カテゴリ:レベッカ( 6 )

完レポ★レベッカ ’10 5/20 18:30~

いやもぉたいっへん遅くなりました…!!!
みなさんお元気ですか?!?!って私か?!!ww
でも、私はどうにかこうにかやっています!
blogを全く更新せず、blog右側のScheduleのみ変更していただけにもかかわらず、こちらのblogまで来てくれた方々に感謝です…!!
8月からは舞台三昧の波がくるので、その前にずっと書きたかったレポを書きたいと思います。
…とその前に、ついでに近況報告しちゃいますねっ!!私はというと…アンサンブルさんのサイトからもう8~9月分のエリザは取っちゃいました!10月は今のところエリザ観劇予定はないのですが、大いに怪しいですww 一回は少なくとも観てしまいそう。。四季にもちょこちょこ出没していて、来月『美女と野獣』デビューします!!
ドキドキ楽しみ!!あっつい夏がやってきそうです!!その後はファントムと今回で最後…の感動!涙のマイ・フェア・レディー、そしてカード会社で取ったM!のいっくんヴァージョンが続きます。日程もしご一緒の方がいらっしゃいましたら、劇場でよろしくお願いいたしますね!!

【総括】
さ~て、本題に戻りましょうね!w
実は200回目公演!!!のレベッカを観てきました!!!(特にカテコイベントなかったけどーー)

月一ペースで行っていたレベッカもこの回がMY楽となってしまいました…涙 中日も行きたかったよーー!!あっという間だったなぁ~。もうちょっと観劇してもよかった気がするけど、東宝にはいろいろ感じることがあって、あまりチケット増やしすぎたくないのです…。でも、レベッカはかなり好みの作品に入るので、観るたび、あぁぁ観てよかった~~って思いますね!
今回は静かに完成された作品・今までの集大成って印象です。前回は皆さんの調子がいまひとつだったので、今回は落ち着きを取り戻してここまできた感じ。
ちひろちゃんのichの好印象っぷりにはますます磨きがかかってました。この役が事実上の軸となるので、どうしてもich頼みなところがあるんですよね。

【キャスト別感想】
山口祐一郎マキシム
前回よりはよかったです。独特の歌い方と手の動きはいつもちょっと気にはなるのですが、前回のレポでも書いた歌詞の切り方が気になる!ww 「凍りつく微笑」は毎回ちょっとツボに入ってしまいます!w それ以外にもこの曲ではすっごいガンガンに語ってて、ichもつられて勢いよくなってましたねw
でも、マキシム様、衣装の着こなしが素敵ですあれは、祐さんでないとできないファッションですよね。

大塚ちひろわたし
安心して観ていられました。ちょっと力みすぎてたところはあったけど。特に2幕の「凍りつく微笑」を発端に、「女は強くなる」も若干声のトーンが大きめだったかなって思いました。舞台は生き物だから、相手に応じて合わせて行かないといけないですものね。熱演!でした!!
毎回おんなじこと言ってる気がするけど、この役をここまで安定感を持って演じきれたことは、ちひろちゃんの大きな自信につながるはず。ちひろちゃんはblogで一度も自信を持ってできたことがなかった…というようなことを書いていましたが、自分の中のハードルがきっと高いんだろうな…。だから、「そんなの気にしなくて大丈夫。」という励ましは、かえって重いのかなって感じます。でも、私が観ていた回では、どの回も丁寧に演じているし、ロングラン公演でも喉をつぶすことがなく、何よりもやっつけ勝負になっていないところにすごく魅力を感じました。東宝キャストではめずらしいんじゃないかなって。勢いだけで、あんまり身の入ってない俳優さんて何人か思い当たるので…。一回一回にかける心のエネルギーがすごい。だからこそ、いろいろ思い悩むことも多いのかもって思いました。本当にお疲れ様。

シルビア・グラブダンヴァース
久々に観ました…チケットの関係でこんな楽近くに最初で最後のダンヴァースを観るという結果に…ww
元から演じてたというのに大変観るのが遅くなり申し訳ありません…って感じですw
今期は正統派ではなく、別のアプローチから役作りをした涼風ダンヴァースを先に観たので、正統派過ぎるシルビアダンヴァースは反対におもしろみに欠けるのかな?とも思ったのですが、そんなことは全然なかったです。ラストの高音はちょっと辛そうなときもありましたが、攻めの演技は飽きのこないド迫力ぶり。
ホントどちらのダンヴァースも好きでした!
ダンヴァースって、あそこまでレベッカに執着していながら、レベッカが死んでしまったタイミングで自殺しなかったのはなぜなんでしょうねー!

石川禅フランク
毎回おんなじこと言って申し訳ないのですが、ソロ「誠実と信頼」の適温というのかちょいゆるな感じのメロディーと禅さんがすごく似合ってますw
あと、「新しいミセス・ド・ウィンター」で‘フランク!’とichが言ったときに必要以上にビビるのがいつも謎なんですが、あれってやっぱりichが常識外れだっていうことなんでしょうか?!?!

吉野圭吾ファヴェル
ジュリアンからまったく信用されない男・ファヴェルw マキシムが人を殺した疑いをかけられていて、その有力情報をファヴェルが握っているにもかかわらず、ベンに対してちょっと嫌な感じであった部分を取り上げられ、‘恐喝こそ人間の恥ずべき罪だ’みたいなことまで言われちゃって…w 冷静に考えたら、マキシムもかなり綱渡り状態ですよね…。だって本当に殺しているんですから。結果的に厳密には殺したということではないですが、この時点ではマキシムは殺したと思っているんだから心臓バクバクもんですよw なのに、ベンの恐喝罪のが取り立てて言われちゃってるっていうのは、ファヴェルのひととなりとジュリアンの主観(笑)でしょうねー!

tekkanベン
はるパパベンも大好きでしたが、結構tekkanさんのベンも好きでした。
マキシムとichがハグしてるときの表情があれば完璧なのにな~って思いますが、あそこはtekkanさんなりの役作りの表情なのかも。よくわからないけど…っていう表情なのかもね。
今回ベンに関してかなりツボだったのが2幕の「行っちゃった」の直前なんですが、ファヴェルを先頭に皆さんで急げ急げ!みたいな感じでおどろおどろしい感じで踊るシーンなんですが、実はあの時ひっそりと後ろにベンがいるんです!!しかもベンらしさを失わないんだけどどこかアクティブな感じで手を振ってるのがかなりツボでした!!ww その後すぐ「行っちゃった」のシーンに何事もなく移ってるところがまたツボでしたw 変なところに着目してスミマセンww

阿部裕ジュリアン大佐
1幕の茶目っ気たっぷりな一面と2幕の厳格さがまるで別人のようです…。
阿部にぃは表情の豊かさが素敵ですよね。だから1幕と2幕の演じ分けもそれぞれの魅力があってすてきだなって思いますね。
KENTAROジャイルズ

KENTAROさんはかっこよく踊ってて欲しいですが、プリンシパルってdかえでうれしかったです!!っていうか、ジャベールおめでとうございます!!彼のジャベールは観たい!!

伊東弘美ベアトリス

姿勢がよくていらっしゃいますねー!!舞台の基本が身についていますよねー。言い方がおこがましいですが…。
1幕の突然亡くした妻はレベッカ♪の歌でアンサンブルとして歌っているのをMY楽で見つけちゃいました!!

寿ひずるヴァン・ホッパー
ファヴェルとかヘルベルトとかシカネーダーを観て、いつもこの役は吉野さんしかできない役だ!と思いますが、実はヴァン・ホッパーの役も寿さんしか思いつきませんね!噂好きの迫力マダムっていうか…。あの道徳の雰囲気は寿さんならでは!!

↓もう何ヶ月も経ってしまったのに読んでいただきありがとうございました!よろしかったらお願いします!!
d0034432_1022492.gif
[PR]

by mari-tak | 2010-09-23 17:43 | レベッカ | Trackback | Comments(0)

完レポ★レベッカ ’10 4/15 18:30~

帝劇初!!!行ってきました!!!

【総括】
中日劇場以来一ヶ月ぶりのレベッカ!!
初帝劇での観劇ですが、中日とあまり装置の変更はなかったです。劇場の大きさ同じくらいなのかしら??とりあえずシアクリよりは広いけどね。中日→帝劇での変更点は、もしかしたら変更じゃなくて元からだったかもしれないのですが、2幕ラストの方でコーンウェル駅でマキシムとichが再会するときのキス。あれって、確か中日まではキスじゃなくてハグのみだった気がするのですが…。勘違いかなぁ~?でも、気づくと思うんだけどな…。
あとは、前回言い忘れた変更点。この作品の最初と最後が後ろにあるドア付きのついたてのようなところからichとマキシム以外の皆さんが出てくるところ。あそこはついたてが前なかった気がします。

今回の公演は実は皆さんあまり調子が良くなかったです。作品として、歌として、そしてキャストとしても好きなんですけど、今回は舞台全体が負のオーラに見舞われてたような感じがしました(爆)ちひろちゃんや伊東さんがとちってしまったり、涼風さんがパワーアップしてるところもあるにはあるんですが、なんかイマイチ調子の出てない部分もあり…。祐さんはちょっと雑だったし。。

【キャスト別感想】
山口祐一郎マキシム
中日の時はよかったんだけどなぁぁ。やっぱり疲れてきてるのかしら??
もう以前よりは観ながらイライラすることは少なくなりましたが、ほとんど身の入っていない歌にちょっぴり残念な気持ちに。あまり声を張り上げなくてもいい「幸せの風景」とか、トートみたいなウィスパーヴォイスニなってましたw あの歌結構好きになってきてるのに(←既にCD聴きまくりでどっぷりw)。「神よなぜ」とか「凍りつく微笑」は結構棒読みっぽかったw プチツボは「凍りつく微笑」の‘あなたパパよ~ぉ凍りつくような♪’のくだりの部分w 拍子おかしい!!と一人ツッコミ!!もちろん相変わらずお若くてかっこいいんですけどね。。

大塚ちひろわたし
歌の安定性はどんどん増していて、完全にichになりきってます!mariの大好きな「永遠の瞬間」は今回いつもよりかなり泣いていて、もらい泣きしちゃいそうなくらい。ホントに一途にマキシムを愛しているんですね涙 ‘好きなときに会えるように瓶に詰めて♪’素敵な歌詞…!一回1幕の朝食のシーンで‘雇い主です’というところを特にとちったわけではないのにもう一回雇い主と言い直してました。最初の方のシーンだからかなりプレッシャーになるのでは?と思ったけど、その後は特に問題なかったです。2幕の「あれもこれも」も中日の時よりきれいに声が伸びてた!

涼風真世ダンヴァース
一ヶ月のうちにだいぶどすの利いた家政婦頭に変化しておりました。
勢いと凄みがより強くなり、ソロも恐怖感を覚えます。でも、涼風さんらしさはちょっと消えちゃったかな。でも、凍りつくような冷たい表情は不気味で、ゾクーーっとします。不気味ダンヴァース路線のが涼風さんの雰囲気に合ってます。ichに仮装舞踏会の提案をして、ichから‘二人だけの秘密よ’と言われたときの笑顔のあとのにらみとか…。いい顔しますよねw
たまにパワーダウンするところがチラホラ。最初の「レベッカ」(寝室で歌う波の音がレベッカ~~と聞こえる、とかいうちょっとこわめのレベッカねw)のイントロ部分はどうしたの?ってくらい弱弱しくて、あれは演技?…ではなさそうですよね。サビになると勢いが戻るんですけど、イントロ部分は音域が合わないのかしら。あと、ラストに事実を知ってうわぁぁってなって、歌う「レベッカ」(説明が悪いですねw)は高く転調しますが、中日でもそうでした画やパリ難しいみたいでかすれちゃってました。ダンヴァースって難しいですね!!
あ、あと、すごく前から気になるのですが、ichに対して‘何かございましたら内線で…’といいますが、内線ってあの時代あったの?!?!あったとしてもめちゃめちゃ違和感!w 例えばだけど、‘何かありましたらベルをお鳴らしください’とか‘ダイニングルームまでお越しください’とかのがよくないですか?!

石川禅フランク
ソロがいつも好きツボです~~!ichがいなくなってからの盛り上がり部分がよりいいです。歌詞はよく聴いてるとちょっとichがかわいそうな気もしますが(笑)、いいことは言ってますよね。いったいフランクは親友のマキシムからどのくらいレベッカの事をきいていたのでしょうか??外見や社交性はピカイチとほめますが、内面まで評価してる感じがあまりないので、どうなのかな~って。
でも、もう少しファヴェルのソロの時は静かにソファーを掃ってほしい。。1幕ラストの舞踏会の時もつい帽子かぶり間違えてわたわたしている禅さんに目がいってしまう(苦笑)

吉野圭吾ファヴェル
ちょっと調子悪かったかな?吉野さんご愛嬌。毎回公演半ば過ぎからのどが辛そうになるので、あまり心配はないと思いますが!動きがマネできないなぁって思います。弱き者・ベンに対してこわいとことか、愛人作って平気なとことか、ファヴェルは人として何かが欠けてますね。有力情報でも、ジュリアンがうなるのも無理ないです。。

tekkanベン
前回よりは演技がよくなっていました。相変わらずトータルテンボス大村さん…ww
マキシムが全てを告白してichと愛情を再度確かめ合うハグのシーンではフラフラ~~ときて去っていくので、もう少し笑うなり無邪気っぽさを出してほしいな。

阿部裕ジュリアン大佐
ジュリアンが舞踏会の時にヴァンホッパーに目をつけられているところで、マキシムの方を見て‘おいおい何てこと言ってくれちゃったんだよ’みたいな笑った呆れ顔するところがおもしろいです!そして、ファヴェルには不平等なほど厳しいジュリアンですww

KENTAROジャイルズ

ichがよほど見当違いだったのかしらね??1幕の最初の登場シーンの時に納得いってなさそうな顔するから。。KENTAROさんもかっこいい役から今回のヘタれのような役(でもない?)まで幅広いですね!

伊東弘美ベアトリス

1幕の親戚の歌の時、‘そしてもう一つ♪’という時のしぐさが親しみやすい感じで好きですww(←分かってくれる方いるかなぁww)ソロは前回より好きでしたが、ソロ直前の電話のセリフでとちってしまい、言い直してました。ichにひきひずられちゃったかも?!あんまり気にならないですけどね!

寿ひずるヴァン・ホッパー
めちゃくちゃ自分勝手なのにどうしても憎めない。ファヴェルは受け入れがたいけど、ヴァンホッパーは許せちゃう!まぁ、あくまでも善人だからそう思えるんでしょうけどね。マキシムやマンダレイの屋敷に行きたいがために、喜んで舞踏会に参加しに来る純粋さが好きですw

↓お待たせいたしました~~!よろしかったらお願いしますね♪♪
d0034432_1022492.gif
[PR]

by mari-tak | 2010-04-18 14:44 | レベッカ | Trackback | Comments(0)

完レポ★レベッカ ’10 3/14 12:00~

【総括】
大好きな大好きなレベッカの再演!!中日まで駆けつけてしまいましたw
再演までまだまだ先だと思ってたのに、あっという間にきてしまいましたね~!!
今回はヒッチコックの映画をついこの間観てから舞台に臨んだので比較しやすく、新たな楽しみ方ができました。
しかも、今回の公演、すごくよかったです!!始まったばかりなのに、あまり硬くなってなかったのでプロ根性感じました♪中日劇場とはいつも相性がいいんだ~♪
終演後はホワイトデーということで、禅さんと吉野さんと松澤さんによる、『チョコっとトークショー』まで観てきましたw
もち、CDも買っちゃいました!!

☆変更点☆
これ言い出すと結構キリがないんですけども…主要なのだけ。
060.gifセットがところどころ大きく、ドアも多くなり、キャストの皆さんのはけ方とかがだいぶ変わったこと。
060.gifわたしが絵を描いているところでマキシムが「幸せの風景」という新曲を歌うところ。あんまり必要ないかなぁと正直思ったw 淡々とした歌ですが、旋律は悪くはないですよ!CDにも入ってます♪
060.gif仮面舞踏会のみんなの衣装が赤とシルバーに統一されたこと。見やすくなりました!初演では阿部さんのジュリアンの衣装があまりにも威厳がなさ過ぎたので(オリンピックのつたの葉っぱみたいな冠と白のパジャマみたいな洋服w)、今回はそれなりによかったですw 1幕ラストでみんなでわたしの方向へ向かって迫っていくところも変更されました。
060.gif「夢の主役」で、ベアトリスがまだ来ないの~?みないなことをわたしに言うときに薄い幕の奥からノックするようになりました。効果的な装置!!
060.gif2幕「あれもこれも」でカーテンの奥にダンヴァースの後姿がチラッと見えているところ。
060.gif本物の火がラストに使われていること(毎日消防士さんが来てるそうですw)
060.gifエピローグの「夢に見るマンダレイ」ではマキシムのソロパートもあり、しかもかなりの歳月を経ている設定らしく、マキシムがジェーンエアのロチェスターばりに年老いていたことww これはかなり笑った!ww

【キャスト別感想】
山口祐一郎マキシム
今回は久々に初めて祐さんの舞台を観た頃を思い出しました。つまりキュンとするってことw 1幕序盤でキスするところとかヤバス!!笑 初演時はちょっとって思った回もありましたが今回の公演のマキシムは結構好きでした♪あまり独特なポーズの歌い方も気にならず。「神よなぜ」とかの時は癖が出てしまいますが、基本ハマれてます!すぐ怒るのが怖いですがw 祐さん、ホントわっかいなぁ!パイレートクイーンではダメだったけど、それなりの年齢の役をやるを観るとまったく年齢を感じさせない…。

大塚ちひろわたし
公演ごとにおんなじこと言ってる気がしますけど、着実に成長しています。ますます歌の安定感も出てきて。ソロもハーモニーも人の歌声を聞きながら歌っているのがすごく聞き心地がよいです♪
泣きすぎず、でも泣いているところが好きです!実は殺人っていえば殺人の話なんですけど(笑)、マキシムを守るために嫌味なく強い表情になるところがいいですね。
「永遠の瞬間」でマキシムが途中からわたしを観ているところが泣きツボ(あれっおかしい??w)!あぁぁ結ばれる~~ってなるの!!

涼風真世ダンヴァース
プロモーション映像を観ていたので、あんまり期待しないで行ったのですが、思ったより緻密なダンヴァース像ができていました。どちらかというとイメージはシルビアダンヴァースなんだけど、タイプの違うダンヴァースで、シルビアダンヴァースがないものを持っている。シルビアダンヴァースはとてつもない威力、わたしが悪夢で迫ってくる夢を見そうな雰囲気がある。一方で涼風ダンヴァースはいうなれば自己陶酔型ダンヴァース。レベッカ様への私の尽くし方は見事なものでしょう、という誇りが前面に出たダンヴァース。それはそれで狂気。わたしがヒヤッとするようなダンヴァースです。割れた陶器を頬に大事そうになでるところとか気味が悪い。歌よりセリフに凄みがありました。「何者にも負けない」では後半部分の盛り上がりの勢いがよかったです。

石川禅フランク
再演になってよりコミカル度が増しているような…!ファヴェルのソロの時とかがちょっとちょこまか動きすぎな感じがありました汗 フランクのソロは好きです~~♪

吉野圭吾ファヴェル
吉野さんの数あるキャラクターの中ではあまり個性のない役ではありますが、ソロ曲とか観ていると、動きのやわらかさとか、ペテン師っぽい雰囲気とかが、吉野さんにピタッとはまってくるなぁって思います♪

tekkanベン
うーーーん…ここは断然はるパパのが好きだなぁぁ。。サラーーっと流れちゃうんですよね、ベンという役柄が。特にヒッチコックの映画も観たあとだったので、ベンにはあくのつよさを求めます。無難に終わってしまうので、ベンの存在意義があまり見出せませんでした。
余談ですが、tekkanさんってトータルテンボスの大村さんにソックリですよねww

阿部裕ジュリアン大佐
初演も時にもレポリましたが、ヴァンホッパーにダンスのパートナーを申し込まれるところのビックリ加減が好きですw おおっみたいな!!

KENTAROジャイルズ

KENTAROさん、ダンス上手いからなぁ!この役もったいない!あのゴルフのシーンくらいしか踊らないですものね。あと、最初の登場シーンでフランス人形みたいな子だ、とichのことを予想してたらだいぶ印象が違うもんだから、曲のラストでん?って顔してベアトリスと顔を見合わせるんですね。そのシーンが印象的でした。

伊東弘美ベアトリス

ちょっと辛そうだったかな?でも、彼女の演じるベアトリス、説得力があるし、言いたいことは包み隠さず言っちゃうけど悪気はない、っていう性格がよく出ていて憎めなくって好きです!屋敷中安らぎの場がない中、彼女の存在は不可欠ですね!

寿ひずるヴァン・ホッパー
2幕の出番のないのがもったいない~~!TDVのレベッカみたい。作品も『レベッカ』だしw
レベッカの衣装を着てichが出てくる時に一人事情を知らずに手たたいちゃってる単純さが好きです笑 ちょっと大変そうだけど、ジュリアン大佐も気持ちに答えてあげたらいいんじゃないかと思いますww

↓お待たせしました~~!よろしかったらお願いします♪
d0034432_1022492.gif
[PR]

by mari-tak | 2010-04-12 00:31 | レベッカ | Trackback | Comments(4)

完レポ★レベッカ 6/24 18:30~(トークショー付☆)

レベッカMY楽でしたーー♪
3ヶ月もやってると、喉限界なんじゃないかなぁと思ってましたが、皆さんゴールが見えてきたようで、すごくいい演技してましたし、喉もつらそうな方はあまりいませんでした。トークショーで松澤さんが‘まだやれそうだよね’とちひちゃんとシルビアさんにふってたのもうなずけます!でもこれでまたあと1ヶ月追加公演します、とかになるとみんなまた大変になっちゃうと思うけどww

やっぱり好きだったな、この作品060.gif
感動したので熱烈アプローチのアンケートを書いたのですが、終演後回収BOXに出そうとしたら、私のだけでした笑 ちょっとはずかしぃ。。
2010年の再演、しかも帝劇なので、今度はドイツ版のように広く舞台を使うことができますよね!楽しみ053.gif


キャスト別感想は後ほど書きますが、簡単に。
ちひちゃんよかったです!とても6月までやってきたとは思えない!!演技もパワーアップしてるし、どんどんいい女優さんになってきてます♪かわいぃ!
シルビアさんは最初だけ大丈夫?っておもいましたが1幕中盤から大丈夫でした!
祐さんはちょいお疲れ?拍子がおかしかったり1箇所歌い忘れたりしてました。手は健在でしたw でも背高くていいなぁやっぱ!
寿さんは3回観て、わたしの同情指数がどんどん高まっているせいか、どんどん好きになってきちゃいましたww
はるパパは演技と表情がピカイチ!!伊東さんも力の抜け方ほどよいバランスで♪阿部さんは相変わらずの衣装w←こだわっているw 吉野さんははじけてましたね!ソロのときのラストにかけてのダンスが猿みたいに見えますww

そして歌のBESTを!!
1位003.gif「女は強くなる」
海外盤のときはダンヴァース&私の曲だと勘違いしていたこの一曲。そのときから好きで連打して聴いてましたw 日本版もステキでした♪やっぱり実際観ると違うよなぁ~演技も入ってるし、グット感情移入しますね。歌ってるときの2人のポーズがいいんです!

2位「レベッカ」(2幕序盤)
これも1位にしたいくらいなんですが…。だってテーマ曲だしっww この曲、舞台中に3回も歌われるので1回しか歌われない「女は強くなる」をちょっと上に持ってきましたw 2幕の私との全力対決が見物なのです♪

3位「誠実と信頼」
この曲も1位にしたいくらいなのですが…ww 旋律と盛り上がりがドンピシャなのです!これも舞台の一環としてみると感動倍増です!!「わたし」が去った後の盛り上がりがまたよいのです!!

4位「永遠の瞬間」
レミゼの「オンマイオウン」にしても、M!の「影を逃れて」にしても、ミュージカル上のソロ曲に注目しちゃうんですけど、この曲はその典型です。聴けば聴くほどスキ。歌というよりちゃんとストーリーになってる歌詞がまたいいです!!ラストにかけて微笑むマキシムの表情のオマケ付き!!w

5位「夢にみるマンダレイ」(1幕&2幕ともに)
このミュージカルのネタバレになるといっても過言ではない歌詞ww おぉ~だからプログラムにも歌詞いれてないんだなぁと思ってますw ちひちゃんの高音とピッタリです♪

6位「それは私よ」
自信を持った「私」がダンヴァースを反対に攻めていくこのナンバー(これだけきくとやな感じになりますがw)。日に日にシルビアさんがいけません!っていった後の叫びが悲痛になってる気がしましたw 掛け合う歌は勝手に歌いつつもハーモニーを保たなきゃいけないから難しいんですよね~!

7位「夜を越えて」(1幕)
最初2幕のほうがいいかも~って思ってここにもそう書いてたんですけど、1幕のケンカ後のときのほうがこの歌は好きです。潤みがちな感じで歌うほうが心に迫るものがあります。

結局BEST5にしてたのが増えてしまいました…ww 他にもあるのですが、これ以上書くと‘つまり全部すきなんでしょ?’と突っ込まれそうなのでこの辺にww

【キャスト別感想】
山口マキシム
ちょっと調子悪かったかな。でも、若いのでいいです(オイオイw)!
ソロのときの手の動きがっ!!笑 どうしても気になってしまう。。
セリフはたまにマネっこしてますw ‘恥を知れ恥を!!’とか‘やられた~~ぁ君をみくびってたよ~~’とかw(変ですか??w)

ちっひわたし
強い女性が今回はとても強調されていましたね。‘誰にもばれないわ’とかいうあたりのところで。マキシムも安心してましたね。ストーリーが読み取れました。歌の量が半端じゃないですが、ホントよく歌いこなしてるなぁと思います。1幕終わる直前の着替える歌ですが(みんなに見てほしい!とかいう曲です)、あれとか実はすごく難しい曲ですよね!もち、最初の曲とかもめちゃ緊張だと思いますし、「永遠の瞬間」もソロ曲では長いほうだと思います。オンマイオウンとかすぐ終わっちゃうきがするのですが、この曲はたっぷり感があります。影を逃れて、くらいのボリュームがあるなー!でもあれはラストコーラスはいるし。やっぱりわたし役、大変だと思う!!お疲れ様です、ちっひ!!

シルビアダンヴァース
最初だけあれれって思いましたが、すぐ本調子に!!やっぱりハマリ役ですよね♪観るたびごとに目のひん剥き度が高くなってる気がしますw 黒目がぜんぶみえるっ!!と感動してますw カトレア見ながらのソロは目をつぶってガラスに顔をすりつけるところがおぞましい…。マキシムと同様、ダンヴァースのセリフもよくまねしますw ‘ありがとう 送ってくれて’とか、‘お着替えの間…’とかww 皆さんどの辺のセリフか分かります??笑

禅フランク
「わたし」がフランクに相談しに行くとき(フランクがソロを歌う直前のフリスと話しているシーンです)に「わたし」が‘すみません…いいですか?’みたいなことを言った後のフランクの立ちあがり方がすごく勢いいいなぁとか思っちゃうのですけど、あれは「わたし」の気持ちを単に察したのか、それともフリスと話してるときはかなりくだけているから、「私」の前では毅然としていなくちゃと思ったのか…。なんかいっつもプチツボですw 歌は3位にも入れてるくらい大好きなので、聞きほれてました~ぁ♪

吉野ファヴェル
ファヴェルの髪のリーゼントぶりが『宝塚BOYS』とまったくかぶるのですがww 客観的には似た感じになりますね!!背広着てあんなに踊る人って観たことないかも。あ、大澄さんがWSで踊ってたっけ??でも珍しいのでなんか楽しかったですw 他のブログの方が書かれていたのですが、1幕の‘出てって ファヴェル’のときにレベッカのベッドに体を預けてるファヴェルですが、ダンヴァースが見ていない隙を狙ってガウンにキス(かもしかしたら香りをかいでるのかも?)のがファヴェルらしい笑

治田ベン
「行っちゃった」のパニックが激しめでしたね。
「凍りつく微笑」のラストの表情はどんなに前で観劇していてもオペラグラスでしっかり確認します!!すっごくいいんですものータイミングといい笑い加減といい…。はるパパ大好き!!
はるパパブログのベン分析、すごく納得でそぅかもそぅかも~って思いながら読みました。ベンに対する作りこみ方に感服です!!エリザも楽しみにしてますね♪♪

阿部ジュリアン大佐
衣装は最後まで笑いましたが(大いに失礼w)、阿部兄ぃのジュリアンはピリっとスパイスが効いてて最後までよかったです♪1幕ラストのヴァン・ホッパーをエスコートする歌のシーンでは、ハッハッハッ…オォォ!!とかいう声が好きでしたw 2幕後半はストーリーの展開を知っていると少々退屈なので、ジュリアン大佐の主観はいりまくりのマキシム擁護っぷりを楽しんでいました笑

KENTAROジャイルズ

プリンシパル昇格をひそかに喜んでいましたが、長い間アンサンブルさんということもあって、いい意味で空気のような存在でした。舞台を壊さず、大きな冒険はしませんがそれがまたジャイルズとしてはピッタリで。そんなKENTAROさんの魅力のとりこになってしまうのでした。

伊東ベアトリス

高音がつらそうなときもありましたが、今回は一番肩の力が抜けたいい感じのベアトリスのソロでした。やっぱなんかいいよなぁ、彼女の雰囲気!ベアトリスキャラにピッタリなんですもの。夫婦仲がうまくいってて、姉御みたいで、サッパリしてる。近くにこんな方がいると心強いと思いますねー。

寿ひずるヴァン・ホッパー
最後まで‘こっちみてぇぇぇ!!’の声が全力でした笑 マキシムになついてる姿も素では?と思わせるほどかわいいですw どさくさにまぎれてべったりなんだもんw 「アメリカン・ウーマン」もダイナミックでスキ!1幕のラストにふさわしいですよね!

【トークショー★】
ちっひ&シルビアさん
マンダレイの屋敷に来たゲストという設定で、松澤さんはフリスとしてトークショーの進行を務めます。でも、松澤さん、ちょっと要領悪いww その上結構きついことも言ってたしw ‘普段似てきちゃうところはありますか?’とか、‘怖くなってることろありますか?’などと言った難しい質問に2人ともちょっと困っちゃってる感じでした汗 ちっひーは1幕最初のいすに座って絵を描くシーンで、いすがうまく開かなくて空気いすをしていたことがあったそうです笑 シルビアさんは「レベッカ」の歌がごちゃごちゃになって、何回か歌詞を間違えたそうですw 途中から山田和也さんが出てきて、演出や演技面の話になり、興味深かったです。

レベッカ終わっちゃいましたねーー007.gif
でもまた再演あるし、あと2年我慢して待ちます!!
7月はシアタークリエは『デュエット』ですね060.gif久々のカズさんに初めてのチズさん、(←なんかゴロがよいですw)めっちゃ楽しみ~!!
……っとその前に、まずは帝劇の『ミス・サイゴン』でベトナムの世界に4年ぶりに浸ってきます♪

↓長々とレポをお読みいただきありがとうございます!!よろしかったらお願いします♪
d0034432_1022492.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-06-30 01:19 | レベッカ | Trackback | Comments(0)

完レポ★レベッカ 5/21 18:30~

一ヶ月ちょいぶりのレベッカです!!(下は写真撮らなかったのでブログTOPとおんなじですがww)
d0034432_22422879.jpg

【総括】
1ヶ月ちょいということで、そろそろ喉が…っていう箇所もいくつかありましたが、シングルキャストであそこまで完成度の高い舞台を観せていただけると12500円も安く感じ……ませんけどww でも、損はさせない舞台ですね!!
今回もみなさんよかったです!喉の調子がちょっと…ってたとえ思っても演技の肩の抜き具合とかで全くそれを意識させないのがよいです♪歌もいい曲ばっかりだし♪レミゼやミスサイゴンのようにほぼセリフがないので、ミュージカル大好きなmariにとってはうれしい限り!ですけど、2幕の中盤あたりは少し退屈。ファヴェルのソロが終わってからしばらく歌ないんですよねー!2回目以降は観ても、ミステリー性を感じないからだと思いますが。当たり前ですね。。
装置が程よくシンプルなのも好みです。あの小さい舞台にあれだけ表現できたのがすごい。前後二重構造の幕になってますね。
疑問なのは最初の‘あの日私は21歳♪’と「わたし」といってますが、いったい何年くらい経ったの??5年くらい?ハイスピードですねww
1幕ラストの仮面舞踏会に隠れて吉野さんと禅さんがいるらしいという噂を聞きつけたのでよく観てましたが、禅さんは船長みたいな(ピーターパンのフック船長を意識したの??)衣装でアッサリ発見(しかもこれからエリザで親子を演じる寿ヴァン・ホッパーのお相手をしてましたw)w ですが、吉野さんがみつからにゃい~~泣 で、ふと思ったのですが、仮面舞踏会の直前まで禅フランクは「誠実さと信頼」のソロなんです。なのに、仮面舞踏会ですぐさまあの衣装に着替えてるのはおかしい。でも、確か仮面舞踏会の最初から船長もどき(笑)はいるので、きっとあの最初の船長のみが吉野さんなのでわ?!だって、ほんとにいないのです~~それ以外は!!…と熱く語ってしまいましたww

【キャスト別感想】
山口祐一郎マキシム
いつもならまた声のトーン落としてる~とか思っちゃうのですけど、今回はマキシムという役柄上しょうがないですよね。。やはりちょっと演技面(というかソロ歌うときの手の位置?!ww)が笑えてしまうのですが(笑)、トレンチ姿がかっこよすぎるので目をつぶることにいたしましょう(←ダンヴァース風の口調で)ww

大塚ちひろわたし
前回言い忘れていたのですが、最初の頃は爪をかむ癖をもっているんですよね。徐々に自信が出てきて。演技にストーリーがあっていいです。「わたし」はホントこれでもかってくらい歌多いし、出てる時間も長いですけど、あんまりその大変さを感じさせないんですよねーちっひは。雑に演じないし、回数を重ねるごとにちょっとずつよくなっている。でも、ヒステリックに歌唱力だけにゆだねるわけではなくて、「わたし」という役に合わせた歌い方ができています。

シルビア・グラブダンヴァース
あまりにもダンヴァースのイメージピッタリなので、ちょっと自分の中ではツボキャラと化していますww どんだけ怖さが徹底してるか?!みたいな見方をしてしまう…ww まばたきしないし、常に上から見下ろしてる感じの視線だし(そうやって威嚇させつつ、実は目が乾かないようにしていたりしてww)。そんなダンヴァースですが、「何者にも負けない」のソロでは、結構失礼なことを言っています!‘よそよそしいカトレア 思えば(レベッカに)よく似ている♪’って!もちろんダンヴァースがいうからには褒め言葉でしょうが、実は冷たくあしらわれてたのでしょうか…??w ダンヴァースって、舞台観ててもわかるのですが、「わたし」がレベッカに到底及ばないことをやっかんでいるのであって、マキシムをとられたとかいういかにもドロドロの昼ドラっぽい話ではなく(笑)、もっと高次のお話ですよね~!あ、あと、ブログのトークイベントもおもしろいですよ~!!

石川禅フランク
大好きなソロ「誠実さと信頼」は「わたし」がいなくなってから歌に勢いが増しますネ!ちょっとマイクの音量違うんじゃ…とか思っちゃうくらいでした笑 あの歌好きー!!歌詞もいいです!プログラムにも歌詞載ってますよ♪あと、好きなところは海外盤でも好きなのですが、2幕の「炎のマンダレイ」のときの下の旋律を歌ってるところ!!通奏低音で流れてる感じが聴き心地いい♪1幕ラストの即効お着替えフック船長も必見!!

吉野圭吾ファヴェル
レポの前に……わーぁい053.gifまだ確定ネタかどうかは分からないのですが、おそらく『ダンスオブヴァンパイア』再演ほぼ決定です!!詳細はブログ右参照です♪ヘルちゃんにまた会える!!
今回は「持ちつ持たれつ」に吉野さんらしい動きが加わってよかった!2幕の盆の上のあのシーンは分かってはいたけど、やっぱりだまされやすいたたずまいでした…!!w あの歌って、吉野さんがめちゃくちゃセンターで最後歌っててビックリ!!1幕の舞踏会は出ていらっしゃらないのでしょうか~~??涙

治田敦ベン
はるパパの2幕の「凍りつく微笑」直後の表情がスッゴクすき!!うるってしちゃいます007.gifあんまり出番がないのに印象的。影のコーラスのときにベンとしてコーラスに参加してるところもいいですネ。

阿部裕ジュリアン大佐
ダンディですが、やっぱり舞踏会の衣装は~~~……ww ヴァン・ホッパーは絶対に彼の職業に惚れただけだと信じたい(ヴァン・ホッパーの性格からしてもね!)…ですけど、最初ちゃんと見た目から入ってたと思うので、あの衣装にも惹かれたのでしょうか…??笑 それと、2幕は客観的に物事を見る職業のはずが、めちゃめちゃマキシム側に入れ込んでるとこがツボですww ファヴェルの立場はどーなる?!w あ、あと、エリザはツェップスではないみたいです!塚田さんの役みたいです!大谷ツェップスは帝劇のみ続投(ちなみに地方公演はツェップスは上條コウさんw)!

KENTAROジャイルズ
フランスから来たんならフランス人形にそっくりだな~と、根拠のない発言ww メガネ姿のKENTAROさんもステキです!

伊東弘美ベアトリス
MYお気に入り!!「わたし」が突然机の下から出てきたときに‘アラ 何でそんなとこにいるの? ま、いいわ よろしく’みたいなアッサリした会話の流れが好きですw 電話直後のソロも好き!勢いがあって、一瞬ダンヴァースっぽい♪高音が難しい曲ですよね~!2幕の「わたし」とのデュエットは歌ももちろん好きだけど、「わたし」を暖かく見つめる表情がすごく好き!


寿ひずるヴァン・ホッパー
なんでだろう、ヴァン・ホッパーってどうみてもいい人じゃないのに、憎めない…笑 仮面舞踏会での「わたし」の唯一の招待客(笑)!!すごくワックワクでドレスを新調して舞踏会に来ているのが分かるから、どっかで同情しちゃってるのかもしれませんw

↓レポ遅くなってゴメンナサイ汗 よろしかったらお願いいたします060.gifダンスオブヴァンパイアに乾杯♪♪
d0034432_051158.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-06-02 00:19 | レベッカ | Trackback | Comments(4)

完レポ★レベッカ 4/15 18:30~

念願かなっての公演、レベッカ!一週間前に夢にまで観たほど楽しみにしていました。
d0034432_23301624.jpg

【総括】
いやぁ、よかった!!!
間違いなくBEST5入りを果たせそうです072.gif072.gif
久々に東宝の再演抜きにしていい舞台を観たーー016.gif
一番いいと思ったのはちゃんとその人ピッタリの配役だったこと。
すごく考えられてます~!ただ人気俳優を出しましたーって感じじゃないのがいいです!
それに、もちろん歌もたっぷり楽しませてもらえたし、ダンスもあるし、キャストの皆さんがあんまり多くないのでみんながみんなやりがいを持ってやってる感じ。
内容はミステリー仕立てですが、mariは原作も映画も観ずに観に行ったのでかなり入り込みましたw でも、内容を知ってる方も、普通に楽しめます!むしろミステリー性を楽しむより、他の事で楽しめてお腹いっぱいです~!
『ウェディング・シンガー』に比べると、日本語訳はなかなかいい感じ。でもいくつかん?っていうのもあります。特に2幕中盤にある「ミセス・ド・ウィンターは私!」は、「MRS. de Winter bin ich!」の方がゴロはいいですよね。でも、直訳するとそうするしかなかったのかな。

キャストはホント皆さんよかったのですけど、ちっひーの「わたし」があの量の歌を無理なくこなしてるのにはかなり感動でした!!役作りも、ただ気の強いだけの女性じゃなく、徐々に内面から強くなっていく「わたし」がちっひーにピッタリで、静かに感動を呼びました。

シルビアさんのダンヴァースもピッタリなんですよ、これがww 海外版聴いてたときからシルビアさんしかいない!と思わせた役。やはりそのとおり!‘レ~ベーーーーーッカーーーー♪’があの音域できれいに伸ばせるのは彼女しかいないですね!!

あとは伊東弘美さんのペアトリスと寿ひずるのヴァン・ホッパーがいい感じ♪いい存在感♪
女は強し、な舞台ですね笑
男性陣で特によかったのは治田さん!!

【キャスト別感想】
山口祐一郎マキシム
かなり抑えた役。久々じゃないでしょうかっ??最近コロレドだの、衝撃的バルジャンだの(笑)、クロロックにしてもみんなかっこいぃって感じの役じゃやなかったので、mariが舞台を好きになった頃(風と共に~の山祐バトラーが舞台と山口さんを好きになったきっかけなのです)を思い出しました。あの姿でスーツはいけませんっ!!ww コートも着ちゃいけませんっ!!www 観てた席が5列目だったのでちょっとやばかったですw NHKの「女神の恋」とか思い出しちゃいましたっ!!なのですが…台詞回しがなぁ~んというか…独特すぎるんですよね~。変なところでセリフ切るし、とってつけたようなしゃべり方。変なときに感情をぐんと盛り上げたしゃべり方をするので流れが途切れる感じ。マキシム役は客観的には完璧なのですが、静かな役は山口さんにとって難関ですねー。歌うときの仁王立ち&手の振りも健在でした笑

大塚ちひろわたし
総括にも書きましたが、ちっひーはこの役ピッタリなんです。東宝でいろんな作品に出演している彼女ですから、またこのキャストかとも思われた方もいらっしゃると思います。ですが、最初の身よりもお金もない垢抜けない女性をわざとらしくなく演じ、その後徐々に強くなってゆくさまがスッと伝わってくるんです。サラもそんな感じでしたよね。ほわ~んとしてるけど、内面はすごくしっかりもの。むしろアルフレートよりもしっかりしてるくらいw それに、歌が多いのでいっぱいいっぱいになって当然だと思うのに、あまりそのような感じがないので、常時安心してみていられます。2幕もダンヴァースとの絡みで涙も出していました。これから3ヶ月、喉との戦いはあると思いますが、「わたし」という役をもっともっと自分のものにして成長していって欲しいです!ちっひーを観て、ちゃんと考えてキャスティングしてるんだなぁと感心。たまにとりあえずチケット売れることだけ考えてて考えられてないキャスティングの舞台もありますしね。。

シルビア・グラブダンヴァース
何気に最初から後ろセンターで歌っておりますが(その時点で怖いw)、彼女の華々しい(?)登場は「新しいミセス・ド・ウィンター」。ハネムーンを終えた二人が屋敷に戻ってくるあの歌です。この歌は海外版でも歌だけでめちゃめちゃ怖かったのですが、まったくもってイメージ通りのダンヴァース!!目もすわってますし、ずーっと黒の服。あれは喪服ってわけじゃないんですよね?レベッカが亡くなったときから彼女だけ時間が止まっちゃってるみたいな。違うかな。「わたし」がもうミセス・ド・ウィンターなのに彼女一人だけ「奥さま」としかいわない。ミセス・ド・ウィンターは彼女の中では一人しかいないんでしょうね。その呼び名は一貫してて、レベッカにすごく忠誠を誓っていたんだなぁと思いました。何度か歌われる「レベッカ」も聴き心地いい~~♪♪‘レベーーーッカーーーー愛されてたーー♪’耳に残ってます。他には、mariが特に怖い!と思ったポイントは(笑)「新しい~」の直後のガラス張りの入れ物に入ったカトレアの花をみながら顔を斜め45度傾けて歌う圧巻ソロと2幕の「わたし」のソロ直後です。是非まだ未見の方も注目くださいませ~♪
あ、あと、あのキューピットの置物の仕組みが知りたいですw

石川禅フランク
出番がホント少ないですが、久々にいい人の禅さんを観ました!ジャベールの印象が強すぎて(しかもあまり好みのジャベではなかった)。ルイとかマリウスは善人ですけどねw やっぱりこういう禅さんのが禅さんらしいー!海外盤のときから「誠実さと信頼」(独名:Ehrlichkeit Und Vertrauen)の歌のよさには注目してたのできっと禅さんの声ならピッタリと思ってました~

吉野圭吾ファヴェル
前は親子だったのに…(注:ダンスオブ~)笑 今度はマキシムに煙たがられる役なんて…!2幕中盤のソロは吉野さんの持ち味が生かされたダンスで楽しめますが、舞台のテイストが静かなのであんまりはじけきれず…って感じはしました。ソロのラスト、ソファーの上でちょっとバランス崩しちゃってましたww 吉野さんらしさはあるのですけどヘルちゃんやシカちゃんを観ているとちょっと物足りないかも。まぁかといって、あのノリでこられたらビビりますがw 2幕序盤の盆の上で登場するときはだまされましたw 詳しくはご覧になってくださいね!

治田敦ベン
男性陣で今回一番のHITはるパパのブログ観てるときから役作りをすご~く練り込んでいたのできっといいベンを演じてくださるのだろうと思っていましたが予想通り!!海外盤(←何度も言及してゴメンナサイ汗 聞いてない方は意味分からないですよね…)を聴いてるときから‘もしかしたらこの独特な歌い方は知的障害の役なのかな?’と思っていました。海外盤の方もうまいって事ですよね!はるパパのベンは感情の起伏が激しく、歌もかすれたような感じにしていました。はるパパのブログ、かなり更新してるので、ベンで注目した方もご覧になるといいかもしれませんよ~。
もし不適切な文がありましたら申し訳ありません。

阿部裕ジュリアン大佐
最初ヒゲ面のダンディな方は誰??と思ったら阿部様でしたww 阿部さんたら、結構踊ってるし~!ゴルフウェア(何という名前か分からないw)のハイソ姿もステキ!でもでも、1幕でヴァン・ホッパーと踊るとき、え…なんでこのかぶりものなの?って感じでw ちょっとビックリでした!衣裳も自由の女神の男版みたい笑 1幕はそこそこコミカル路線でジュリアンが大佐(判事)ということはすっかり頭から消えてたくらいですが(オイオイw)、2幕はピリっとなりますね!この配役もピッタリ!!何で阿部さんがジュリアンなのかすごく選んだ方の気持ちが分かりますね~。
そんな阿部さんの次回の出演作は何と『エリザベート』!!姉とも予想してたのですが、おそらくツェップスなのでは(もとは大谷さんがやられていた役。大谷さん、最近忙しそうなのでw)??めちゃくちゃうれしぃ~大注目です♪

KENTAROジャイルズ
ウェディング・シンガーに引き続き(WSでは徳垣友子しゃん♪)、ご贔屓アンサンブルさんのプリンシパル昇格です♪なんかうれしぃですねーっ!伊東さんのペアトリスと明るいナイスカップルぶりを披露してくださいましたっ!

伊東弘美ベアトリス
女性陣は結構どの方もmariはお気に入りだったので、HIT!!とかはないのですが、あえていうならばやはり伊東さん!1幕も2幕も結構見せ場があるんですけど、確実というか、舞台を上品に締められるんですよね。「女を強くする~♪」の歌はCDのときから大好きだったのでウキウキモードで聴きましたっ↑(←でも、CD聴いてるときはドイツ語で何だかよく分からなくって、これはきっとダンヴァースと「わたし」のデュエットだと勘違いしてたのは秘密ですww)この歌のラストでちっひの「わたし」の手を強く握って走っていく姿が印象的!!「わたし」の強い味方です!

寿ひずるヴァン・ホッパー
こんなに出番のある方だとは思いませんでしたww 1幕の最初なんか出ずっぱりだし、存在感大アリだし!!マキシムを大声で呼ぶときなんか、キャー喉大丈夫~~??とコチラが心配してしまうほど!ヴァン・ホッパー自身は悪い人じゃないですけど、キャラ的にはあんまりいい人ではないですよね…。ダンヴァースが怖すぎるので消えちゃってますが、実は結構わがままですw 1幕ラストのソロでは、「わたしはアメリカン・ウーマン!!♪」とかっこよく歌い上げて颯爽と去っていくという場面を勝手に妄想してたのですが(笑)、ちょっと(いや、だいぶ?w)違いましたww 阿部ジュリアンとの絡みに注目!!です!!動きながら(しかも階段上り下りしてたし!)あの声はすごいなぁ!
なのですが、、2幕…っていませんよね?!もったいない!

↓よろしかったらお願いいたしまぁ~す♪
d0034432_104787.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-04-15 23:29 | レベッカ | Trackback | Comments(6)