完レポ★マイ・フェア・レディー 4/18 12:00~

【総括】
マイフェア観に行ってきましたよ~~♪♪最初っからネタバレっぽいのでお許しを。。
実は今回で再演3回目となるマイフェア観劇。舞台自体は4回観ていますが、2005年の帝劇公演、2007年の神奈川県民ホール、2009年の帝劇公演と3再演目って感じですね!
このキャストでのマイフェアも長いですが、まったく飽きのこないキャスティング。皆さんが心の余裕と集中力、緊張感をバランスよく持って演じられていて、安心感があります。何よりわたし、この作品、めっちゃ泣きツボなのですww え~~~?!?!って感じですよね笑 1幕でうまく発音ができるようになった時なんか、イライザとともに泣いてますし涙 一番の泣きツボは2幕ラスト!!‘イライザか…?僕のスリッパはどこへ行った?’といって帽子を深々とかぶるシーン…!あそこ大好きなシーンですヽ(→∀←)ノキュゥ~~ンとします!!前よりイライザもヒギンズもお互い気になってるけどその気持ちをうまく伝えられない~っていう歯がゆさがクリアに演じられていたように思います。もう気になってるっていう気持ちバレバレじゃん?って客観的に観てると言いたくなります笑
変更点としては、「運が良けりゃ」でうるさい!と文句を言う女たちが2階部分で文句を言うようになりました(めっちゃ細かいw)。
注目の新キャスト、モト冬樹ドゥーリトルは貫禄という点では上條ドゥーリトルまではいかないのですが、セリフが聞き取りやすく、細身なのにピッタリ!!ドゥーリトルは酒飲みなのでお腹が出てるイメージがありますが、いい意味で裏切ってくれた感じです!歌もなかなかいけますっもう一人の新キャスト、姜暢雄フレディは滑舌がちょっとカミカミで、演技が固く、歌も思ったよりは大丈夫でしたが盛り上がりにかけては迫力が落ちます。
今回の喜びは春風ピアス夫人が戻ってきてくれたこと!!前回はMA公演で出演されなかったので、カムバックして頂けてホントにうれしいです!!やっぱりこの役は彼女しかいないですよね!!
アンサンブルで一番好きな方は板垣さん!!「ラブリー」の最初のソロ部分を担当しています。板垣さんはタイタニックやミス・サイゴンでもすぐ歌ってる時に分かるくらいお上手で、いつも注目しています!
あとは後ほどキャスト別感想にて。

【キャスト別感想】
大地真央イライザ
大地イライザは‘エンリー・イギンズ’の発音の時(笑)の発音がすごく明快になりました。一人の女性として扱われたいのに、自分が思いを寄せる男性はまったくそれに気づかない幼稚な男。その悲哀がよく表れていました。2幕の「あなたなしで」では、演歌風に伸ばす歌い方はなくなりましたね~。あそこ結構好きでしたw
「ラブリー」や「踊り明かせたら」などのソロナンバーもいいですが、大地さんの発音へのこだわりや動き、微妙な演技の変化から、イライザにかける思いがすごくすごく伝わってきて…。しばらくは絶対他のキャストでやって欲しくない役です!

石井一孝ヒギンズ
どんどん幼稚になってますねぇww ヒギンズらしくなってるというか…。イライザが家出してからイライザを想う気持ちが目に見えるように大きくなっているのが伝わってきます。それまでは気づいてなかったんでしょうかね~??イライザは明らかに好きな感じなのに…。歌声もステキですカズさんの歌声好きです♪

羽場裕一ピッカリング
再演を重ねるごとに余裕があるように見えます。今回はコミカル路線?!台詞回しがところどころそんな感じでした!イライザに対する態度がまさにヒギンズと裏表で、お二人ともお上手なので、お互いのキャラクターがうま~く浮き彫りになっていますね。

モト冬樹ドゥーリトル
総括にも書きましたが、いい意味で裏切ってくれました!上條ドゥーリトルがあまりにもドゥーリトルのイメージそのもの過ぎて、なぜこんなにも印象の変わる人を配役にしたんだろう??となぞだったので、「運が良けりゃ」の一連のくだりを観ていて、お、これは安心できるかもって思いました。セリフに関しては上條ドゥーリトルよりも聞き取りやすく、気づけばドゥーリトルの生き様を真剣に聞いちゃってましたw 「結婚式の鐘」で一回拍手があって、また歌いだしますよね?あそこの一回拍手終わったところでまたちょっと泣けてしまいます~~!まぁ、あそこは泣かせポイントでもありますよね。もち、一番泣けるのははラストの…(←聞いてないって?笑)。

姜暢雄フレディ
さわやかぁって感じの青年ですね!柑橘系みたいな(意味不明w)。歌は盛り上がりに欠けての不安定さは、ソロを一曲背負う「フレディ」という役には力不足ですが、思ったより歌えるのがビックリ。語尾が震えたりとかしません?姜フレディにはそれがまったくなかったので(でも、盛り上がりに欠けては不安定になるの。なんかフシギw)、不快ではなかったです。応援したくなる感じ。彼の場合、あとは滑舌の問題もありますね。まだクリアじゃなくてろれつが回りきれてない気がします。どっちかっていうと、歌の不安定さよりそれのが気になってしまいました。

春風ひとみピアス夫人
お帰りなさい!!カムバックしていただけてうれしいです♪春風ピアスさんの厳しいけど思いやりがあるところがハマリ役なんです!イライザが汚いからいやだということもなく、真っ先に責任を持つべきだと心配する。ご主人様のヒギンズが言っていることの言いなりになるのではなく、考えて判断している。そういうところが春風さん演じるピアスさんの魅力。

草村礼子ヒギンズ夫人
彼女の周りにはゆったりとした時間が流れているように思います。彼女の前に出たらヒギンズもただの子どもw アスコット競馬では、ヒギンズがイライザに対してこのような教育を施していることを聞いて、‘ヒギンズ、私は今とても怒っているのよ’というところ、まったくとげとげしくなくていいですね~!しかも、イライザのこと気に入っちゃうし!ヒギンズとの絡みもツボ多いです(特に2幕のヒギンズ夫人宅でのやりとり)!ヒギンズが動揺して紅茶にたくさん入れた砂糖を一瞬あきれ顔で見たのがおもしろかったですw

藤木孝ゾルタン・カーパシー
ホント出演時間短いですが、もうTITANICを観てしまった今、悪人にしか見えませんww 実際、ペテンぽい感じの役ですしね。イライザとめちゃくちゃダンスしたそうですが、あんまり気に留めてもらってないところがウケますw でもその後にイライザが‘ゾルタンに言語学を教えてもらう’だか何だかいってたので、イライザは結構ゾルタンお気に入りなの?と思ってしまいましたw まぁ、あれはヒギンズの気を引くだけのためだったかもしれないけどね。

後は、総括にも書きましたが、板垣さんうますぎでした!!一番光ってた感じがします!「ラブリィ」がきれいなハーモニーなのは彼のおかげ!

↓よろしかったらお願いします!
d0034432_1255583.gif
[PR]

by mari-tak | 2009-05-05 21:00 | マイフェアレディー('05~'09) | Trackback(2) | Comments(0)

トラックバックURL : http://mali.exblog.jp/tb/9624469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 英検1級合格者が教える英.. at 2009-04-21 18:30
タイトル : バイリンガル(同時2ヶ国語)能力と感覚を身に付ける英語学習法
所要時間  : 約27分(実践の作業等時間含む)  使用ツール : MP3音声ファイル(DAY5)、マニュアル(DAY5)  ■注意■ DAY5の音声は全て英語となります。  何も緊張する事はありません。既に英語脳に近づいているので、今までの何十倍もスムーズに ...... more
Tracked from 英検1級合格者が教える英.. at 2009-04-26 15:25
タイトル : 英語をネイティブみたいに発音するための勉強法
■発音・スピーキング編■  特に日本人にはF、R などの発音が無く、余りにもこれに集中しすぎで、Hの発音までF、Lの発音までRに  してしまう日本人がとにかく多いですね。でも、これもしょうが無いことです。  「ネイティブみたいに発音したい!」その気持ちが先走りしているのです。  そして一番の間違い・・・・   「外国人といっぱい話す事が英語上達...... more