完レポ★ダンス・アブ・ヴァンパイア 7/25 17:30~

ヴァンパイア2度目!!ヴァンパイアウィルスにいまだ感染中です!!笑

【総括】
2週間ぶりのTDVでした!!
劇場内はアンサンブルヴァンパイアsの写真も飾られ、この前は元気のなかった(笑)リー君たちも元気に飛び回っていました!!徳垣さんや砂川さんに相変わらず大注目です!!最近気になるのが「夜を感じろ」で、上の方で歌う松澤さんでないほうの男性の方!!マイケル・ジャクソンさんに似ていませんか??かなり観てしまいます!

総括らしいことを言わせていただくと、全体的に少し肩の力が抜けてきた気はしますが、疲れの目立つ方もチラホラ。まだ1ヶ月なのに~~!!夏バテでしょうか?!?!

【キャスト別感想】
山口祐一郎クロロック伯爵
今回はめっちゃ丁寧に歌ってましたね。誰か観に来ていたのかしら??
手を振りながら歌う歌い方がいつもツボですw 1幕ラストはやっぱりより目しなくなっちゃった~残念。。2幕の「抑えがたい欲望」は、いつも歌詞を聴いてあれこれ思いめぐらせます。例えば牧師の娘にキスしようとして血を吸ってしまったところはちょっと笑ってしまうけど(笑))、生まれながらにしてヴァンパイアであるがゆえの苦しみが伝わってきますし。疑問はヘルベルトはクロロックとクロロックによって噛まれた女性との間の子どもなんでしょうか??あ、あと、「抑えがたい欲望」は、森山開次さんの化身だと飽きないというか、表現力一つでこうも変わるんだなぁと感心してしまいました。新城さんの化身ももちろんいいですが、森山さんのが好きかな~。

泉見洋平アルフレート
初演時はアルフといえば絶対浦井アルフ!!って感じだったのですが、今回観たら、泉見アルフもそれなりの良さがあって、結構どちらも楽しめました。
浦井アルフがサラに気に入られようと必死であるのに対して、泉見アルフは「サラへ」の時に歌いながら酔いしれているような感じで、恋してる自分に恋しているように見えました。
「あんたは素敵」で‘ずっとそばにいたいこのまま 死ぬまで♪’で柱をめちゃくちゃこするシーンがあって、かわいかったですw ‘スポンジ最高’は浦井アルフっぽくスポンジにほだされた人、みたいになっていました笑
2幕のヘルちゃんのAh~ah,ah♪の時に2回‘サラ!’と探し回りますが、2回目に‘サラ?’って疑問口調だったとこがよかった。あれ、ちょっと違う声だぞ、って感じでいいですよね!笑 その後の「サラへ」は低音がきついのか、ちょっと遅れ気味の歌い方でした。浦井アルフもそうだけど、この歌って低音あるし、高音も結構あるから、歌いこなすのは難しいんだろうなぁと思います。

知念里奈サラ
小柄で細くて外見は剣持サラに似ている!声が小さめ。知念サラとちっひーサラの違いはクロロックに対する態度。ちっひーサラが「お前を招待しよう」の割合と早いうちから誘惑され、恍惚感あふれる顔になっているのに対して、知念サラは後半の方(クロロックがゴンドラに戻っていくw辺りまで)まで疑り深い顔をしてます。2幕の「愛のデュエット」もちっひーサラの表情から読み取れる不安、といったものより恐怖、みたいな感じ。観てるうちに何だかキムに見えてきた(笑)
1幕は「外は自由」のあとで靴がうまく履けない(というか靴紐が結べなかった)プチハプニングと共に、演技なのかマジなのか、靴を履いてからはたどたどしい歩き方をしていました。同じ手と足前に出ちゃってる?みたいなw 2幕は「愛のデュエット」は歌い方がスローテンポでクロロック様とちょっとズレてたような気がするw あと、この歌のラストではちっひーもそうですが、初演よりもクロロック様に口づけ、ってより首を差し出して私はいつ噛まれても大丈夫よ、って感じのポーズを取るようになりましたね。

吉野圭吾ヘルベルト
相変わらずアルフレートにはハッて顔して恋に落ちてました笑 あぁ~もうこのシーン観るのがツボ!!絶対確認してみてください♪2幕では、お風呂に両足をだら~んとさせて、何やらけだるそうな感じw ‘熱があるみたいだよ♪’はおでこコツンw 足を広げてジャンプするところは‘ちいさいの 中くらい 大きいの~~!!♪’と前回と同じダイナミックな動き!!まだうさちゃんにお目にかかれないので早く観たいですww

駒田一クコール
やっぱり頭突きかわいい
1幕の登場シーンでは客席に向かって‘ごきげんよ~う’と挨拶を欠かさないお行儀のいいクコール!!2幕では泉見アルフにもさんざんな驚かれようw 「霊廟」最後(シャガールとマグダの入ったお棺を投げちゃうシーン)の筋肉ムキムキマンみたいなポーズがこれまたお気に入りですww
いつもクコール劇場が見られないのが残念…!!

安崎求シャガール
う~~ん。。やっぱりあんまり好きになれないなぁ。「きれいな娘を持ったなら」の途中の高音上げもあんまり好みじゃないし、ちょこちょこ歌い方のアレンジする部分がなじめないんですよね。佐藤シャガールのが歌はあまりうまくはないのに垣間見える演技がどれもしっくりきた。やっぱり歌より演技がものを言う役どころなのかも。マグダを噛む直前のソロで‘あたしここよ♪’で、起き上がりかかってたシャガールが急いで倒れますが、そこのタイミングが悪く早すぎてマグダが振り向くのをわかって演技しちゃってる感があってそれも好きじゃなかったです…。

阿知波悟美レベッカ
「ガーリック」では、‘ガーリック ガーリック みんな夢中♪’の時にお尻を振り振りさせて、後ろ向きに歩いて後ろでお尻を触ろうとしている男がいるところ(ちょー細かいw)にいつも注目して観てしまいます!シャガールが死んで(正確には肉体のみ死亡だけど)から首がくてーんと垂れているところがめちゃくちゃ悲しくなります涙 あのラストのソロ、好き!!

シルビア・グラブマグダ
「ガーリック」であそこまでわざとらしく胸の谷間を見せる必要があるんだろーか?あれって、見せるのではなく見えるものとして演技したほうがいいと思うんだけど…。あと、シルビアさんの歌い方のビブラートのかけ方やアレンジの仕方がやっぱりCHICAGOっぽいのでマグダとはちょっと雰囲気が違う気がするんですよね。。1幕のソロ曲は調子が悪くて高音がぐだぐだ…。血を吸われるところも逃げ回ってる感じがあんまりしないし…。
「死んじゃうなんて」から血を吸われるまでの一連のくだりや、初演時は結構好きだった2幕のシャガールとマグダの絡みがちょっと退屈してしまいます。好きなシーンやこだわりのシーン多かったんだけどなぁ~~。

石川禅アブロンシウス教授
前回よりかなりよくなってました!!一番新生キャストの中では成長されている方です!!まだ多少がんばってる感が出てしまうところはありますが、この前ブレスが気になった「すべて順調」が自然でいい意味で慣れてきた感じがします。
2幕に朝目覚めて着替え始めるところは市村さんのようにコミカルではなく、結構余裕なく着替えてますねw

あ……平日ソワレ…チケ追加しましたぁww


↓お待たせいたしました!!!読んでいただきありがとうございます!!よろしかったらお願いします♪
d0034432_23222061.gif
[PR]

by mari-tak | 2009-08-01 17:29 | ダンスオブヴァンパイア | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mali.exblog.jp/tb/10048603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]