エリザベート ’12 5/19 17:30~

エリザ観劇してまいりました!!!

d0034432_2045448.jpg


【総括】
久しぶりの観劇!!しかもエリザベート!!毎回キャストは変更していき、そのたび一喜一憂するのですが、この舞台を観る前はやはり毎回高揚感に包まれますね!!
観劇キャストを考えた結果、大好きな岡田さんは問答無用で決定ですが、トートはマテ・カマラストートをチョイス城田トートがいないのは残念~~~!!!石丸トートは前回粘着質過ぎてあまり好みに合わず、祐様トートは動きが……なので、初の日本人ではないトートを選んでみましたー!!
結果、大成功!!!!!すっごくいいキャストで観劇できてよかったなぁと思いました♪♪いやぁ、マテ様美しい!!日本語は完璧ではありませんが、あまり違和感がない!!相当練習したんだなぁと思うと感動ですね!以前公式サイトの歌唱披露の動画を観て正直心配だったのですが(笑)岡田フランツも私が好きな綜馬さんよりのフランツ像でそれでいて岡田さんらしいオリジナルなフランツも垣間見え、素敵でした!!春野シシィは声量ありますし、幼少時代もわざとらしくないのですが、終始元気すぎて憂いの表情が足りないのが残念。でも、全体的にアンサンブルさんたちも完成度が高く、ストレスなく気持ちよく観劇できたな~!!詳しくは個別レポしますね!!
変更点を忘れないうちにいくつか。今回は結構ありましたね。日々変化を続けるエリザです。時系列でいくと、まずはトートの初登場シーンでマックスが捌けないww めっちゃ細かいですがw 今まではフォーメーションが変わるときにさりげなく舞台上手に去って行っていたのですが、ルキーニに着替えさせてもらって「パパみたいに」に繋げる演出に変わりました。「不幸の始まり」のエリザみたいですね。次に、「ママ、何処なの」で‘猫を殺した~♪’と剣をトートに向けるチビルドの剣を受け取り、その剣でチビルドを突いて死の世界へ迎えようとするトートのくだりはなくなり、双頭の鷲の描かれた旗の入ったおもちゃのピストルをチビルドがトートに向けて撃つ演出へ変更。その後ピストルがトートに渡った後はやはり狙い撃とうとするトート。おもちゃのピストルかと思ったら、旗が抜けたら本物のピストルなのか~?!?!ww 次に、コルフ島の「パパみたいに(リプライズ)」では、以前はベンチがあって紙とペンも置いてあったと思うのですが、今回はスターレイが紙とペンを渡してましたね。その後も今まではパパは舞台下からせりあがってきたのですが舞台奥から歩いて登場。その上、髪の色を老けさせ、白髪にして銃も背負って登場。今まではシシィと歌っているときに触れることはなかったし、シシィも顔を見ることはなく、夢うつつで歌っているような演出でしたが、今回はしっかり肩を組んで歌ってましたねw あそこは前回の演出のほうがよかったなぁ。パパがシシィに触れようとしてハッとしたようにやめて去っていくところが好きだったのですがその辺の描写も今回は一切ありませんでした。あの白髪も私的には風と共に去りぬのジェラルド・オハラにしか見えなくてツボに入ってしまいましたwww あとは「マイヤーリンク」のトートとのキスシーン。これはチビルドのシーンともリンクしているのですが、あの時のピストルと同じピストルを出し、ルドルフから自発的にキスするような体勢に変わりました。自ら死を選ぶルドルフという演出への変更ですね。以前のトートがピストルを渡すという演出も結局はルドルフの心の中のこと(解釈間違ってたらすみません…)なわけだから、そういう意味ではどちらの演出でもいいとは思うのですが、ミュージカルで見せるとなると明快でわかりやすいと思いました!

【キャスト別感想】
春野寿美礼シシィ
全体的に元気なシシィなので、幼少時代が結構しっくりきていました。このシーンはいつも発声等々が厳しいと思うことが多いのですが、今回はあまりそう感じませんでした。声量はあるので聴いていて気持ちいいのですが、その反面いつでも声が大きめで声の動きによる情感がいまひとつ。時折がなり声をあげる部分もあり雑に聴こえてしまうので、出ない部分のメロディーはファルセットを使用してもよかったのでは?と思います。後はもう少し悲劇の皇后を演じてほしいな。「皇后の義務」でゾフィーに対しても満面の笑みだったり、「私だけに」もすっごい笑顔で歌ってたので違和感を感じてしまいました…w 今後、演じていくうえで深みを増した春野さんらしいシシィを作っていただきたいなと思います。偉そうな言い方ですみません…。2幕の「魂の自由」の表情や歌はよかったです!

マテ・カマラストート
d0034432_2016319.jpg

ほりが深くて素敵!←当たり前w ハンガリー人で4か国語も話せるロック歌手さんなんですよね~!(下調べ済みw)感心しちゃいましたーー!日本語が流暢かというとそれはまだまだ課題だと思うのですが、いやいやすごく頑張っていますよ、マテトート!!あの公式サイトの動画とは比べ物になりません!!台詞は難しい箇所もありますが、歌はかなり日本語の正しい発音に近い!!歌い方はロック調でかなり自分流にアレンジして歌っています。城田トートと武田トートの中間色みたいなトートですが、全体を通すと武田トートに一番近いかな。よく動きます!闇が広がるでは棒をピューって降りてくるし!!ルドルフと踊るときにくるってターンするときも美しい…!!シシィに固執するトートの表情は真剣そのものなところもかっこいい。舞台慣れしているようなので、いい意味で豪快ですね。2幕の「エーヤン」では馬車に鞭を当てようとしたらタイミングが合わず馬車の方が先に動き出してしまってバランスを崩し、Oh!と手を付き少しはにかみ笑いしたマテさん。そのほんの一瞬素に戻った感じにホッとしちゃいました。あとこれは私の聞き違いかもしれないのですが、「闇が広がる(リプライズ)」で、‘闇が広がる~人は何も知らない♪’が最初で2回目は‘闇が広がる~今こそ立ち上がるとき♪’ですが、2回目の時も‘人は♪’と歌った気がするんですよねー!!w ルドルフの声に掻き消えてしまってそんなに目立たなかったのですが、私にはそう聞こえてしまいましたw ラストのカテコでは、ルキーニの真似で拍手で三拍子を取り、その後春野シシィの手にCHUをしておしまいでしたw KISSが恒例になってるのがウケるww

高嶋政宏ルキーニ
本当に毎回お疲れ様ですと言いたいです!!初演から全公演出ている唯一のプリンシパル!!今回は歌いながら話す部分が結構台詞調になってた!ルキーニも日々成長ですね!

岡田浩暉フランツ
d0034432_22372896.jpg

岡田さんはもともと大好きですが、どうして彼は毎回私を虜にしてくださるのでしょうか?!?!
私がこう演じてほしいなという役作りをしてくださるんですよね。
全体的には綜馬フランツに似た控えめな皇帝陛下。「悪夢」もうるさくなりすぎない。しかし、ルドルフに対してはこれまでのどのフランツよりも厳しい。ゾフィーに対しても冷たかったな。ルドルフの「父と息子」の時なんか‘待てルドルフ!’がめっちゃでかいこえでびくーーんとしましたw その後も新聞記事を丸めて捨ててたしw
そして、ひげをつけても腰を曲げてもいかんせんお若い!!でも、あまり「老け」を作り込み過ぎずに徐々に変化を出すにとどめているところなんかも綜馬フランツに似ている!!
「あなたが側にいれば」では、義務の重さで…みたいに悲観するフランツに対してあなたがいる~と答えるシシィに対しての無邪気な安心した表情がすごく印象的でした。あ、その時にネックレスつけてあげる前にシシィに持たせて、とても重い~♪と言わせるようになりましたね。演出変更って程じゃないですが。

寿ひずるゾフィー
今回は二回公演だったからなのか少し元気がなかったでしょうか?!そのため、二幕の方が年老いていくのでハマっていたような気がしますw 貫禄はたっぷりですがね!

平方元基ルドルフ
d0034432_22384366.jpg

写真中央のルドルフですね!3人とも…すっかり世代交代してしまったなぁw
去年のロミジュリではティボルトで初ミュージカル出演を果たした平方さん。ティボルトは上原さんヴァージョンを一回観た限りだったので、購入したロミジュリCDで聴かせてもらいましたが、透き通った声すぎて、ティボルトには猛々しさが足りないなぁと感じました。が、それと同時に、ルドルフにはピッタリかも!と期待しておりました。実際観劇してみて予想通り!!一幕は一言しか歌わないのであれ?ちょっと緊張してるかなと思いましたけど、ルドルフとして登場した2幕では安定した歌唱力、演技力、ダンス力で好印象!独立運動やマイヤーリンクでの歌のない動きも正確で、若干固さは残りますが、伸びる俳優さんだと思います!!

今井清隆マックス
村井マックスよりも遊び心の少し足りない真面目パパww でも、それはそれで好き!温かみのあるパパです。1幕の結婚式でシシィが‘早く二人だけになりたい♪’と懇願するときに微笑んでいたマックスがフランツの‘自分の幸せあきらめなくては’の台詞で呆れてドアの向こうに消えていくところが村井パパの時のようではなかったのは残念ですが。もっといっぱい出番作ってあげたい、今井さんだとね!!

春風ひとみルドヴィカ
相変わらずの安定感です♪親戚にもまれながらも政略結婚に向けて頑張るママがピッタリ!!←褒めてるのかって感じですけど褒めてますよw ヘレネがお見合いの時に変なヘアーとゾフィーに言われた時に髪飾りを一回急いで外してからまたすごく変なところに付け直してて、客席からかなり笑いがおきてましたww あと、ミルクの時のダンスの迫力すごいです!!ルドヴィカのかけらも見えない役作りに脱帽!!

伊東弘美マダム・ヴォルフ
いやぁあのマダム・ヴォルフの露出はすごいわぁ!!伊東さんもミルクで踊ってて釘付けです!!あと、いつも「私を燃やす愛」でトートをあがめる時にめっちゃ目立つところにいるので伊東さんばっかり観てしまいますw

岸祐二エルマー
張り切ってましたねーー!!時間とともにキャストが年を重ねていきますが、岸さんの顔の移り変わりに一番注目してしまうw ミルクでも後ろのポジションですが激しく踊っていました。

山田瑛瑠チビルフドルフ
かわいくてお上手でした♪よいチビルドちゃんでよかった!ルキーニは今までは歌い終わりに拍手をして拍手先導していたのですが今回から見ているだけに変わりましたね。

アンサンブルさんでお気に入りは阿部裕さん!!どこにいてもお上手で安定感があって。大好きです!!そしてカムバックした砂川直人さん!いるだけでホントうれしい!!あとは俵和也さん!「エーヤン」の高音素敵です!

↓読んでいただきありがとうございます!!よろしかったらお願いしますね~!
d0034432_1022492.gif
[PR]

by mari-tak | 2012-05-21 00:43 | エリザベート(05~'15) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mali.exblog.jp/tb/15867323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]