<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Broadway Gala Concert 12/31 12:30~ ACT2

2幕はまず最初に、『次世代ミュージカルスターオーディションの最終審査』が30分ほど行われました。誰が合格するかなぁ~って予想しながら観てました☆

ACT2
ボンジュール・アムール(グランドホテル) by前田美波里
甘いステキな歌。またしてもトップは美波里さんが飾ってくれました!!
恋なんて起こらない(グランドホテル) by岡幸二郎
すっごいいい曲!!1回聴いただけで、気に入ったー!!‘見つめないーでー♪’と高音で歌うところがいい♪
ライト・マイ・キャンドル(レント) by浦井健治・新妻聖子
浦井さんも新妻さんもかわいい☆『レント』観たくなっちゃいましたぁ!‘つけてーよ キャーンドール♪’
美女と野獣(美女と野獣) by島田歌穂・今拓哉
いい曲ですねー!でも2人とも少し調子悪いかな。ちょっと辛そうだった…!!
サンセット・ブールバード(サンセット・ブールバード) by石井一孝
まだ輸入されてないミュージカルなんですって。石井さん、のびのび歌ってました。
ウィズ・ワン・ルック(サンセット・ブールバード) by鳳蘭
安定感のある歌声でした。
シャル・ウイ・ダンス(クレイジー・フォー・ユー) by玉野和紀
初めて歌声を聴いた!しかしやはりタップが中心。
キャバレー(キャバレー) byマルシア
VOZでも1度拝見しましたが、ほんとに体のラインがきれいな方。踊りも歌もセクシーでステキでした!
オペラ座の怪人(オペラ座の怪人) by岡幸二郎
ファントムのイメージって、今井さんや山口さんなど、体格がしっかりしているような気がしてたんですけど、考えてみたらシャープな岡ファントムも素敵ですね。鵜木絵里さんがクリスティーヌとしてゲスト出演してましたが、私好みではなかったな~。高音すぐ切っちゃうんだもん!でも、クリス並みの高音が出る人ってめずらしいからしょうがないかなぁ。
彼を帰して(レ・ミゼラブル) by石井一孝・今井清隆
去年のレミゼの第2次製作発表の時にはじめて聴いた(ホームページの動画でだけど)『彼を帰して』。輪唱のように歌う新しいスタイルを聴いて最初ビックリしたのですが、それからというものトリコになってしまいました!!だから、2人が歌うと知ったときはウキウキワクワク☆生で聞けてうれしかったです♪「彼を帰して」辺りから、2幕ラストまで拍手が長くなった!レミゼの認知度が高いということでしょうか?それとも終盤になってきたから?
オン・マイ・オウン(レ・ミゼラブル) by島田歌穂
SPバージョンレミゼを去年観て以来3回目でした!歌穂さんの声好き好き!!
見果てぬ夢(ラ・マンチャの男) by今井清隆
ジキハイの石井さんと同じくまたも英語(笑)去年の6月に観たので、久しぶりで懐かしかったわ~。今井さんの独特の声も好みですぅ~!
バラが花開くとき(ジプシー) by鳳蘭
盛り上がる曲でした!!トリにふさわしい!!
ショーほど素敵な商売はない(アニーよ銃をとれ) byALL CAST
マルシアさんの衣装がかわいい!!バレーのチュチュみたいな服着てました!

☆2幕BEST3☆
第1位 恋なんて起こらない(グランドホテル) by岡幸二郎
第2位 ライト・マイ・キャンドル(レント) by浦井健治・新妻聖子
第3位 オペラ座の怪人(オペラ座の怪人) by岡幸二郎

私の好きなミュージカル俳優さんばかりだったので、ずいぶんと楽しめました!!年末にこんないいコンサート観られて幸せっ☆☆
[PR]

by mari-tak | 2005-12-31 16:30 | コンサート | Trackback | Comments(0)

Broadway Gala Concert 12/31 12:30~ ACT1

キャスト:石井一孝、今井清隆、浦井健治、鳳蘭、岡幸二郎、和音美桜(宝塚歌劇団)、霧矢大夢(宝塚歌劇団)、今拓哉、島田歌穂、玉野和紀、新妻聖子、前田美波里、マルシア
<2005年12/31~1/1 in東京国際フォーラム ホールC>
プレオーダーで当たってしまいました!!かなりうれしい☆新妻聖子さんに会えるのが嬉しいです♪歌穂さんにもまさか会えるなんて思いませんでした…!石井さん、今井さん、今さん、浦井さんも楽しみですぅ~!!

席:国際フォーラムC 2F6列目
行ってきましたよ~☆いっぱーいミュージカルの勉強をさせてもらいました!!国際フォーラムも2Fの観やすい席でよかったです☆以下、それぞれ歌った曲についてコメントさせていただきますね!

<曲目>
ACT1
①オン・ブロードウェイ(スモーキー・ジョーズ・カフェ)byALL CAST
キャストの皆さんが出てきて、‘キャ~!!’とミーハーなワタシ(笑)歌に合わせて、軽部アナと笠井アナによる1人1人の簡単な紹介紹介がありました。
②ダンシング・クイーン・メドレー(マンマ・ミーア!)by前田美波里
華やかでした!!最初から観客たちを引き込みます。手拍子に合わせて♪綺麗な足を出した美波里さんのスタイルにうっとり☆
③フォーティー・セカンド・ストリート(フォーティーセカンド・ストリート)by玉野和紀
玉野さんのタップは初めて拝見しましたが、すごいですねぇ~!タップの音が好き☆アステアに似てる?!でも歌は歌わず…。タップ・ショーって感じでした。
④ラック・ビー・ア・レイデイ(ガイズ&ドールズ)by霧矢大夢
宝塚の男役!って感じのキリッとかっこいい方でした!歌はまぁまぁかな。
アイ・フィール・プリティ(ウエスト・サイド・ストーリー)by和音美桜
かわいらしい方ですね☆ナタリー・ウッドを髣髴とさせるわ!日本語の歌詞でちょっとビックリしたけど(笑)ちょっと高音が細いかな。
トゥナイト(ウエスト・サイド・ストーリー) by霧矢大夢・和音美桜
霧矢大夢さんの歌ってる音程があっちゃこっちゃいってて分かりにくかったけれど、なじみのある曲だったので、聴いてて映画のトニーとマリアを思い出しちゃいました!
神よ何故?(ミス・サイゴン) by浦井健治
まだ発表されてないけれど、2007年に『ミス・サイゴン』をやるのでしょうか?浦井さんは井上さん路線の役柄が多いので、クリスそろそろくるんじゃないかと思ってました。歌は井上さんほど余韻が残らないけど、普通にうまかったです。
命をあげよう(ミス・サイゴン) by新妻聖子
ちょっと調子悪かったかな。声がこもり気味でした。でも、声のため方といい、キムらしい激しさといい、適度でマジ泣けました…!!この方のキムだけはまだ聞いてないんです…あー私のバカバカ!!今だったら、絶対彼女のキムしか選ばないわ~!!
オール・アイ・ケア・アバウト(シカゴ) by今拓哉
今さんお疲れ?!声がつぶれてた…!彼のジョンはかっこいいけどね!しかも、歌詞間違えた(笑)
ロキシーハート(シカゴ) by鳳蘭
美波里さんと同じく、スタイルにうっとり☆ロキシーハートを歌う前の語りが長すぎたかな。
ファースト・トランスフォーメーション~アライブ(ジキルとハイド) by石井一孝
プログラムにも書いてあったけど、彼はゆくゆくは『ジキル&ハイド』をやるつもりなのかしら?かなり力がこもってたし、コンサートであれだけ歌えるのにはホントに感動しました。英語なのがビビッたけど(笑)彼のジキハイかなり観たいです♪鹿賀さんとWキャストとかで!!
あんなひとが(ジキルとハイド) byマルシア
1番最近に観た舞台だったので、それを彼女が歌ってくれて嬉しかった!‘今回はルーシーとしてではなく、マルシアとして歌えた’そうです!それにしてものど強いなぁ~!!だって28日に楽迎えてからのコンサートですよ?!絶好調でした!
ソー・イン・ラブ(キス・ミー・ケイト) by今井清隆
今井さんの声はステキー!!『キス・ミー・ケイト』、是非観たいですね!!再演してくれないかな~。
アイ・アム・チェンジング(ドリームガールズ) by島田歌穂
ちょっと声出すのつらそうだったけれど、歌穂さんがステキがドレスでセクシーに歌ってくれました!美しい…!
ありのままの私(ラ・カージュ・オ・フォール) by岡幸二郎
何をしでかすかと思ったら、立派に女装して登場(笑)むっちゃ派手でしたが、声量は文句なし!レミゼ以来不調のイメージでしたが、すっかり治ったみたいですね。

☆1幕BEST3☆
第1位 命をあげよう(ミス・サイゴン) by新妻聖子
第2位 ファースト・トランスフォーメーション~アライブ(ジキルとハイド) by石井一孝
第3位 あんなひとが(ジキルとハイド) byマルシア

引き続きまして、2幕もupいたしますのでお楽しみに!!
[PR]

by mari-tak | 2005-12-31 16:22 | コンサート | Trackback | Comments(0)

レ・ミゼラブル 4/25 13:00~

信じられません!!東宝ナビザーブに登録しておいたら、何と千秋楽チケット当選してしまいました!!かなりラッキーですよね?!だってだって、私のひいきにしてるキャストが7人も入ってる上、ベストな組み合わせが多いんです(≧▽≦)このブログの「レミゼが終わって…」コーナーにある「☆my favorites☆」&「相性☆Good☆コンビ☆」という記事を見比べればすぐ分かります!!新妻×岡田の組み合わせ、岡田×剣持の組み合わせ、新妻×岡田×剣持の組み合わせ、岡田×東山の組み合わせ、駒田×森の組み合わせ、それに別所バルというのがにくい。
これは千秋楽だから、というより、私にとってベストなんです!!そこに、たまたま千秋楽がかぶったというラッキーな現象が重なったんですね♪ホント楽しみです~感動…☆レポ楽しみにしててくださいね~(^▽^)/
[PR]

by mari-tak | 2005-12-30 20:09 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(0)

レ・ミゼラブル(梅田芸術劇場)

まだ確定ではないんですが…初めて遠征観劇をしてみたいと思いまして。大阪旅行ついでに計画を立てております☆1回しか観られないんだし、どんなキャストでも文句は言いません!!12月に行くことは決定してるので、別所バルに会えないのは残念…。でも、冬休みに向けての楽しみができました!!

……と思っていたんですが、いろいろと忙しくなってしまって、実現しない感じになってきました…(><)ウーン、残念!4月(運が良ければ3月!)まで待ちますか…。
[PR]

by mari-tak | 2005-12-27 20:43 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(0)

レ・ミゼラブル(中日劇場)

キャスト:山口祐一郎・別所哲也・今井清隆・岡幸二郎・今拓哉・鈴木綜馬・ANZA・坂本真綾・新妻聖子・井料瑠美・シルビア・グラブ・剣持たまき・河野由佳・泉見洋平・岡田浩暉・藤岡正明・駒田一・コング桑田・佐藤正宏・瀬戸内美八・田中利花・森公美子・岸祐二・坂元健児・東山義久
<'063/1~26 in中日劇場>
う~む…行きたいけど、4月には帝劇でやるし…。でも、東京からそんな遠くないので、行くかも…。


と思っていたけれど、やっぱりいけそうにないです…。遠征って難しいものですね…。
[PR]

by mari-tak | 2005-12-21 23:59 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(0)

ジキル&ハイド'05 12/16ソワレ

キャスト:鹿賀丈史、マルシア、鈴木蘭々、石川禅、浜畑賢吉
突然の知念さんの降板…。残念ですが、鈴木蘭蘭さんに期待します!!いい席も取れたことだし…♪

席:日生A席2FA列中央
かなりいい席で観ることができました~♪この前も良かったんですけどね。
今日はもうすでに1回観ていたので、歌も展開もすんなりと耳に入ってきました☆このミュージカルはいい歌が多いですねっ!鹿賀さんと蘭々さんは少し疲れてるかなって思いましたが、舞台を経て着実に磨かれてきた感じ。鹿賀さんは、ジキルに生まれ変わる時のジキル笑いにいっそう拍車がかかっているので、‘行動に異常なし’と日記に書いてる時のかわいらしい(?)ハイド声とのギャップがかなりツボです(笑)客席もこの前よりだいぶわいてました。この役のためにいるんじゃないかってくらいピッタリの役で、演技もホントにしっかりしてますよね。蘭々さんはファルセットの切り替えがこの前より目立たなくなってました!それに、やっぱり彼女のすきとおるような高音と、控えめなエマの雰囲気が好きだなぁ~。マルシアさんはこの前より調子がよく声がめっちゃ出てた~!ルーシーって役を自分の持ち役として大事に演じてる気がします。レミゼのファンテより断然合います!!エマとルーシーの二重唱「その目に」は1番好きなナンバーです♪それと、禅さん!!彼はホントにすばらしい!!私のツボは、「真実を追えば」の時に着ているコートと帽子を、「婚約パーティー」のシーンに移るときに男の人に渡すところ!!あのさりげないしぐさが何ともいえないわ~(≧▽≦)きゅぅ~んときちゃいましたっ!!それと、ジキルが薬品を自分で試す前に、ジキルに向かって‘今夜はもう寝ろ’って言うところや、エマがジキルを心配して訪ねるときに、‘エマ、連絡する’って言うところなど、ポイントポイントで言うセリフが耳に残ります!アターソンという役を目立たないように、でもさりげなく舞台全体をカバーして演ずるのって簡単なようでとっても難しいこと。この舞台を観たことで、禅さんに思い入れが大きくなりました☆あんまりいけてないと思ってた『エリザベート再演・山口盤CD』は、禅さんの声が入ってるし、もう1度聴きなおそーっと!!
全体を通して、この舞台は特に1幕の歌のナンバーでいいのが揃ってて、2回観たことによって、ますます好きな歌が増えましたね~。観てよかったー!!
[PR]

by mari-tak | 2005-12-16 23:39 | ジキル&ハイド('05'07) | Trackback | Comments(0)

エレンディラ

キャスト:美波、中川晃教、白石加代子
演出:蜷川幸雄
<2006年10~12月>
アッキー初のストレートプレイ!!主役じゃないのが何で?って感じですが、ストレート初だからしょうがないかな。10月は舞台の予定がないので、是非東京でやってほしいですね☆
[PR]

by mari-tak | 2005-12-15 23:59 | stage information | Trackback | Comments(0)

ジキル&ハイド'05 12/7ソワレ

キャスト:鹿賀丈史、マルシア、鈴木蘭蘭、石川禅、浜畑賢吉 他
12/16まで何か待てなくて…。12月の後半は『Broadway Musical』も観ることですし、前半に観ておこうかなと思って、とっちゃいました☆この前『マイ・フェア~』観に行ったときに、帝劇にあるTVで『ジキル&ハイド』のVTRをやってたんですけど、なじみやすいメロディが多かったので、楽しめそうな気がします!!あ~早く観たい!!

席:日生A席2FC列中央
日生は帝劇に比べてずいぶんと小さい劇場でした。A席は全部2F なんですけど、充分よく見えるのが強み。かなりよい席でしたよ~。
内容の方はと言うと、この前観に行った『マイ・フェア・レディー』がストレートプレイっぽいミュージカルだったのに比べて、歌ばっかりだったイメージ。これが普通なんですよね!レミゼとかは確かに歌だけだもんなぁ~。
歌のナンバーは予想通り一発で気に入る曲がいっぱいありました。『時が来た』『仕事をするだけ』『この目に』など、ジッと見入ってしまいました!!
鹿賀さんは、ジキルを優しく、ハイドを激しく演じていました。特にハイドになってからがすごい。薬を服用してから、徐々にハイドになっていって、ウハハハ…って笑い出すとこなんかド迫力です。1幕の最後で、大司教様を殺しますが、倒れてる大司教様を全体重かけて踏んだり、いつの間にか火出してたり、驚きの連続でした!2幕では、ハイドがわめいたら男の人が(たぶん林アキラさんが演じていました)ショック死しちゃって、‘何もしないのに死んだ…’とかお茶目な発言してたのは面白かったです☆もちろんジキルとしての彼も良かったです。優しい性格のハイドは、エマを自分の身勝手な研究に巻き込ませたくないと思ってる。娼婦の館に行ってルーシーに出会ったときも、自分の名刺を律儀に渡したりなんかして、慕われちゃってるし。私としては、常にジキルでいてほしいけれど、ハイドが鹿賀さんには合ってると思いました。ジキルの時には穏やかなだけに窮屈な思いもいっぱいしただろうから、ハイドになると殻を破った感じ。ハイドがのりうつってから、折に触れてエマやルーシーにハイドの声を出しちゃって、ハッと我にかえるジキルが好き☆
マルシアさんは、歌もしぐさもセクシーでした!1幕はもっと声出んじゃない?って思いましたが、2幕はすごかったです!!日本語の発音が少し英語っぽくなるけれど、それがかえって娼婦らしさをかもし出しててツボでした☆例えば、'つまらなそうな顔して…退屈なショーだったってわけ?'っていうところなんか、かなりよいです!それに、マルシアさんにはVOZでお目にかかってますが、とにかく体がきれい!!ルーシー役はピッタリですね!ルーシーはレミゼで言うとエポニーヌみたいな役。舞台に登場して歌うのは30分以上経ってからで、終わりは舞台の終わる確か20分くらい前じゃないかな。でも、鮮烈な印象を残します。エポニーヌより歌は多いですしね。
鈴木蘭蘭さんは、透き通るような美声。ジキルを温かく見守るお嬢さんエマになりきってました。ただ、演技はとってつけたような台詞回しで、歌は高音になるとファルセットの切り替えがカチッと分かってしまうところもありました。でも、全体の印象はすごくよかったです!特に2幕の方がよかったです。ルーシーとの調和もきれいに取れてる感じ。回を重ねるごとに味の出てくる女優さんの気がします。次回にも期待!!
石川禅さんは、今回のイチオシ!!かなりよかったです~~!!今年はレミゼのマリウス役でお目にかかっただけで、エリザでは観なかったんだけれど、っていうのも、私は綜馬さんが大好きなので(しかも特にフランツの☆)、禅フランツがどんなに評判よくてもあんまり行く気がしなくて、あんまり彼の魅力が分からなかったんです(><)ごめんなさい!!禅さんはあんなに歌がうまいのに、ほとんどセリフばっかりなんです…。目立った歌といえば「仕事をするだけ」くらいのもの。でも、台詞回しも、とっても素敵だったし、ジキルの良き理解者って感じでまさにピッタリ☆歌「仕事をするだけ」も、この曲、4人が別々に歌うんですけど、基盤となるところを歌っていて、かなりやられましたわ~!!彼は次回もチェックですよ~~!!
浜畑賢吉さんは、娘エマを思い遣るあまり、義理の息子、そして娘の夫になるジキルに対して心配を隠せない。確かに研究第一みたいな男だからね…。でも、ジキルである時の彼はそれなりに誠実なんだけど。やっぱり心配ですよね。そんな感じのキャラが出ていて良かったです。
もう1回観に行く時はもっと余裕を持って堪能できる!!やっぱり劇は2回以上観るのがいいですね!その舞台をより深く知ることができるし。この舞台を観て『ジキル&ハイド』の話にすごく興味が持てましたよ!皆さんも是非劇場へ足を運んでくださいな!!
[PR]

by mari-tak | 2005-12-07 23:59 | ジキル&ハイド('05'07) | Trackback | Comments(0)

アンナ・カレーニナ '06

キャスト:一路真輝・井上芳雄・葛山信吾・小市慢太郎・新谷真弓・山路和弘
<'062/9~26 inル・テアトル銀座>
やはり一路&井上コンビは見ておくべきかな~って思います☆すっごい楽しみ~~ってわけでもないのですが…。 2人は恋人役?エリザでは親子だったのに…!!

ル・テアトルは行ったことないんですが、狭いのかな。チケット取るの結構大変でした(><)一路&井上コンビにまた会えるなんてビックリです☆春風さんも出ているので、楽しみです!
[PR]

by mari-tak | 2005-12-03 23:59 | 思いつくままに☆ | Trackback | Comments(2)

『M.A.(マリー・アントワネット)』

キャスト:山口祐一郎、石川禅、高嶋政宏、涼風真世、土居裕子、井上芳雄、新妻聖子、笹本玲奈<2006年11~12月 in帝国劇場>
何だ、何だ??もっと新人の集まりになるかと思ったら、いつもの面子じゃん!山口さんとか井上さんとか笹本さんとか、好きだよね~。東宝の好む人材がドンピシャって感じー。オリジナルミュージカルなので、観に行くことは行きますよ!
ひそかにキャスト楽しみにしてたんだけど、おなじみ過ぎて正直ちょっと期待外れだったな。新妻さんは出てくれてうれし~ですっ☆
しかも、せっかく『ミス・サイゴン』期待してたのに、帝劇では絶対無理だし、日生は場所が空いてるとしても、キャストが『M.A.』とかぶってるから、おそらくないでしょうね…。
あとは『十二夜』を残すのみ!もし東京でやらなかったら絶対中日行ってやる~~!!!
[PR]

by mari-tak | 2005-12-01 21:44 | stage information | Trackback | Comments(0)