完レポ☆モーツァルト!アッキー4回目! '07 12/20 17:45~

めっちゃ遅くなりましたが、20日ソワレレポです!!
行ってきましたー!アッキーに会いに!!
d0034432_2172277.jpg

【総括】
皆さん、ちょっとお疲れモード到来?!笑
まぁここまでくるとしょうがないか。今回2回公演だし。。
何度もいうけれど、作品自体が好きなのでベースはとてもHAPPYです
ハプニングがいくつか。まずは「全てがイカサマ」で、コンスタンツェについて聞きたそうにしているヴォルフにセシリアが割り込んで‘ウィーンではどこに泊まっているの?’というセリフですが、うまく降りられなかったのか、砂川さんの立ち位置が問題あったのかよく観ていなかったのですが、そのセリフが言えず、一瞬沈黙。あそこは絶妙なタイミングを強いられるので、一瞬え??ってびっくりしちゃいました!どうしたんでしょ??その後からちょっとずつ舞台全体のムードがくずれていきますw お次は「このままのあなた」の直前のヴォルフがヴォルフの世界でしか意味のわからないようなことをぺらぺらしゃべってコンスにやめて!っといわれるシーン。そのセリフの中で‘権力を持ってるやつと才能を持っているやつがいて~’っていう言葉があるのですが(前者はもちろんコロレド、後者はヴォルフ自身ですよね)、‘体力を持ってるやつと才能を持っているやつがいて~’になっちゃってましたw そうなるとだいぶストーリーが変わってきますよねww その上さらにもう一つ。「このままのあなた」では、あまりに風車でおかしな遊びをしすぎて(ブゥゥーーーンブゥゥーーーンみたいなことを言いながら風車を回しているんですw)、hiroコンスがとうとうワンフレーズ歌えなくなってしまってましたww その前にもチューしようとして(徳垣ゾフィー風にw)、コンスにさらっと交わされてて…w もぅ、アッキーったら天真爛漫すぎですw そういうところがまたアッキーらしくて好きなのですが

【キャスト別感想】
中川晃教ヴォルフガング
日を重ねるごとにどんどんヴォルフ化する傾向の激しいアッキー。総括でもはっちゃけぶりの一部を紹介しましたが(笑)、アッキーは演じ方が考えて作りこんでいるのと、感覚で演じているところがあって、その融合で魅力的なヴォルフを作り出しているように思いますね。考えすぎも感覚的すぎもNGですが、アッキーはそのバランスがすごくいいです。だからスキです
1幕の冒頭から中盤まではまだ声が本調子じゃなかったですが、シャウトはいつもより多めw 「マトモな家庭」では、前から思ってたのですが、花を何本か片手に持ってヴォルフは登場しますよね。あれは今回からかなぁ。あの時コンスに対する態度がスキですコンスも一目惚れっぽいところがキュートです!「並みの男じゃない」から「このままのあなた」にかけてははっちゃけ全開!!阿知波さんがセリフをワンテンポ遅れるというプチミスをしたので、その直後にセリフを言うアッキーとしては少しびっくりしたはず、でも、難なくクリアしてました。が、そこからはっちゃけやんちゃスイッチが入った感じw コンスにチューするときも目つぶってるからコンスがしっかり交わしてましたw 「このままのあなた」では、コンスのいうセリフそのまんま。‘♪大人じゃないけどはじけてる’‘♪やんちゃなの’、そうですよね~まんまヴォルフだーって思いました!hiroコンスも演技がどんどんいい意味で慣れてきているから掛け合いもバッチリですよね。
2幕は「愛していれば~」からしばらくわざとボタンを掛け違えて自分のことに構う余裕のない一人の男へ。初日に観たときは間違ってるの?!って思いましたが、毎回そうなのでわざと演出してるんですよね~。アッキーはジャージといい(笑)、洋服にこだわりを持って役作りしているようですね!!「借金の手紙」では、訪問してくるセシリアたちに‘何の用?’とカーディガンを着ながら応対するコンスですが、その時にアッキーヴォルフは背中をなでなでしてて、カーディガンを着てるときも後ろのめくれたところをなおすなどして着るのをさりげなく手伝っていて、あ、夫婦っぽいって思いましたポイントアップデス↑↑「父への悔悟」で錯乱したあとに‘外の空気を吸ってくる’という前回のレポでも言った例のシーンですが、何と、コンスを抱きしめるのをやめたんです!!そのほうが絶対いい!!コンスが待ってヴォルフガング!という意味も出てくると思いませんか?!「何故愛せないの」もよかった!でも、今回一番よかったのは「音楽の泉」かな!シャウトが私好みだった!!
あと1回、かみ締めて観ます!!

田澤アマデ
アッキーヴォルフ専属のアマデ(らしいですよ!ちなみに野本アマデはヨッシーヴォルフ専属。真嶋アマデは両方ともだそうです)。ちっちゃいなぁ~!アッキーが小さめだからかな。確かに野本アマデは大きいし。田澤アマデはまだ「人は忘れる」で箱を閉めるのが早かったり、「影を逃れて」で手をあげるのが低めだったりと完全なアマデではないですが、うるさすぎなくていいかも。

hiroコンスタンツェ
間の取り方がよくなってきています!歌で悲哀さが読み取れるし。「ダンスはやめられない」もいつも楽しみ。‘引っ込み思案 目立つのが嫌いな少女♪’直前にシャンパングラスでバラを落として、羽織っていたコートを脱ぎ、椅子にかけるときが好きです。始まる始まるー!!って思いながら観てます。

山口祐一郎コロレド大司教
今回も前回に引き続きよかったです。前より丁寧になっている気がします。あまりご不浄シーンでも変なこと言わないし。バレエ選手みたいな変な動きはしてましたがw

市村正親レオポルト
またまた元気がないですね~。2回公演なんだよなぁと彼を観て感じてしまった汗 好きな箇所がいくつかあるので、相変わらず泣けましたが。やっぱり2幕の「ウィーン~」がスキだなぁ。あとはファントムの仮面かぶってる時w 「プリンスは~」ではヴォルフ宛に書いた手紙を最後に破ってました。

涼風真世ヴァルトシュテッテン
演技の硬さはないのですが、声質と歌い方がやはりあまりヴァルトじゃないんだよなぁ。扇子の使い方はめちゃ一流なのですがw 今回は星金もあまりよくなかったです。「ここはウィーン」では後半の方での‘彼は天才よ 揺るぎはしないわ~♪’での突然の地声にも戸惑います。周りとは少し距離のある威厳のある女性であって欲しいです。

【アンサンブル】
砂川直人トーアヴァルトに今回はありえないくらいツボに入っちゃいました笑 だって、「全てはイカサマ」のラストで熊のかぶりものをかぶってから四足で退散しかけたと思ったら、横になってごろ~~んって一回転したんですwww あまりにもとっぴな行動にめっちゃ笑ってしまいましたw 徳垣友子ゾフィーやまぐちあきこヨゼファーが「全てはイカサマ」の時にやるシャム双生児ですが、あれは前回のBelleヨゼファーのときのが上手だった気がします、というか、動きが前回より大雑把に指導されている気がします。こまか~いことなんですが、ねじ巻き人形のふりしてるコンスのねじを巻く時、2005年ver.は2巻きするのを2人で分担していたのですが、今回は1巻きになってしまったんですよね~。

とうとう明日はアッキーヴォルフ千秋楽……涙涙素敵なクリスマスイブになるでしょう♪

↓遅くなってゴメンナサイ。。よろしかったら、お願いいたしま~す♪
d0034432_223895.gif
[PR]

by mari-tak | 2007-12-23 17:38 | モーツァルト!('05'07) | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://mali.exblog.jp/tb/6764019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヌヌ at 2007-12-23 21:12 x
お久しぶりです!!
まだマイペースなままですが、少しずつ復活していきますので、これからもよろしくお願いします♪
っという事ですっかり舞台からも遠ざかっていたので沢山のレポ楽しく読ませもらいました∬* ̄▽)ρ~♪M!もとうとう、観れなかったんですよね。。。なので初参戦組みの方のレポはとっても貴重でした!!
他にもALL SHOOK UPやらテイクオフやら、あぁ~この作品もやってたんだなぁ~っとすっかり浦島太郎状態でしたけど(爆)
ちなみに大澄さんとシルビアさんは2003年にサタデーナイトフィーバーっという作品で共演されてるのでそのつながりだと思いますよ☆他にも純名さんやら安崎さんやら治田さんやらのプリンシパルの他に、谷口さん、西村さん、清野さん、トートダンサーズの人(すみません。名前が:汗)も出演されてましたよ~!!
Commented by JUNJI at 2007-12-24 00:07 x
田澤アマデがアッキーヴォルフ専属とは知りませんでした。この組み合わせ好きだったなぁ。
アマデ単独では真嶋アマデが一番良かったですね。
いよいよ明日ですね。
Commented by mari-tak at 2007-12-24 03:44
ヌヌさん☆お久しぶりデス♪お元気ですか~ヽ(*´∀`)ノ♬??
M!はかなり主観入りまくりで偏りがすごい上に、細かいレポになっちゃってるので読みづらいと思いますが(汗)、読んでいただけてうれしぃです♡特に新生キャストに関しては少しでも参考になればと思います♪テイクオフはちょっと…なところもありましたが、ALL SHOOK UPは岡田さんの新たな魅力に迫ることができてよかったです(笑)
大澄さんとシルビアさんは結構共演されてるんですねぇー!しかもサタデーナイトフィーバーってすごく豪華キャストですね(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪観たかったですぅ涙 舞台に本気ではまったのが2004年くらいからなので作品自体知りませんでした。。
わたしもブログにまたお邪魔しますね☆
Commented by mari-tak at 2007-12-24 03:47
JUNJIさん、そうなんですよー!そのことを知ってから、自分の観た回のキャストスケジュールの写真を見返してみたら、確かに真嶋アマデ以外はどちらかのヴォルフとしかやってないんですよね。最近まで気づかなかったです!真嶋アマデ、同感です!単独だと一番鬼気迫って好きです☆田澤アマデも最近好きです!明日楽しみですねーっ♪♪