アイーダ 2/9 18:30~

【総括】
一度は観ておかなきゃ!と思っていた劇団四季・アイーダ。去年安蘭けいさん主演でAIDAを観劇したため、突如チケとってしまいましたっ!!2月は観劇予定なかったからいい機会かなって思って…。
観劇した感想としては、AIDAのが好みかな~って思いしました。ちょっと辛口かもしれないです…。
まず最初に受け入れられなかったのは、四季独特の発声法。そこがイヤなら四季観るなっていう話かもしれませんが…。メインキャストが一文節ごとに区切ってセリフを話しているのがどうしても感情移入できなかったです。
また、四季のアイーダは「エジプト対ヌビア」という構図がまず大前提としてあるので、序盤の方のラダメスのアイーダに対する態度が容赦ない。その分いったんお互いの愛を確認しあってからが激しいけれど、そこがまた突然すぎて受け入れがたいんですよね。少なくともアイーダがいつラダメスに愛が芽生えたのかが分からないと、ラダメスに流されてるだけのように見えてしまう…。これは俳優の力量不足なのかな?それだけではない気もするけど。
あと、アムネリスがアイーダと仲のいい友人っていうのは、作品自体のつくりとしてはあったかい印象にはなりますが、対立構図の視点がぼやける。せっかく序盤は対立構図はしっかりしてるのに。アイーダがそれだけ魅力的な女性(っていうか女王だしねw)という考え方もあるけど、アムネリスも心を許しすぎだし、ああいう隙があったからこそ、アイーダとラダメスは結ばれてしまったのでは…?
それと、ゾーザーが1幕と2幕で歌う場面やそれに付随するダンスがやけに現代チックなのも気になりました。アムネリスの1幕の一連の歌も変なファッションの人が次々と出てくるし。カテコもなぜか古代ではなく現代の衣装のままで興ざめ。。
歌は2幕の「人生の苦しみ」以外にもいい曲はありましたが、総合的には断然個人的にはAIDAのが好きでした。
関係ないけど、四季の劇場の階段の幅が狭すぎて、日生劇場以来、盛大に転びました…汗 あぁぁはずかしっ!!笑 今もあざになっとります…。皆さん、気をつけましょう!!!

【キャスト別感想】
樋口麻美アイーダ

ヌビア人っぽい!!(←意味不明w)メイクが映えますね!堂々としているので主役らしさは十分備わっていると思います。真面目なシーンでもちょっと笑っているように見えるのはもともとなのかな。もう少しラダメスへの愛が見えた方がいいかも。ラダメスに愛してると言わされてる感が…。
歌は力強いソウルをきかせた歌声ではあるのですが、時折ずれているような気がしました。ファルセットの切り替えもちょっと厳しかったかな。低音はパワフルでした。

光川愛アムネリス
独特の発声法がちょーっと気になっちゃったな~。エジプトらしさもないし、やけにモダンでしたよね。最初と最後の博物館の演出は好きです。素敵!
歌はお上手ですが、やはりややファルセットの切り替えに難あり。歌いだすと発声法も気にならなくなりますねw AIDAと比べて王女というより一人のただの女性なんだ、っていう弱さが見えましたね。自分でも言っていたし。

阿久津陽一郎ラダメス
彼が噂の阿久津さんですねw 今まで拝見する機会がなかったのですが、噂どおりワイルドでかっこいい!歌もお上手だし、独特の発声法も彼はあまり気にならない。
でも、役違い?ってちょっと思いました。なんだろ…彼は激しい恋をするというより自分に酔ってるような役のほうがお似合いなのかも!例えば…CATSのラムタムタガーとか!!愛するより愛されるタイプ??!みんなからの視線に気づいてないというか、気づいてるんだけど答える気なし、みたいな。俺様タイプのラダメスのような人間がこんな感じで一人の女性に魅かれていくのはないことはないし、惹かれてしまったというギャップがまたいいところでもありますが、阿久津さんだと完全に魅かれきれていないように見えるんだよな~。
あと、ツボなところ。川で洗濯しているアイーダに楯突くラダメスのシーンですが、川を踏まないで!!って思いましたww

有賀光一メレブ
発声法は気になりましたが、忠実で優しくてよいキャラクターでしたね!アイーダやラダメスの気持ちはすっごくわかるけど、一番正しいのはメレブ、あなたです、って思いましたw でも、ちょっと口が軽いかなw アイーダから言わせるとね!

飯野おさみゾーザー
一体ゾーザーが何をしたかったのかよくわからないのですが、ゾーザーはあまりいい歌に恵まれてない気がする。これは飯野さんのせいじゃないですけど、総括にも書いた通り、急に時代背景を無視したダンスや歌が始まるので入り込めないんですよね~。
存在感はありますし、発声法はよかったですが、歌はまあまあかな~。

石原義文アモナスロ
ほとんど出番がない上、おかしいふりをするという特異な演出もなく、あまり印象のないまま終わってしまいました…。

前田貞ファラオ
『ジェーン・エア』のさとしロチェスターを思い出しました…!目のメイクが白っ!!ww さとしロチェスターは黒かったですけどね。カテコでは取ってましたね。彼もアモナスロ同様、あまり印象がなかったですが、顔のインパクトはすごかったですw

辛口でゴメンナサイ。。ちょっと期待度高かったもので。

さて!!いよいよ次回はレベッカ!!しかも中日!!2度目です!!

↓いつも読んでいただきありがとうございます♪よろしかったらお願いいたします!!
人気ブログランキングへ
[PR]

by mari-tak | 2010-02-11 20:23 | 劇団四季ミュージカル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mali.exblog.jp/tb/10743770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]