カテゴリ:タンビエットの唄( 1 )

完レポ★タンビエットの唄 2/14 14:00~

行って来ましたーー!!

大変長らくお待たせいたしました!!まずはタンビエットのキャスト別感想を追加いたしましたのでよろしかったらご覧ください!!
d0034432_034292.jpg

【総括】
評判がよかったので、とても楽しみにしていました。
歴史上忘れてはいけないベトナム戦争がテーマ。
目を背けてはいけないけれど、やっぱり直視はできないつらいお話です…。
でも、お涙ちょうだいというような押し付けがましさはなく、ボロ泣きするというよりは目がウルウルする感じでした。
再演ものだからというわけではないと思いますが、ストーリーもしっかりとしていて、初演も観たかったなぁと思いました。
久々に客席を使わず、舞台装置もそこまで派手じゃなく、単純な正統のミュージカルを観ましたねー。本来舞台って、客席とちょっと距離あるものですよね。そこらへんがしっかりしてて。その点も好印象でした。
アンサンブルさんも含めた出演者全員の団結力、演技、ダンスのすばらしさに感動!
初演からほとんどキャストが一新したみたいですが、まったくそんなことを感じさせない完成度の高さでした。
ホント皆さんよかったのですが、あえて挙げるならば土居裕子さん、安寿ミラさん、宮川浩さん、駒田一さんあたりでしょうかね。

~flowers~056.gif
hiroちゃん、島田さんと吉野さん、M!つながりですねー!!ほほえましぃ!紫吹さんと吉野さんは何のつながりだろ~??
d0034432_23592247.jpg

d0034432_2359468.jpg

d0034432_002791.jpg

浦井くんシリーズww 律儀です!!
d0034432_005991.jpg

d0034432_013518.jpg

d0034432_021249.jpg


終演後、阿部よしつぐさん発見!!よしつぐさんは、mariがソワレで観に行く『ファントム』に出演されているので、同じルートで青山劇場に向かったのかと思うと笑えますww

【キャスト別感想】
安寿ミラフェイ
安寿さんは初見でしたが、とっても魅力的な女優さんで一発でお気に入り女優さんになりました。背が高くて、歌に安定感があり、戦争をじかに経験して傷を負っている他の人々とは違った意味で心に傷を負ったフェイという女性を凛と演じきっていました。
本当のことを言ってしまえば、フェイという女性はあまり感情移入できなかったのです。。自分の姉を探すためにひょこっとイギリスから来て、次々と会う人会う人に当時の思い出を語らせようとするなんて。あまりに残酷で…。ミンの態度を見て態度でかいなぁとか思いましたが、徐々にそのつっぱってることの意味も分かってきて…。でも、安寿さんの存在で作品がすごく上品にまとまっていたので、作品を観終わるころにはフェイがちょっぴり好きになった気がします。

土居裕子ティエン
土居さんは完全にこの舞台の泣かせツボ役ですねww ティエンという役は土居さんのためにあるみたい!アニエスのときにも感じたやさしいけど厳しくもある、いい意味での説得的口調がすごく好きです。ティエンはホントに強い女性だなぁ。安寿さんとのデュエットの美しさにもホレボレしちゃいました…。もともと好きでしたが、これからももっともっと注目していきたい女優さんです!

畠中洋トアン
ボソボソっと話してるのによく聞こえるんですよねー。舞台向きの俳優さんです。トアンは性格ゆえか、それとも戦後の暮らしが中でも一番まともであったからなのかは分かりませんが、もっともフェイに対して柔和ですね。周りがとっくの昔に捨てた夢や希望をわずかながらも持っていたというのも影響してるのかも。

吉野圭吾ハイン
ホント、さまざまな役になれちゃう方ですよねー!ちょっと前まではシカネーダで派手派手華やかだったのに、今回は一変して医者になる夢を持つまじめな青年。『屋根の上の~』のときの役に似ているかも!1幕でみんなが夢を語るシーンは泣けますよね。。2幕が彼の見せ場です!!
吉野さんは『レベッカ』、そして『宝塚BOYS』と観る作品が続きますので、彼の変化を楽しみに舞台へ足を運ぼうと思います♪

宮川浩ミン
かっこいいぃぃ!!宮川さんを観るたびにどんどんとりこになってる私。演技も歌声も何から何まで魅力的です053.gifストライドに通じる役柄だけど、今回はただそうしているんじゃなくってちゃんと理由があってのこと。先ほどフェイのところにも書きましたが、決して癒えることのない傷を負っていて。宮川さんは頻繁に「ちょっといやみな男」を演じますが(しかも好演ゆえ、かっこいいけど好きになりきれない!)、今回は初めて感情移入できました。

駒田一ビン/ビック
駒田さんは二役演じておられますが、どちらも俳優の鏡って感じがします。彼みたいな方ほど脇を固めている役柄が多かったりするんですよね。だからこそその経験によっていい演技がにじみ出るというか。あそこまで嫌味なくビック役を演じきれるのはすごいなぁ。ビン役のピュアさもかわいい。ピュアだったからこそ、どん底に落ちたときの落胆ぶりが生きます。

戸井勝海ゴク
一番印象薄かったかも~。このキャストガそろっちゃうとしょうがないのかな。でも決して悪いとか言うわけではなくって。現在のゴクはハマリ過ぎててちょっと笑いましたw

アンサンブルさんもみんなよかったんですよー!!皆さんやりがいを持って一回一回演じてるんだろうなぁ。アンサンブルさんが無駄づかい(って言うと語弊があるかもしれませんが)されていないなって思いました。

↓お待たせしました!よろしかったらお願いいたします060.gif
d0034432_0351833.gif
[PR]

by mari-tak | 2008-02-23 00:39 | タンビエットの唄 | Trackback | Comments(5)