カテゴリ:ファントム( 2 )

完レポ★ファントム '10 11/16 19:00~

前回に引き続き大盛況のファントム、観に行ってきましたーー!!

d0034432_9423499.jpg

↑イルミネーションの奥に大沢ファントム登場~~!!

【総括】
初演の時からあまり好きな方の作品ではないのですが、何曲か耳馴染みのいい曲もあったので、ファイナルだし…と思って思い切って観ることに。
初演同様、チケ取り大変だったし、会場もめちゃくちゃ混んでた…。
残念だったのは、前回ほどよい出来栄えではなかったこと。大沢たかおさんの熱さは変わらず、というよりは前回より上り調子な感じがあったのですが、杏クリスティーヌがあまりに…という感じなので、集中して観られませんでした。完全に樹里カルロッタの勝利だよ!!ファントム耳悪いんじゃないの?!みたいな感じでしたw かわいさはあるけど、それにしてもいくつか腑に落ちない点があったので、キャスト別感想にて書きますね…。それと、3幕構成というのがすごーく引っかかりました。一回で十分でしょ。しかも終演時刻が22:30…。せめて18:30始まりの21:30終演にしてほしい。明らかに3幕にしたからこうなったんじゃ…。
アンサンブルさんは角川さんや佐々木さんが目を引きますね!!どこにいてもうまいし動きがよく、自然です。多恵ちゃんが今回でなかったのは残念。前回姿月さんの歌が2幕に母の声として登場してたはずなんですが、今回はなくなってましたね。

【キャスト別感想】
大沢たかおファントム(エリック)
大沢さん好きにはたまらないですね、きっとw 熱い熱いエリックです。TITANICの松岡さんのように、この役への思い入れがこんなにもストレートに伝わってくるなんて。
クリスティーヌとシャンドンが結ばれて、笑いながら去っていったあとにぬぼって花束持って登場したときは心底悲しくなった…。ラストは、派手なリアクションが必要なのか疑問ですが(笑)大沢さんが演じているから大きな見せ場を作りたかったのかもしれないですね。初演ではゲラールの伊藤ヨタロウさんに感情移入してしまって、勢いに圧倒されてましたが、今回冷静に観ているとあの激しさはいらないかも、と思ってしまったw

杏クリスティーン・ダエー
残念なクリスティーヌでしたね…。かわいい雰囲気はまだいいとしても、歌が聴けるレベルじゃなかった…。
ファルセットの切り替えってここまで聴こえるもんなんだーみたいな素人レベル。2幕辺りからは観てる側が慣れたのか、杏ちゃんが慣れてきたのかわかりませんが徐々に和らいできましたが。
杏クリスティーヌの何がいけないかというのは、歌だけならまだよいのですが、発声方法とクリスティーヌの演じ方のアプローチですね。発声方法は、ミュージカル特有の発声でなくて、だみ声というか出すことのできる勢いだけで声を出している感じ。あれじゃあ喉をつぶしてしまいますし、きこえもすごく悪いです。そして演じ方ですが、クリスティーヌって特別な声の持ち主で、やっぱり少しは上品であって欲しいんですよね。声だけじゃなくって、振る舞いも。なんですけど、杏クリスティーヌはまるで普通の女の子。シャンドンの'君は歌手になりたいのか?'の問いかけに'す--っげーなりたいです(すっごーーいとすっげーーの中間くらいの発音)'みたいな感じで返してたのにはかなり違和感を感じました。ファントムが普通の人間ぽい弱さをもっているキャラクターで通しているので、それに合わせているのかなぁ。それにしても、にじみ出る気品が全くないんですよねー。しゃべらないとまだいいんだけど…。

古川雄大フィリップ・シャンドン
いでたちだけならかっこいいのかもしれないですが……。←こればっかw
演技が硬過ぎるし、歌もいまいち。それを補正してくれればいいけど、相手役は何を隠そう杏のクリスティーヌ…。心からファントムの愛を応援しましたw もう少し普通に演じられる人をこの役につけられないものだろうか…。海宝さんのほうも観てみたかった…。

樹里咲穂カルロッタ
彼女が一番目当てだったりしますw 完全にカルロッタの勝利~~って感じの舞台に終わってましたねw
下品なテイストで歌い上げられるのがまたすごい。前回の大西カルロッタのオペラ調もカルロッタらしさが出ていて好きでしたが、樹里カルロッタは下品さや意地悪な感じがにじみ出つつも、どこかチャーミングなんです!樹里さんの魅力と雰囲気で独特の憎めないカルロッタ像を作り出してくれたのでしょう。そのせいでカルロッタが容赦なく殺されてしまうときは、ダンナに感情移入してしまった…。

篠井英介ゲラール・キャリエール
伊藤ヨタロウさんのゲラールが大好きだったので、続投されなくて残念~~!
ラストはすごく泣けたはずなのですが、あのタ-ザンみたいなパフォーマンスも二度目だったので、ちょっとさめてしまって、今回は泣けなかった…。篠井さんは淡々とした感情を押し殺したような演技はゲラールらしいのですが、ファントムがどうしようもなくった窮地に立たされたときに、何が何でもお前を守る…!!みたいな必死さまでは伝わってこなくて、篠井さんの演技が下手とかじゃないんですけど、あまり乱れないので最初から最後まで波のない印象でした。

↓大変遅くなって申し訳ないです~!!よろしかったらお願いします♪♪
d0034432_18145989.gif
[PR]

by mari-tak | 2011-01-27 23:01 | ファントム | Trackback | Comments(0)

完レポ★ファントム 2/14 19:00~

『タンビエットの唄』の足でそのままマチソワ!!ちょっとお尻痛いですw
1幕・2幕ともに1時間20分、休憩は15分です。
めちゃめちゃ大盛況で、立見席も満席!!
d0034432_0391491.jpg


またまたレポかなり遅くなってしまいましたー( p_q)
キャスト別感想、よろしかったらご覧くださいませー072.gif
あ、あと関係ないですが、ブログコメントもなかなか返せずごめんなさい!!このレポ後にレスいたしますので、これからもどしどしコメントくださいませ!!ww

【総括】
流れが悪い…。もうちょっと構成考えてー!!特に2幕が退屈です。。
話が単体というか、流れが切れるんですよね。
それに、客席使いすぎで(っていうかいったん客席使うと長い)、2F席のmariにはまったくもって見えませんでしたー。
あ、でもあの地下へ下る装置はすごいなぁと思いました!!
ネタバレはあんまりしませんが、結構ビックリな3Dっぽさも体感できる箇所がありますw 詳しくお伝えできないのが残念。。
歌は、アンサンブルさんが歌う曲はいい曲ですww(それどうなのかって感じですがw)
大沢たかおさんは上背があって、初ミュージカルとは思えないですが、歌のレベルはエリザの内野トートみたいな感じかな。徳永えりさんは、高音は出ていてかわいい声ですが、訓練不足か高音のロングトーンができなかったり、いきなり不安定になります。演技もちょっと大げさ。「静」の演技を学んだ方がいいかも。でも、初ミューの割には健闘かなっ。ルカスさんは…あの、絶対彼は歌とか演技とかすごい方なのは分かっているのですが、日本語が拙すぎて、何言ってるのか観て理解するしかないのがつらかったです笑 あれだけ話せてるだけでもすごいのですが、舞台で見せるまでにはまだまだかな~って。パクさんは観ないですが、パクさんの方が言葉で理解できると思うので無難だと思います。今回よかったのはゲラール・キャリエール役の伊藤ヨタロウさん。プリンシパルで一番いい味出してました!!アンサンブルさんは2幕ほとんど出てきません。浦壁多恵ちゃんや荒木さん、角川さん、阿部よしつぐさん(今度は舞台上で観ましたよ!)中心に観てました。荒木さんが結構目立ちます。次が角川さん。多恵ちゃんは角川さんとダンスペアーです!かわいい!舞台上手に注目してみてください!!

【キャスト別感想】
大沢たかおファントム(エリック)
艶っぽいファントムですね~笑 ファントムかっこいいじゃん、と初めて思えました!今まで『オペラ座の怪人』を映画や舞台で観てきましたが、ファントムってどの方もだいたいうまくて素敵なんですけど、どうしても自分の秩序に凝り固まっちゃってるし(地下のくせに結構装飾品豪華なもの持ってるしねw)、やっぱりちょっと変人なんですよねーw 大沢ファントムもおかしいっちゃおかしいですが(笑)、この舞台がファントムの出生に視点を当てていたので 、納得できる部分はありました。大沢さんの歌ですが、あまりビックリはしませんでしたが、ファントムのソロで感動したかというと、ちょっと疑問符がついてしまうかな。でも、まぁ歌が全てじゃないですし。ラストのアクション(?)にビビってしまいました!あ、あとラストで仮面とったら顔そのまんまでメイク(ファントム用の)してなかったのはまた違った衝撃でしたw

徳永えりクリスティーン・ダエー
うぅん、若い!クリスティーンのイメージじゃないなぁ。「若い割りに大人びてて上品な女性」っていうのがクリスティーン像の気がするので。「見たまんまの何も分からない小娘」みたいになっちゃってました。歌は、高音出てますし声もキレイですが、歌いきらず(歌いきれず、かな)にプチっと切ってしまったり、肝心なところで高音が出きれずに失敗に終わるパターンが多かったのは残念でした。ファントムに‘トレーニングをつけたほうがいいだろう’と言われたとき、あ、わざわざへたっぴに演じてたの?!と思いましたが、トレーニング後も変わらず…(爆)もとからなんだなぁと思いましたw 演技は、特に2幕が中心になります。2幕の最初の方は歌がほとんどないので。でも、ただ叫んでいるような感じでちょっと苦手でした。。あと、これは演出の関係だと思うのですが、今までで一番ファントムに「愛」を感じました。
厳しいこといいましたが、まだまだこれからですよね!がんばってください!‘メロディメロディ~♪’


ルカス・ペルマンフィリップ・シャンドン
かっこよすぎて、もう観られただけでも幸せですが、やはり日本語が…。彼だけ母国語って言うわけにはいかなかったのかなぁ。って無理ですよねーw でも、せっかくしゃべらなければ素敵なのに~~って悔しくなりました。日本語の拙さもありますが、声が小さいってのもありますね。クリスティ-ンに対しては義務でスキって言ってるような印象を受けました。日本語がいっぱいいっぱいだったからだと思うなぁ。パクさんも観たかった!!

大西ユカリカルロッタ
演歌っぽいですね!ユカリカルロッタのややかすれる感じがかえって聴き心地よかったりします。

伊藤ヨタロウゲラール・キャリエール
すごくよかったですーー!!この方、初めて観たのですが、どんな方かも全く知らず…。なんか一人いい目立ち方してるなぁと思って観ていました。もとのストーリー全然知らないで今回観たのでヨタロウさんのやられてる役がどんなポジションなのかももちろん知りませんでした。もともとめっちゃ泣かせツボのキャラクターなのに、魅力的なヨタロウさんがやられるから感動倍増!!『ファントム』自体はそこまで楽しい!と思える舞台ではありませんでしたが、2幕結構泣けましたもの。注目していきたいです!

姿月あさとベラドゥーヴァ(映像出演)
この方もややかすれ気味でしたね。何で姿月さんにオファーがかかったのか、経緯を聞いてみたいものですww

↓大変遅くなって申し訳ないです~!!よろしかったらお願いします♪♪
d0034432_18145989.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-02-24 18:15 | ファントム | Trackback | Comments(6)