな意味でちょっと浮いている印象を持つエンジニア。ハッキリとしたエンジニア像が見えてこなかったです…。1回しか観ていないので評価が難しいな。。

【キム】
笹本玲奈(1)
2004年以来ご無沙汰ですが若すぎる印象。

ソニン(3)
熱かった!乗り移り度の高いキム。歌い方が少し変わっていますが、けっこう好き。観ていてハラハラしちゃいました!!

知念里奈(3)
最後までソニンキムと悩みましたが、ホントのキムってこんな感じだったんじゃないかって一番納得のいくキムだったので

新妻聖子(4)
歌はお上手なのですが、振り乱すような感じがあまりなくきれいにまとまりすぎている印象。ちょっと段取りっぽかったかな。でももし1回しかミスサイゴンを観ないとしたら、聖子キムが一番無難かもしれないです!

松たか子(2)
高音が辛そうだったなー。公演回数が半端なかったですよね~松キムは。他のキム33回なのに、松キムだけ66回ですよ(←わざわざ数えてしまった私w)?!すごっ!!声がかわいらしいキムでした!

【クリス】
石井一孝(未見)

井上芳雄(5)
2004年から数えると一番観てるクリス。実は全キム制覇…といいたいところですが、聖子キムペアだけ未見でした。でも、このペアは何かとTVでもコンビになってたので、観てない気がしないんですよねー。
と、余談はさておき、クリスは高音出ないと…っていう役なので井上クリスは厳しいですね。。クリスの軽い部分のイメージはすごくお似合いなのですが、演技してます感が出ちゃうのがもう一歩。GIの衣装はピッタリです!

坂元健児(未見)

照井裕隆(3)
mariのサイゴンレポをもし読み続けている方がいらしたら一目瞭然だと思いますが(笑)、一番のお気に入りクリスでした。クリスって意外と悩み抜いてこういう結論を出したのかも、とか結局エレンを選んだのはエレンに説き伏せられたっていうのが大きかったのかなーとかいろいろ考えさせられるクリスでした。歌も安定感があって、大人クリスでGOOD!!

原田優一(2)
早くにMY楽を迎えてしまったのですが、原田クリスの誠実な雰囲気がけっこうハマりました!しかもお気に入りの知念キムとも相性ピッタリだったし。思ったよりずっとおとなしい役作りでした。

藤岡正明(3)
随所に工夫の見られるクリス。ラストの銃を見る演技は涙を誘います。クリスとしては軽く、井上クリスと似た印象があります。それもありではあるんですけどね。2幕中盤の煩悶は何度観てもあんまりうまくなかったかな~。

【ジョン】
石井一孝(1)
音を外してしまい、その当時はあんまりいい印象はなかったのですが、今考えてみると説得力が普通にあるジョンでした!

今井清隆(未見)

岡幸二郎(5)
2004年は絶対に1位だった岡ジョンですが、やっぱりなんというかショーっぽくなってしまうんですよね、岡ジョンて。今回はMY楽がはやかったのですが、2回観れば十分な感じがしました。「プリーズ」の‘僕じゃダメだ~♪’のときの表情はスキ。背が高く、ヒゲがかっこいいです!

岸祐二(4)
岸ジョンは特に2幕がホントハマってますねー!一番説得力があるし。1幕もけっこう遊び人ぽさ出てましたよー!

坂元健児(3)
説得力がほとんど感じられないジョン。背が低いからとかじゃなくて、ジョンに対する役作りの熱意がまったく伝わってきませんでした。歌はそこそこですが…。

【エレン】
浅野実奈子(2)
残念なことにMY楽がとても早かった浅野エレン。クリスの妻としての決意とキムという女の子に会ったときの戸惑いがちょうどよくてすごくお気に入りエレンになりました。強すぎず弱すぎずって感じかな

ANZA(3)
声がハスキーで最初びっくりしましたが、表情がすごくよくて、ANZAエレンはめちゃめちゃ泣けます。見た目もアメリカ女性そのものだし、すごく感情移入しちゃいました。

石川ちひろ(未見)

シルビア・グラブ(1)
あんまりエレンらしさが感じられませんでした。。ダンヴァースがちらつくっていうよりは、声質とかかもし出す雰囲気がそぐわなかった感じがします。シルビアエレンの役作りがあまり伝わってこなかった感じがしました。

鈴木ほのか(4)
CDそのもので感動しました!!w 強い女性なので本当の年齢とか関係なく、ほのかエレンの役作りはクリスより年上の女性なのかなっていう感じがしました。ほのかエレンはストーリーの骨格がしっかりと分かる説得的なエレンでした。

高橋由美子(1)
歌い方が雑であんまり好きになれませんでした。ファルセットの切り替えがすごく分かってしまうエレンでした。

RiRiKA(2)
見た目より声が低くてビックリ。一番キムに負けそうなエレンではありますが、思ったよりは気丈な感じがしました。低めの声だからかしら?見た目はANZAエレン似です!

【トゥイ】
泉見洋平(7)
2004年の狂気っぷりは2008年も健在でしたが、のどが心配でした。狂気すぎるような…。今回石井トゥイや神田トゥイを観て、泉見トゥイの解釈もひとつではありますがキムへの優しさが足りないんじゃないかなって思いました。たとえ優しくても目がいっちゃってるというか…w

石井一彰(2)
優しさ・狂気・歌声・演技がすごく考えられて出来上がったトゥイがmariの中ではHITしました!!高音上げも最初びっくりしたけど、最後にはそのほうがしっくりくるようになったし。もう1回ミスサイゴン観られるなら絶対石井トゥイが観たい!!

神田恭兵(2)
ソニンキムと知念キム同様に迷いました…、石井トゥイより歌の線が少し細いかなって思ったのですが、トゥイがキムに対してはより優しくなってしまうゆえに線が細いんだと考えると神田トゥイもやっぱりいいなーと思いますし。もう一回観たいのはどっち?と考えたときに、ほんのちょっとの差で石井トゥイに軍配が上がりました。

tekkan(未見)

戸井勝海(2)
彼はどちらかというとクリスでしょうww 甘いマスクなので、あまり合わなかったです。ちょっと演技中も笑ってるっぽいような感じにも見えました(たぶん違うと思いますがw)。

【ジジ】
池谷祐子(5)
役作りのきめ細かさ、複雑な表情の表現の仕方が絶妙でした。最初は見た感じのジジらしさが足りないと思っていましたが、徐々によくなっていきました!!

杵鞭麻衣(1)
印象があまりないのですが、歌は普通にうまかったですよー!

菅谷真理恵(4)
最初から歌もダンスもお上手とは思っていましたが、少し大雑把な役作りでもう少し演技の面でジジらしさがほしかったです。

高島みほ(2)
ダンスがめちゃうまい!!初演の園山ジジに一番歌声の印象が似ていた!ジジの影の部分がよく分かりました。

平澤由美(1)
ソウルフルな感じがよかった!!観ていて気持ちよかった!

↓皆様はどうでしょうか??次の再演はいつでしょうね?!よろしかったらお願いいたします♪
d0034432_10174133.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-30 10:26 | ミス・サイゴン(04&08&09) | Trackback | Comments(2)

千秋楽☆☆ミス・サイゴン '08 10/23 13:30~

とうとうホントの千秋楽!!
d0034432_336432.jpg

d0034432_157487.jpg

【総括】
前日にMYお気に入りキャストで観てしまった分、感動は少し低まってしまったのですが…。
ピッタリコンビを観てから知念キム×藤岡クリスを観るとちぐはぐな印象が。でも、知念さんが普通の一人の女性であったキムを一番普通に演じていて、好印象でした。

【キャスト別感想】
筧利夫エンジニア
お疲れモードなのか、音程がズレまくりであまり歌としてはよくないエンジニアでした汗
あまり千秋楽を意識しない演技プランは好感が持てました。
「サイゴン陥落」の時のあのかつらはなぜが筧エンジニアだけすごいですよねw 他のエンジニアは地毛がボンバーしてる程度なのにw 1幕ラストでキムを抱き上げるように幕に引き下がるのはいいですね!全体的にキムはじめ女性の味方っぽいエンジニアです。「我が心の夢」でもジジに‘我慢しろ’っていうし。一貫してますよね。2幕のアメドリは悪くはないですが、ちょっぴり退屈かな。

知念里奈キム
3年後の静かな強さが母親らしくていいです。全体的にしっとりな知念キムは原田クリスとのがお似合い。藤岡クリスと焦りがあるような印象がありました。「世界が終わる~」も悲しいのですが、この2人はあんまり愛し合ってないような気もしました。でも、知念キムと藤岡クリスの役作りのせいとかではないです。単に組み合わせの問題ですね。
「今も信じてるわ」はソニンキムと同じく笑顔のラスト。静かな微笑みです。「トゥイの死」でトゥイが死んでからの発狂ぶりが感動でした。背筋を伸ばしてけっこう長く泣いてました。これじゃ副人民委員長に見つかるだろって感じですが、でも取り乱し方が好きです。だってトゥイは幼馴染みだもん。自分の手で殺したらこのくらい後悔してもおかしくないですよね。「命をあげよう」では序盤から泣いているのがすごくいい。歌えるかしらってくらいしくしく泣いてました。
2幕のナイトメアでの‘あなたと~い~た~い♪’は低めのデュエット。

藤岡正明クリス
明るめのクリスですね、特にサカケンジョンとコンビになるとね。藤岡クリスの言うことはあんまり信用できないですが、キムが虜になってしまうのも分かるくらい笑顔がやさしい!罪の笑顔ですね。。w
「我が心の夢」ではキムを助けた後、殴った男に手招きして(ジャッキー・チェンのようw)‘くるか?’見たいな挑戦的なポーズを取ってましたw 「神よ何故」はラストのロングハイトーンをぶちっとすぐきっちゃってあれ?って思いました。
2幕の告白のシーンはぐだぐだでしたが、取り乱してる感じが出ていいのかもしれないですね。ラストの銃を見る演技はやっぱり泣かせどころ。

坂元健児ジョン
う~ん、サカケンのジョンはパス。演技に慣れが出ちゃってて、まったく緊張感がないし、「ブイ・ドイ」のやる気のなさが見てとれました。ヘリコプターは奥のところに入っていくのがいつも丸分かりだし汗 もう卒業時では??
このままだとサカケンが落ちっぱなしになるので違う感動話をひとつ。この前ディズニーシーに行ったのですが「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」でシンドバッドの声があまりに美声だったので聞き惚れてました。たぶん他の皆さんもそうだったと思うのですが、私は違う理由で聞き惚れてました。サ、サカケンの声に似ている……笑 そんなレアなことで聞き惚れてるのは私ぐらいだと思いますが(笑)、気になるので念のため帰ってから調べてみたんです。そしたらホントにサカケンだった!!! なんか感動!!いろんな意味で!みなさんもこのアトラクションに乗れば主役の方の声がサカケンなのですぐに分かるはず!!ww ぜひぜひ行ってみてください!!(何の宣伝だよって感じですがw)

鈴木ほのかエレン
最後まで強くアメリカ人女性らしいエレンでした。最初から最後までブレのない役作りに感動でした!!

泉見洋平トゥイ
狂気が前面に出て、共感をあまり感じさせないトゥイ(笑)その代わり権力というか、威厳はすごくあります。のどは大丈夫かな。

池谷祐子ジジ
好きなジジでした。22日とあまり変更はありませんでしたが、ジジの役作りがいいですよね!後半からの桑マキさんのアメドリダンスもしっかりと拝見させていただきました!


カテコは機械的な流れで、さとしさんと筧さんの司会の力量の差が出てしまったように思います…。

ただ今作成中なのですが(今現在完成度50%w)、今後、ミスサイゴン総括の記事をアップする予定です!!
お楽しみに~~♪♪
その後はお待ちかね、エリザベートですね!!!

↓皆様、ミスサイゴンレポ読んでくださりありがとうございました!これからもよろしくお願いします!
d0034432_031471.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-25 03:04 | ミス・サイゴン(04&08&09) | Trackback | Comments(2)

ミス・サイゴン '08 10/22 13:30~

めっちゃ遅くなりましたぁぁ!!
サイゴンさとしさん千秋楽!!
d0034432_10535695.jpg

【総括】
今までで一番いいミスサイゴンでした。一年を通してもなかなかこんないい回にめぐり合うことはないのですが、無理してでもチケとって行った甲斐がありましたねー。千秋楽だから一番いいって言うんじゃなくって、一番のおおきな理由は今回の公演が初日メンバーのコンビカップルだということ。ソニンキムと照井クリスの息がこれ以上ないってくらいピッタリで、久々に泣いちゃいました。さとしエンジニアもコミカル&シリアスが甘辛ミックスでちょうどいい!やっぱり一番好きなエンジニアです♪

【キャスト別感想】
橋本さとしエンジニア
何度観ても飽きない…というかもう固定キャストで観たい感じですw あんまりくどくない役作りなのにどこか考えられているような。さとしさんはエンジニアという役に新鮮さをまだまだ見いだせそう!
「バータリング・フォー・キム」ではフランス人との混血のため‘ボンジュール’と挨拶。「サイゴン陥落」では‘USA!’とAの字を手で作るところがカワイイw ‘さようで!’というときにこれ以上ないくらい土下座してましたw 「クークープリンセス」ではトゥイとキムのもとを去るときにやっぱりおたま持参で去っていきました笑 何に使うんだ?!1幕ラストの「キムとエンジニア」は‘チミン チミン♪’といった後、‘ヤッホー!’(客席もヤッホーと返すw)とやまびこ風に締め(笑)大いに笑いを誘ってました。
「クリスはここに」と2幕ラストは重い役作り。早くクリスと会えというときのさとしエンジははっきり言って怖い!ラストもこの金づるをなくした~~って言う顔してますね。ルームナンバーのメモをキムに渡すときはよし、これでオッケーみたいな任務を遂行した顔してますが、それもちょっと怖い…!「アメリカンドリーム」は‘バー付のリムジン♪’とか‘コールガール行列♪’の辺りのさとしエンジニアの酔いしれ方が好きですw
今回はいつもに増してすごく人気のあるエンジニアでした!

ソニンキム
2ヶ月観ない間にどうしちゃったのー?!?!ってくらい進化してました。たまに歌ががなりになってしまうのが気にはなりますが、演技の一環と考えると全然気にならないところがまたすごい。
キムの乗り移り度が図抜けて高いです。
1幕でクリスを引っ張って部屋に案内するキムですが、クリスの引っ張りが強かったw これは照井クリスが嫌がってるほうが強いのかもしれないですね。「この金は君のもの」のときのソニンがめちゃめちゃ激しくて、あんなになだれかかるキムははじめてw クリスに優しく手を差し伸べられてもなかなか打ち解けずに息が上がってる(たぶん怒りでw)ソニンキムですが、徐々に心を許していくところがいいですね。「ウェディング」でも火をつける棒を持ったままだったり、何かと独創的なんですよね。「今も信じてるわ」のラストで希望に満ちた顔で笑っている表情もすごくよかった!歌ってる最中は寝ている人をなでなでするんですよね。「クークープリンセス」から「トゥイの死」にかけての取り乱し方はドキュメント映像を見ているような迫力。「命をあげよう」は息子にこうあってほしいという願望というより懇願みたいな感じになってましたw
2幕の「バンコク」では衣装にお金を入れてるところがホステスっぽくていいです。ジョンが来たときからエンジニアをすっ飛ばして会話しようとするキムw エンジニアへの扱いが冷たいww すっ飛ばすのはジョンも共犯ですけどねw 「トゥイの亡霊」では、1幕の怒りのときと同様、息が上がってて恐怖の表現がうまいです!!「キムとエレン」では、あまりに熱すぎてラスト思いっきり音程をはずして退場w でもいいです、なんか演技がいいので!「ペーパードラゴン」ではあきらめの微妙な顔がすごくよく出てます。2幕ラストはあまりに切なく悲しくてしょうがなかったです~~!!

照井裕隆クリス
ソニンキムとの相性抜群!激しくて演技プランの上でリスクの高いソニンキムを受け止められるのは照井クリスだけなんじゃないでしょうか。大人クリスです!
‘ユニコーン?’と聞くときに手で角を作る演技はやめたのかなーって思ってましたが、ソニンキムのとき限定なんですね!!あれかわいい!かわいいといえば、「ウェディング」で‘ジューヴォイヴェイ♪’の祈るしぐさをまねるとき、照井クリスの両足がめっちゃばねのようにぴよ~んて上がってたのには驚きましたww かわいかったですw 「世界が終わる~」は信じてもいいの?と真剣に思えるクリスなだけにラストが受け入れがたくなってしまいます。。
2幕のナイトメアでの‘キーーーーム!!!’はベトナムでのお前とのこと忘れないぞーーっ!絶対迎えにいくぞーっ!!って言うのが一番読み取れるシャウトでした。だからすごく泣けた。「エレンとクリス」での煩悶も丁寧だけど激しく。あれならエレンにも分かってもらえそう。ラストはソニンキムとの悲しすぎる再会に久々に涙!!

岸祐二ジョン
岸ジョンはやっぱり説得力がありますよね!それに、さっきソニンキムのレポにも書きましたが、「バンコク」の時にエンジニアに対してめちゃめちゃ冷たくて、いつもエンジニアをふっ飛ばしてた印象がありますw 2幕の‘聞くんだ~甘すぎる♪’のくだりが確かになぁと聞き入ってしまうジョンです。

RiRiKaエレン
ホントは1回しか観る予定のなかったRiRiKaエレン。しばらく観てなかったですが、他のエレンとは違った「若い割りにしっかり者タイプのエレン」っていう像を作っていて、新鮮な感じでよかったです。
ファルセットの切り替えが多少気になりますが、全体的に低めで聴き心地がいいです。2回観てよかったなぁって思いました。

石井一彰トゥイ
観れば観るほどトゥイが好きになってしまうのだ、わたしww 共感度としては神田トゥイのが上ですが、狂気がプラスで出てくるのが石井トゥイ。ソニンキムとコンビは実は初めて観たんですがなんかすごかったですww タムがいたと分かった時のはいつくばりかたといい、表情といい…。2幕の亡霊シーンでは下に首を垂れていましたが、あれはまっすぐ立ってるほうが長身の石井トゥイの特徴が生かされていいんじゃないかと思います。

池谷祐子ジジ
池谷ジジの「ウェディング」の一連の演技がいいですよねーやっぱり。トゥイが来てからは菅谷ジジよりも奥のほうで3人のことを観ていましたが、逃げ腰で恐れおののきのほうが大きい役作りにしていました。あ、もちろん「我が心の夢」もぐぅ~です泣けます!‘彼とのニュ~~ウヨ~~ォク♪’の独特の言い方が好きです笑

カテコも大盛り上がり!!皆さん挨拶がそれぞれ個性あふれていて暖かい拍手を素直に送れました。東宝のミスサイゴンブログに動画アップされてるのでそちらをご覧になってくださいね!(←宣伝みたいになってる。。笑)

↓よろしければお願いします♪ありがとうございまーす!!
d0034432_0284273.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-25 01:55 | ミス・サイゴン(04&08&09) | Trackback | Comments(2)

ミス・サイゴン '08 10/11 17:00~

行ってきましたー!!いまさらながら別所さんMY初日!!笑
d0034432_2218713.jpg

【総括】
指揮者が塩田さんに戻ってしまいましたねー。
20日ぶりくらいのミスサイゴンでした。今回は自分のお気に入りキャストがあんまり集まっていなかった日でしたー。今日のソワレのが自分的には好みのキャストでした。この日を取ったのもひとえに照井クリスのためでも、公演が進むにつれ、やっぱりわたしはさとしさんの楽は観ておくべきだろう…笑ということになり(笑)、結局照井クリスの楽は何気に観られちゃうんですよね!!さとし楽=照井さん楽なので!(←勢いでこの前くらいからさとしさん呼び捨ての扱いw)でも、MYお気に入りクリスなので何度観てもいいのです~~!!
今回は照井クリスと神田トゥイがよかったです♪♪

【キャスト別感想】
別所哲也エンジニア
実は初別所エンジニアだったのですが、思ったよりはずっとよかったのですがあんまり好みのエンジニアではないかな~って感じでした。井上クリスとかもそうなんですけど、やたらと歌の間にセリフを入れすぎなんですよねー。詰め込みすぎてる感があって、もう少しあっさりエンジニアでもいいのではないかなと思います。そしてちょっとかわいそうなのが観客の反応w 他の3人のエンジニアではけっこう笑いが起きるところも、別所エンジニアだとやりすぎてたり、感覚が悪かったり、空回ってたりですごく笑いの取れないエンジニアって印象がありました。笑い取れたから合格ってものでもないですし、別所エンジニア自身はがんばってると思うんです!!が、がんばってるだけじゃ足りない。ある程度のカリスマ性は必要ですよねー。それに、あまり彼の描くエンジニア像も見えてこなかったので、中途半端な印象に。優しいようなそうでもないような。焦点のボケるエンジニアでした。
「我が心の~」では、ジジに対し‘ふざけんな 首にするぞ’でした。さとしエンジと同じ。筧エンジと市村エンジの‘我慢しろ’がけっこう好きなんですよねー!「クークー~」では‘甘い汁 吸おうじゃない’の後に‘ホラ 手汚れてる’ってキムに言ってましたが、エンジニアってそんな細やかな優しさとかありましたっけ??そこはスルーでいい気がします。「生き延びたけりゃ」はへそくりの箱を出そうとふたを開けるときに出したうめき声がバルジャンに聞こえましたww 「キムとエンジニア」のラストはちょっとアドリブ長すぎなので塩田さんすら指揮をSTOPしてましたw 2幕の「バンコク」は青組オーナーでしたがあんまり好きじゃない上、別所エンジニアとのやり取りも微妙…。観客いじりが市村エンジニアのようにあっさりしておらず、具体的にあ、あの人がいる、といってしまうのはNGかな~って思います。「クリスはここに」では、早く会え!っていう緊迫度があまりないエンジニアですね。とりあえず俺が探してくるぜって言う軽いノリです。さとしエンジはこのときものすごくクリスに固執しちょっと怖い感じになりますよね~。‘口を慎め~’の顔つかみはあんまりうまくなかったw 「ペーパードラゴン」の合いの手の入れ方は市村エンジ+さとしエンジ。キム‘違うわ’、エンジ‘何が違うんだ’、キム‘あの人来るわ’、エンジ‘なんだ’のやり取りの前半が市村風で、後半がさとし風ですw キャー細かい!!w 「アメリカン・ドリーム」では‘小便売ってもThank you!!’と発音よろしww ラストキムが死んだときは死を悼んでるように見えましたが、そうでもないのかな。だとしたらこのエンジニアけっこう優しいやつ?!w あんまり金ヅルを失ったーって顔には見えなかったです。

新妻聖子キム
連続4回目ーww なんかもう固定キャストのようですが、これで聖子キムMY楽です!!
ちょっぴり段取りっぽさが垣間見えてしまうのですが、声の衰えはあまりなく、聴いてて気持ちのよいキムです。今回はタム!って呼んだとき、タムがちょっと遅かった気がしました。
関係ないんですけど、バンコクのホステス、あのサボりようだとオーナーにキレられてもしょうがないかもww だって、ジョン来たら子供見せに部屋に戻って、ジョンと話して、エンジニアと話して、その後部屋で寝ちゃって(笑)夢まで見ちゃって、起きてからはエンジニアが探したルームナンバーに訪ねに行って(エンジニアも店抜け出しちゃってるしw)、その後帰ってきたら部屋で自殺…。オーナーもどうしよう…って感じですよね。。

照井裕隆クリス
照井クリスは実は7月の初日以来でした。だって~すぐ8月お休みだったから~!!涙 ずっと観たくても逃してしまっていたのです…。
たまに疲れてる?ってところもありましたけど、やっぱり大人クリスで一番好き!!余裕を持って演じていてこちらに安心感を与えてくれます。
「ウェディング」では祈り方がわからないっていうしぐさがうまいですね!
「ポスト・ブイ・ドイ」のキムに対する複雑な思いも、「エレンとクリス」での煩悶もしっかりとこちらに伝わってくるクリスです。

岸祐二ジョン
「電話」のときあたりからちょっと調子悪そうでしたが、ジョンの中では一番好きです!!
エレンとクリスに対する説得の仕方もいいです。

鈴木ほのかエレン
1幕はちょっとつらそうでしたが、「今も信じてるわ」のラストはキムときれいにぶつかり合ってました!
2幕はとても気が強く、キムがどんなに意志の強い女性でも彼女にはかなわないよなって感じがします。

神田恭兵トゥイ
人間味あふれるトゥイ。今回一番トゥイに感情移入しちゃいました。常々「キムはトゥイに嫁いだほうがよかったんじゃなかったないか説」を唱えているmariですが(笑)、今回はそれを一番強く感じました。「クークー~」で‘俺が死ぬのを待つか’というエンジニアとキムとのくだりの間、外で副人民委員長とどうしよう…て感じで話し合ってるところががんばれとか思ってしまうし(笑)、あんまり怖すぎないところがいいです。特に3年後ならまだしも、「トゥイの侵入」のときにはクリスに負けそうな人間くささがいいです。トゥイ=怖い人っていうイメージで観ちゃだめなんだなーって思いました。3年たってもどこかやっぱり幼馴染のキムの前では怖くしきれないところがあって…。というか、キムのこと好きだから当たり前ですけどねw 全部が全部、偉くなっちゃったからしょうがなく暴力を使ってしまったって言うのがよく出ていていいトゥイだなって思いました。

菅谷真理恵ジジ
10月まできてあののどの強さは…パワフルです~~!!でも、よくいえばダイナミックなんですけど、悪く言えば全体的に大雑把な役作りが雑な印象にも見えます。雰囲気が出てるだけにそれに甘んじてるように見える。「ウェディング」もあんなに笑顔でキムを送り出すのは彼女の役作り、というより役の深め方が弱いんじゃないかな~。普通は自分がミスサイゴンだったのが、こんな生娘がちゃっかり出て行くなんて~って思う気がするんです。すごい笑顔で送り出してるのですごく大人なジジともとれないこともないのかな~。でも、よかったところ!「トゥイの侵入」でみんなを出て行かせるときに指揮を取るジジですが、みんなを出ていかせたあとに、ドアの外からけっこう長くじっと3人の様子を見ていたんです。すごく印象的でした。

↓お読みくださりありがとうございますよろしかったらお願いしま~すヽ(→∀←)ノ
d0034432_14342910.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-12 20:03 | ミス・サイゴン(04&08&09) | Trackback | Comments(4)

祝☆初日!!ルルドの奇跡 10/9 19:00~

d0034432_10403733.jpg
【総括】
1幕が1時間10分、休憩20分、2幕1時間10分。
初日ということで、ビリーさんをお見かけしました。
レミゼの少年2のときから大好きな女優さんの浦壁多恵ちゃんが主役の舞台ということで、かなりワクワクドキドキモードでの観劇でした。
『ルルド~』は観たこと自体が初めてだったので、入り込みにくい内容なのかなと思っていたのですが、ぐいぐい引き込まれる感じで観てしまいました。ミュージカル大好きだと歌が泉のように湧き出てくるのでかなり楽しめると思います。‘あなたの名はベルナデット♪’の歌が多恵ちゃんヴォイスになった瞬間に美しい楽器が奏でられているようで耳に残りました!他にもアンサンブル含めたくさんのいいキャストがいて、この人誰?誰?と何人もの方をプログラムで確認しちゃいました。ギュっと詰まった素敵な作品でした。


※ネタバレあります!!気をつけてください!!
【キャスト別感想】
浦壁多恵ベルナデット・スビルー
とてもアンサンブルなんかじゃおさまりきらないような美声と演技力で、演じた後も堂々としていて、今まで主演はってきてないことが嘘のようです。ベルナデットにしか見えない女性と対話をするときのはかなげな顔が天使みたいでした。修道院に入ってからすぐ亡くなってしまうのであれ?って思ってたら、やはりその辺はカットされてたみたいですね。どちらかというと修道院に入るまでの方が表情が豊かでした。修道院に入るとはかなさに磨きがかかりすぎてしまうのでw
前からお気に入りの女優さんでしたが、昨日観て、ますます好きになりました!これからもどんどんミュージカルの主演に出ていただきたいです!初日お疲れ様でした!!

今井清隆ドズー医師
彼の立場は微妙な感じはしますが、基本ベルナデットの味方ですね!
歌もいいところで聞かせてくれますよね!今回キーヨは金髪に近いのですが、『風と共に~』のアシュレーをめちゃめちゃ思い出してしまいましたww

光枝明彦ラカデ市長
おみつさん演じる市長はちょっといやな感じの役ですが、コミカルなところもあり、完全にいやみな感じじゃないところがすごくピッタリの役柄だと思います。市長室みてたらなんとなくジャベールがホワンと浮かびましたw なんか衣装が似てるんだもんw おみつさんとは関係ないですが。。

石鍋多加史スランソワ・スビルー
厳格だけどやさしい父でした。歌も演技も年季はいってます!ちょっぴり泉谷しげるさんに見えてしまったのは絶対に秘密ですww

瀬戸内美八マダム・ミレー
最初出ていらしたときに拍手がっ!!すごい!!テナ妻以来だったので、絶対この人は悪人だ!と決め付けていたのですが、派手な格好とは裏腹にどっちかというとかなりベルナデットよりの女性でしたww 見かけで人を判断しちゃだめですねw 動きもよかったですし、女役をやっていても、どこか颯爽としていますね!

宝田明ペラマール神父
貫禄のある神父様です。というか、神父様でしたっけ?ってくらいピッタリでした、衣装ww 教会の頂点に立つ存在であるだけに、周りに流されたりせず、ベルナデットの意見はしっかり聞くけれどもすべてを鵜呑みにしないで冷静な判断を下せる、まさに理想の人間像って感じがしました。重厚感たっぷりの神父さんでした!!

中本吉成アントアン
レミゼのジョリじゃないですかーっ!!うまいですぅ~!!表情もなんだかうるーっとくるし!すっごくこれからが期待できる方です!!

丹宗立峰ジャン・ブオオール
レミゼのバベです!!彼もうまいっすー!アントアンと2人で歌うナンバーが印象的!!

片桐和美ルイーズ
この女性誰?って思った一人です!『屋根の上の~』の妻ゴールデに一瞬見えましたが、ぜんぜん性格違いました笑 父親より厳しい母親なんですね。愛情はありますが。とてもお上手でした!

高野絹也ブーリエット
まず観たときに綜馬さ~~ん!!と思いましたww おいおいって感じですねw でも似てませんか??全体的に歌うまいし、目立ちます。泉の効能に最初に気づくのは彼ですし。いい俳優さんですね!

↓よろしかったらお願いいたしま~す♪♪
d0034432_10411255.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-10 14:13 | ルルドの奇跡 | Trackback | Comments(2)

THE BOY FROM OZ 10/7 13:30~

行ってきました!!
地元の電車が遅れた関係で開演10分前くらいに汗だくで到着しました!汗
d0034432_1113233.jpg

【総括】
1幕が1時間20分、休憩20分、2幕も1時間20分。ちょっと長めです。2幕はかなりアドリブが入ります。
ピーター・アレンの自伝を時に華々しく、時には分身のような子供を使って綴っていくストーリー。
芸達者な贅沢キャスティングとノリノリの曲調が舞台の長さを忘れさせてくれます。
あらかじめプログラムでピーターの年表(っていい方おかしいかな?)をみておいたので、この辺で1幕が終わるかなって言うのはわかりました。が、やっぱりちょっと淡々としてる感はあります。特に2幕は女性があまり出演しなくなるので、ピーター自身が人生上のピークだとしても、舞台としてのピークは1幕で終わっちゃったみたいな印象でした。坂本さんの出演作としては『ALL SHOOK~』のが好きですねー。

【キャスト別感想】
坂本昌之ピーター・アレン
サービス精神がめちゃめちゃ旺盛で、盛り上げ上手な方だなーと思いました。余裕で演じて、観客を楽しませようとしている感じ。『ALL SHOOK UP!』のときから感じてましたが、それって簡単なことじゃないですよね!生で見せるパワーってすごいと思いました。歌も歌手っぽくなくてちゃんと聞かせるし、タップもそのほかの動きも素敵!!坂本さん、かっこいぃ~!!2幕はしっかりゲイっぽい演技をしてましたよー!!あ、子役の男の子もうまかったです!!

紫吹淳ライザ・ミネリ
クラシック映画好きのくせに、ライザ・ミネリのことはまったく知りませんでした。
そもそもジュディーに娘がいたことすら知らず…w すいません、勉強不足でした…。
いやぁ~、相変わらずプロポーションいーっすね~ww(←またもおっさん発言w)
最初は母親ジュディーの陰に隠れて引っ込み思案ぽい娘なので、かっこうもイマイチなのですが、次第に成功してゆくにつれて本来の紫吹さんがっ!!あのタイトワンピはすごいっ!!もちろん引っ込み思案のときの彼女も大きな目をパチパチさせててかわいらしいです!途中ピーターとけんかしてから仲直りするシーンで、坂本さんが面白かったので、紫吹さんがホントに吹き出しちゃって客席でもくすくす笑いが起こってましたw

鳳蘭ジュディー・ガーランド
ジュディーじゃない!!!というツッコミがひとまずおいておくとして…w
ジュディーのことは知ってましたが、まだオズの魔法使いを演じてたりしたあどけない時代の映画やアステアと踊ってる感じの印象しかなかったので、これってジュディーなの?!って何度も思いました。大スターゆえに、その座を奪うもの、その座を引き継ぐものの存在が必要以上に気になってつい悪態をついてしまう女性が見事に鳳さんにハマっておりました。あんまり近くにいてほしくない女性ですけどねw でも、ジュディーそのものには見えなかった~~ww

IZAMグレッグ・コンネル
2幕しか出てきません。なぜならピーターが第二の人生を歩むときになって登場するパートナー、というか恋人なのですから!この役ピッタリでしたよ。ゲイっぽいし。しかも手堅いまじめなゲイがお似合い。まじめな話になるとすぐちゃかすピーターとは性格がぜんぜん違うけどそういうところがお互い惹かれ合うのかなとも思いました。が、2幕後半で歌う歌はちょっとビックリでしたww あまりおじょうずではないようですw でも雰囲気出てたましたよ!

団時朗ディー・アンソニー
この方も主に2幕。違う役だと1幕も出てますが。
台詞回しが江守徹さんにそっくり!‘○○なんだ~よぅ’ていいかたですw でも歌は江守さんよりうまいですw 貫禄ありましたね~!

今陽子マリオン・ウールノー
いつもとてもモダンな装いの方なので、最初衣装もかつらもあまりに違っていて気づきませんでした!表情が母親ーてかんじがしてよかったです。ガラコンでも歌っていたピーターを思う歌は、舞台上だとショーっぽくなく流れで歌っていてやさしい仕上がりになってました。

↓遅くなってごめんなさい!!よろしかったらお願いいたしま~す♪♪
d0034432_1032408.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-10 13:51 | THE BOY FROM OZ | Trackback | Comments(0)

レポ以外にも…!!

レポ以外では…お久しぶりです~~!!

最近は忙しさにかまけてレポ中心のブログになっていたので、たまにはレポでない日記を書きたいと思います!!

10月になって、そろそろ2008年のBEST MUSICALは何かな~なんて考える時期になりました。今回は再演ものを抜かしても、めちゃくちゃ迷ってます。しかも、これから観る舞台も期待度の高いものが目白押しなのでますます迷っちゃいそう!!
12月末までには答えを出したいですねー。皆さんは何が一番になりそうですか??

さて、今回は気になった舞台情報についてまとまりなく書きたいと思いますww

【シラノキャスト発表!!】
いつの間にかシラノ役の鹿賀さん以外の配役が決まっていた来年5月上演の舞台『シラノ』!!
ホリプロのサイト(コチラ)に書いてあるストーリーのあまりの悲しさに笑いが出てしまうほどだったのですが(失礼w)、来年が楽しみな舞台の一つです072.gif
ロクサーヌ役に朝海ひかるさんクリスチャン役に浦井健冶さん&中河内雅貴さんのWキャストが配役されていることは知っておぉっ!とびっくりしていたのですが、さらにびっくりキャストがっ!!

われらが(笑)鈴木綜馬さん光枝明彦さんもキャスティングされていることがわかりました!!

1ヶ月公演だからWキャストのお二人を観られたら観るという感じで考えていましたが、確実にリピ決定ですww 鹿賀さんと光枝さんてのも新しい感じだし、鹿賀さんと綜馬さんていつぞやのレミゼのバルジャベコンビ!!興奮ですよーー!!TITANICの旧キャスト大結集って感じもしますね!他のキャストも気になるところ!!アンサンブルも016.gif

【岡田浩暉さんのブログ053.gif
これはもう既にご存知の方も多々おられると思うのですが、大好きな岡田浩暉さんがアメブロにてブログを始めました(コチラ)!!今までできたらいいのにな~と思っていたら、mixiコミュで盛り上がっていて発見いたしました!いやぁ、写メ盛りだくさんで、最近毎日のように見てますww かっこよすぎなのです!!『本気でオンリーユー』観たばっかりだから旬な話題で楽しめるし060.gifファンの方、要CHECKです!!

【再演モノ続々??!】
来年2009年は1~2月の『TITANIC the musical』に始まり、4月の『マイ・フェア・レディー』7~8月の『ダンス・オブ・ヴァンパイア』10~11月の『レ・ミゼラブル』と再演モノが目白押しですね!!『ダンスオブ~』はサラ役が剣持たまきさんから知念里奈さんへ変わりました!知念ちゃんは前からサラ役候補という噂を聞いてたのですが、高音出るしお似合いですよ!たまきさんも独特の雰囲気がサラそのもので(『ドラキュラ』もアマンダがすごくよかったですし!)好きでしたが、知念ちゃんも楽しみです♪他のキャストについては前も書きましたよね!
そして、一足早く2010年ですが、2月の『レベッカ』は決定しておりますが、秋ごろに『モーツァルト!』がまた上演されるようですよ!まだ噂ですが!いずれもぜいたくな作品に囲まれてうれしい限り!!

【NHKスタジオパークに山口祐一郎さん!!】
めずらしいですよねーっ!!生で出演されるなんて!
というか、舞台があまりに忙しすぎて出る暇がなかったというのが実情のような気もしますがw 確かに今はエリザの公演も11月までお休み。しかも大河『篤姫』に出演されていたとなると…今がチャンスかも!!山口さんて、TVで観るとあの声量はどこへ?ってくらいか細いお声ですが、ホント若いなぁって思います!!かっこいいですよね!舞台人って感じです!だってmariが舞台大好きになるきっかけは山口さんなんですもの!何度見ても惚れ直します!とか言いつつ、今回のエリザ確保チケは全て武田トート……。もしかしたら増やすかもしれないときには絶対山口トート観ますが、トートとバルジャンは舞台好きを4年も続けてると山口さんではちょっとおなかいっぱいなのですww CDもよく聴いていますし…!

次回の舞台は『BOY FROM OZ』(←これも実は再々演ものw)を観に行ってきます!来週は一日おきに舞台に観に行きますので、レポが遅めになるかもしれませんが(毎回でしょって感じですが汗)またmariのブログへ遊びに来てくださいね!!

↓よろしかったらお願いいたしまぁ~す♪♪
d0034432_22524568.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-10-03 22:53 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(0)